facebook twitter
やや「力技」の印象はあるが、買いの勢いを取り戻す
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

やや「力技」の印象はあるが、買いの勢いを取り戻す

2015/4/10
「アフター米雇用統計」、「日銀金融政策決定会合」、「国内小売企業を中心とした決算発表」などを迎えた今週の日経平均の動きですが、買いの勢いを取り戻しています。
facebook twitter メールで送る 印刷

「アフター米雇用統計」、「日銀金融政策決定会合」、「国内小売企業を中心とした決算発表」などを迎えた今週の日経平均の動きですが、買いの勢いを取り戻しています。下の図1を見てもお分かりの通り、4月9日(木)の終値は19,937円となり、15年ぶりとなる「日経平均2万円台」回復までいよいよ目前に迫っています(実際に、翌10日の取引開始直後に2万円をつけました)。

(図1)直近の日経平均(日足)の動き (4月9日取引終了時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

前回、日経平均の2万円台回復が意識されたのは3月第4週でしたが、その時の高値である3月23日の19,778円を超えてきました。いわゆる「節目」超えにより、「上昇基調の強さは続いている」と見ることができる一方、今週に入ってからのローソク足の並び方は、これまでにも何度か紹介しました、「三空」(三つ窓を空けて上昇する形)になっています。

三空は、「さすがに3日続けて窓を空ける上昇は過熱し過ぎだろう」という考え方ですので、足元の状況を、「節目超えの強さ」で捉えるのか、「過熱感で目先の調整警戒」で捉えるのか、判断しにくくなっていると言えそうです。逆を言えば、強気と弱気のそれぞれの材料に振らされやすく、値動きが大きくなるかもしれない可能性があるということです。

日経平均の動きをもう少し期間を長くして見てみます。下の図2の上段は今年に入ってからの日経平均の日足チャート、下段は東証1部の売買株数の推移を示したものです。

(図2)日経平均の日足チャート(2015年1月~)と東証1部の売買株数

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上段の日経平均のところに、トレンドラインが一本引いてあります。年初からの下落が落ち着いた1月16日の安値を起点とした上昇局面では、このトレンドラインが「サポートライン」として機能していましたが、3月下旬にこのサポートラインを下回ってしまいました。それが直近の上昇でサポートラインまで復帰してきたわけですが、下段の売買高を見てみますと、あまり盛り上がっていません。「値動き自体は強いが、売買のボリュームに欠け、株価上昇の割には力強さが感じられない」という印象です。

とはいえ、さらに期間を長くして、週足チャートでも見てみます(下の図3)と、3つの移動平均線(13週線、26週線、52週線)が上向きになっているなど、中長期的なトレンドは上昇基調を辿っていると言えます。

(図3)日経平均の週足チャート

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

ただし、直近のローソク足を確認してみますと、高値を更新する一方で下値も切り下がっており、値動きが拡大基調になっている可能性があります。また、13週線は約3カ月平均線ですが、この13週線とローソク足の関係を振り返ってみますと、ほぼ3カ月周期で、13週線まで調整している場面が見られますので、中長期の投資スタンスの方は、株価を拾う「押し目」を探っているかと思いますが、13週線までの調整がひとつの目安になるかもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいやや「力技」の印象はあるが、買いの勢いを取り戻す

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

やや「力技」の印象はあるが、買いの勢いを取り戻す

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。