お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
1月20日(金)のトランプ次期大統領の就任までは様子見の方が無難
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

1月20日(金)のトランプ次期大統領の就任までは様子見の方が無難

2017/1/11
株式会社オフィス出島 代表取締役 出島昇氏の提供レポートです。「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析をおこなってまいります。
facebook twitter メールで送る 印刷

大発会急騰後は、円高受けて2日続落だが底堅い展開

大発会は△479円の19,594円と大幅反発し、柴田罫線ではさらに上値を目指すろく買出現となったことで、2万円が視野に入ったと思われます。

大発会の4日(水)は、前日のアメリカ株高と円安を受けて△184円の19,298円で寄り付き、目先売りスタンスだった投資家の買い戻しと債券先物売り・株価指数先物買いが交じりあって、売り物が少ない中を上昇し、△479円の19,594円と高値引けとなりました。2015年12月7日(月)以来の1年1カ月ぶりの高値水準でした。翌日はアメリカ株高を受け、続伸して始まり△21円の19,615円とザラ場での昨年来高値を更新しました。その後、売り優勢となり▼120円の19,473円まで下げ、終値は▼73円の19,520円でした。一時、1円以上の円高にふれて116円台前半まで下げた影響で、外需株が売られる一方で内需株が買われました。値下がり銘柄数より値上がり銘柄数が多く▼73円の19,520円と反落しました。週末の6日(金)は、前場は円高を嫌気して▼166円の19,354円まで下げるものの、売り一巡後はETFの買い期待もありプラスに転じる場面もありましたが、引け後のアメリカの雇用統計を控え、▼66円の19,454円と2日続落して引けました。先週は為替が大きく円高に動く場面があるものの下値は堅く基本的には堅調な展開といえます。

6日(金)の日本市場引け後のアメリカ市場では、12月雇用統計は非農業部門雇用者数が事前予想を下回ったものの、前月分が大幅に上方修正され失業率も4.7%と変わらず、賃金の伸びは7年半ぶりの高水準となったことで、強い雇用統計の内容であると受け取られ、景気拡大・インフレ期待が高まり金利先高感が強まりました。長期金利が2.4%台となったことでドル買いが再燃し115円台から117円18銭まで買われました。NYダウは2万ドルにあと0.34ドルと迫る19,999ドル台まで買われましたが、終値は△64ドルの19,963ドルでした。シカゴの日経先物はドル高・円安を受けて△185円の19,585円となっていました。

今週は、トランプ新大統領の会見や決算発表を控えて様子見

今週は、1月20日(金)の新大統領就任式に先立ち、11日(水)にトランプ新次期大統領の記者会見、12日(木)にイエレン議長の講演を控え様子見ムードとなりそうです。又、今週はトランプ次期大統領候補が指名した閣僚候補の承認に向けた公聴会が予定されており、政治的な側面が意識され、週後半には10-12月期決算発表シーズンに入るため、どうしても様子見ムードとなりそうです。1月20日(金)の就任式までは先高期待による買いと利益確定売りでもみあいとなり、日柄調整の動きとなる可能性があります。

日本が休日である9日(月)のアメリカ市場では、ハイテク株は好調でナスダックは最高値更新するものの、原油価格が2%をこす大幅反落となったことでNYダウは▼76ドルの19,887ドルでした。トランプ次期大統領の20日(金)の就任前、11日(水)には記者会見もあることで様子見となり、トランプラリーで進んだドル高も一服して、1ドル=115円台となっていました。

1月10日(火)の前場はNYダウ安、円高、原油安を受けて利益確定売りが先行し、円の伸び悩みでいったんプラスになるが▼5円の19,448円で引けました。しかし後場になると昼休みの間に円高基調となったことで、先物主導で下げ幅を拡大し、一時▼198円の19,255円まで下げ終値では▼152円の19,301円で引けました。

 

2017年の相場環境と投資スタンス

 

— 相場環境 —

 

テレビ、雑誌では2017年の相場はどうなるのかという専門家の予想がでていましたが、予想で投資をするほどリスキーなものはないと思います。将来は誰にも分からない以上、丁半バクチとなってしまいます。昨年末の日経新聞に黒田日銀総裁の特集が載っていましたが、2年間でデフレ目標2%達成に失敗したお詫びなどは一切ありませんでした。総裁の弁によりますと「2017年以降は経済の方向性が世界的に安定しており、日本でも上昇軌道に乗ってきているので不安感は消えてきた」ということです。それが本当なら喜ばしいことですが、あまりにも楽観的な気がします。

欧州では、イギリスのEU離脱に続く国がでてくる可能性があり、昨年(2016年)はドイツやイタリアの大手銀行の資金不足など金融機関に問題が起こっています。さらにイタリア、ギリシャ、スペイン、ポルトガルなどの債務問題も解決されておらず、金融緩和によってとりあえず抑えられているところです。アメリカはトランプ新政権の登場で、目先はトランプラリーといわれるような株式市場の世界的上昇が好感されていますが、今後についても安定したものかどうかは現時点ではわかりません。世界の警察官としての任務を放棄し、アメリカファーストと自国だけを考えて保護主義を主張し、好調な経済状況の中で、さらに法人税の大幅減税や財政出動による景気対策を行おうとしていますが、短期的にはよいとしても中期的にはどうなるか全くわかりません。

 

さらに今年(2017年)は、アメリカの海外の武力(国内では核の重視)の後退に対して、中国やロシアは領土の拡大を狙ってきますので世界的な政情不安、それにつけこんだ各地でのテロや紛争が起こるリスクが高くなってきます。

前WTO事務次官は、「あとでアメリカが悔やんでも悔やみきれない社会ができてしまう」とアメリカの姿勢を批判しています。今後トランプ新政権の政策が保護主義による新興国や後進国の景気後退を招き、日本や中国に高関税などの制裁を科しドル高を否定してドル安政策をとると日銀の楽観論は吹き飛んでしまいます。

 

— 投資スタンス —

 

2017年の日本や世界の展望を予想できる人はいないと言われるほど、世界の方向性が見えなくなっています。方向性が見えない中で相場の楽観ムードに乗って投資するのは一時的に儲けても、どこかでそれを失うことになります。トレンドから見ると2017年はたとえ大きな下げがあっても下げ続ける可能性は少ないと思われますので悪材料が出て、年に数回、株式市場が下落すれば買い時となると思われます。つまり大きな下げがあっても政府が対応策をとって株式市場は上昇し、その後にまた何か悪材料が生じて下落しても、再び政府が対応策をとって上昇するということが続く展開になると思われます。波乱相場こそ大きな下げを待って買い時といえます。ただし、買っても保有し続けるのではなく10~20%ぐらいで利益確定することがポイントです。目先売買したい方は、損切りポイントを決めて確実に実行していく必要があります。

 

 

(指標)日経平均

先週の大発会は、前日のアメリカ株式の4日ぶりの反発を受けて大幅反発となり、△479円の19,594円と高値引けで約1年1カ月ぶりに19,500円台を回復しました。

柴田罫線では、ろく買出現をとなって2万円が視野に入ってきましたが、先週の残り2日はもみあいを想定しました。

結果的には、利益確定売り優勢となって1月5日(木)は▼73円の19,520円、1月6日(金)は▼66円の19,454円と続落して引けました。一時115円まで円高が進行しましたが、そのわりには下げ幅は小さく、前週比では△379円ですので堅調な展開といえました。引け後のアメリカ市場の週末では、NYダウは△64ドルの19,963ドルとなり、シカゴ日経先物は△185円の19,585円となっていました。

今週は、11日(水)にトランプ次期大統領就任式の会見、12日(木)にはイエレン議長の講演があり、又、週後半からは10-12月期の決算発表シーズンに入るため様子見ムードとなりそうです。先高期待と利益確定売りでもみあいが想定されます。但し、記者会見の中で現在の外国為替市場でのドル高基調に関する発言があった場合、内容次第では株も為替も乱高下する可能性があります。

連休明けの10日(火)は、前日のNYダウ安、円高、原油安を受けて売り先行で始まるが、前場は底堅くプラスに転じる場面もありました。しかし後場になると円高を嫌気し先物主導で一段安となって▼152円の19,301円でした。柴田罫線では、引線の終値で19,125円以下で引けると短期の売転換となります。

日経平均

 

 

(指標)NYダウ

先週は、アメリカの今年始めの相場は、好調な経済指標を受けて△119ドルの19,881ドルと4日ぶりの反発スタートとなりました。ただし一気に2万ドル突破は、やや材料不足の感もあり2万ドルを前に高値もみあいとなることを想定しました。

1月4日(水)は、△60ドルの19,942ドルと大台に迫りましたが、1月5日(木)はドル高が反転してトランプラリーの巻き戻しとなり、▼42ドルの19,899ドルと反落しました。しかし週末の1月6日(金)は12月雇用統計で雇用者数は予想を下回ったものの賃金の伸びは7年ぶりの高水準となり、金利先高感が強まってドル買いが再燃し、NYダウは一時19,999ドルと2万ドルにあと0.34ドルに接近するところまで上がりました。終値は△64ドルの19,963ドルでした。

今週は、11日(水)にトランプ次期大統領就任式の会見、12日(木)にイエレン議長の講演を控え、又、週後半は10-12月期の決算発表シーズンへ入るため様子見となりそうです。

1月9日(月)のアメリカ市場は、様子見からドル高一服となり10年債利回りも低下したことで一時、1ドル=115.96円まで下げました。又、原油掘削リグの増加から需給悪化懸念で原油価格が2%をこえる反落となり、エネルギー株が売られてNYダウは▼76ドルの19,887ドルとなりました。しかしナスダックは史上最高値を更新しています。記者会見で現在の外国為替市場でのドル高基調に関する発言の内容によっては株も為替も乱高下する可能性も考えられます。

NYダウ

 

 

(指標)ドル/円

今週は、トランプラリーの巻き返しの動きとなってドルが売られるのか、それとも再燃となってドルが買われるのか様子を見るところであるとしました。

結果的には、ドルが大きく売られたあと週末に大きく買い戻される動きとなりました。

1月3日(火)は長期金利上昇の一服からドルが117.19円まで売られるものの1月4日(水)には118.19円まで反発し、1月5日(木)には再びドルが売られて115.22円まで下げました。しかし、1月6日(金)になると115.96円の安値のあと12月雇用統計の強い内容を受けて金利先高感が強まり一気に117円高を回復しました。引け値は117.03円でした。

今週は、トランプ次期大統領の11日(水)の記者会見や12日(木)のイエレン議長の講演に注目が集まります。特に記者会見では、外国為替市場でのドル高基調などに関する発言があるかが注目されます。内容によっては相場が乱高下する可能性もあり、無難な内容であればいったん材料出尽しの感が台頭することも考えられます。

1月9日(月)のアメリカ市場では、トランプラリーで進んだドル高も一服となり、一時、1ドル=115.96円まで売られています。今週は115~118円のレンジを想定。

ドル/円

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください1月20日(金)のトランプ次期大統領の就任までは様子見の方が無難

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

1月20日(金)のトランプ次期大統領の就任までは様子見の方が無難

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。