お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週は、外国人休暇入りで薄商いの中でもみあい
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

今週は、外国人休暇入りで薄商いの中でもみあい

2016/12/27
株式会社オフィス出島 代表取締役 出島昇氏の提供レポートです。「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析をおこなってまいります。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週は、高値圏でのもみあいとなり、上値19,592円、下値19,307円

先週の予測では、海外投資家はクリスマス休暇で相場は高値圏でのもみあいになるとしました。先週まではテクニカル指標の過熱感を無視して上昇を続けていましたが、上値では利益確定売りが出て下値は堅いものの上値は重い展開が想定されました。高値圏のもみあいとなり、週の値幅は285円でしたが、21日(水)には19,592円と19,600円に接近して年初来高値を更新しましたが、その後はクリスマス休暇を前にした薄商いの中で利益確定売りに押され22日(木)は▼16円の19,427円で引けました。

19日(月)は、前週末のアメリカの小幅な株安、円の強含みを受け利益確定売りから▼9円の19,391円と10日ぶりの反落となりました。20日(火)は、前場はトルコでロシア大使が銃撃されたテロという地政学的リスクがあり軟調な動きでしたが、午後からは日銀の金融政策決定会合で金融政策の現状維持と景気の現状判断を上方修正したことを受け、先物主導で堅調な推移となり△102円の19,494円と反発し、年初来高値を更新しました。21日(水)は前日の欧米株高を受けて一時19,592円と19,600円に接近しましたが、後場になると先物主導でマイナスに転じ、19,375円まで下げて▼50円の19,444円で引けました。3連休前の22日(木)は模様眺め強く、一部の個人投資家が動いているだけの状況で▼16円の19,427円で週の終値となりました。

日本市場の引け後のアメリカ市場は、22日(木)は7-9月期のGDPが上方修正されたものの、11月の個人消費の伸びに弱さがみられたことやクリスマス休暇を前に買いが一服していることで、NYダウは▼23ドルの19,918ドルの小幅反落となりました。シカゴの日経先物は△20円の19,380円でした。週末の23日(金)は、11月新規住宅販売件数が9年ぶりの高い伸びとなったことやミシガン大学消費者信頼感指数が上方修正されたことで、NYダウは△14ドルの19,933ドルと反発しました。週足では、7週連続の上昇となりました。シカゴの日経先物は△40円の19,400円でした。

 

トランプラリー続かなければ今週も高値圏でのもみあいで終了

今週は、日経平均が2万円を目指すかどうかは、アメリカでのクリスマス休暇明けの株価、為替の動き次第となります。先週はトルコでロシア大使の銃撃事件があり、中国によるアメリカの小型無人潜水機摂取事件、さらにドイツではトラックがクリスマスマーケットに突入するというテロがあり、地政学的リスクを意識する場面もありました。しかし相場が大きく反応する動きはなく、相場の地合いが強く先高感が強いということになります。

大納会を控え、参加者が限られますので2万円を目指すにはアメリカでトランプラリーが継続して、これを材料に少ない資金で先物が買われる場合でしょう。トランプラリーが一服すれば先週と同じように高値圏でのせまい範囲でのもみあいが続くことになると思われます。日経平均は、過去2年は年明けとともに急落相場となっていますので警戒感もでてくるかもしれません。又、今のところはトランプ政権への期待からの上昇が続いていますが、23日(金)にはロシアを意識して「軍拡競争をしよう」と発言しており、アメリカの核戦略を大幅に強化しなければならないとツイッターを通じて主張していますので注意が必要です。

12月26日(月)は薄商いの中、小幅のもみあいとなり▼31円の19,396円と3日続落しました。売買代金は1兆6,302億円と11月8日(火)以来の2兆円割れ、出来高も14億4,186万株と低水準でした。

来年の1月20日(金)はトランプ大統領が正式に就任しますが、公約したトランプ政策の優先順位、議会の反応によっては、トランプラリーが加速する可能性もあれば、いったん慎重ムードがでて急落する可能性もあります。ただ、トランプ政策を見る限り程度の差はあるとしてもアメリカ経済は成長し、世界経済も底から浮揚してくる可能性はあります。日本にとってはアメリカ経済の成長→ドル高→円安の流れが続くことになりますので、どこかで大きく下げれば買い時となると思われます。

 

株式投資で負けないためには次の3つの心得が必要です。

 

1.逆張り

この出島式投資ワールドでアドバイスしているような年数回の大きな調整を待って買うという投資法です。短期的な逆張りは、さらに下がる可能性が高いため年数回の中期トレンドでの調整を待つことになります。「待つ」という忍耐がポイントです。

 

2.利益確定

安いところで買った銘柄が、直近の高値近辺(買い値から10~20%)にきたら利益確定し、再度の下げを待つ。上昇したらその利益でよしとし、別の安値銘柄を探す。

 

3.損切り

安いところで買ったとしても、相場が大きく変動すればさらに下げることになるため、損切り基準を決めて機械的に処理する。塩漬けにして損失を膨らませないことがポイント。

中途半端なところで買うと損切りの連続となるので、日経平均の大幅下落の時点や個別銘柄でチャートが下げきったところで買って損切りを設定する。もし下げてもわずかの損で済む。

 

 

(指標)日経平均

2012年11月13日(火)の8,619円を安値にアベノミクス相場がスタートし、11月19日(月)に9,153円で買転換となって急騰し、上昇トレンド(A)を形成しました。この中で2015年6月24日(水)の20,952円、8月11日(火)の20,945円とダブル天井に近い形となって下放れし、9月29日(火)の16,901円まで下げたところで上昇トレンドライン(A)にサポートされ、12月1日(火)の20,012円まで反発しました。

しかし、この20,012円を戻り天井に再下落となり、今度は上昇トレンドライン(A)を下に切って2016年2月12日(金)の14,865円まで下落しました。ここで16,000~18,000円のボックス相場となったあと下放れとなって6月24日(金)に14,864円とダブル底となりました。ここから反発で再び16,000~18,000円のボックス相場の動きとなり、11月9日(水)にトランプ大統領誕生で急落して16,111円の安値をつけたものの、アメリカではトランプラリーがスタートし、日経平均も急反発となって一直線に12月21日(月)の19,592円まで上昇してきました。

先週は、クリスマス休暇入りで海外からの資金流入は減少するため主力株は買われにくく上値の重い展開になるとし、高値圏でのもみあいが続くとしました。結果的に年初来高値は更新するものの、週間の値幅は285円と狭いレンジでの値動きとなり週の終値は19,427円でした。

今週は、大納会を控え参加者が限られる中、利益確定売りとトランプラリー期待からの押し目買いで先週と同じく高値圏のもみあいとなりそうです。NYダウと為替次第では、2万円を目指す動きも考えられますが最近のトランプ氏の発言に警戒感がでているので注意が必要です。

12月26日(月)は、先週末のアメリカ株式が反発したものの、円が強含んでいることで利益確定売り先行となり、小幅にもみあって▼31円の19,396円でした。外国人は休暇のため出来高は14億4,186万株、売買代金は1兆6,302億円となりました。

日経平均

 

 

(指標)NYダウ

2012年11月中旬の日本のアベノミクス相場のスタートからのNYダウのチャートを柴田罫線でみてみます。2012年11月15日(木)の12,496ドルを安値に急上昇(A)となり、2013年10月9日(水)の14,719ドルを基点にゆるやかな上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で2015年5月19日(火)の18,351ドルをピークとする三尊天井を形成し、上昇トレンド(B)を下放れして8月24日(月)に15,370ドルをつけました。ここからの反発で12月2日(水)の17,901ドルまで反発するものの戻り天井となって再下落し、2016年2月11日(木)に15,503ドルをつけて2点底(柴田罫線ではダブル底)となって上昇トレンド(C)を形成しました。この上昇トレンドの中で8月15日(月)の18,668ドルまで上昇後、18,000ドル台でもみあっていったん上昇トレンド(C)を下に切って11月4日(金)の17,883ドルまで下げるものの、すぐに切り返して11月9日(水)にはトランプ氏の勝利で△256ドルの18,589ドルと買転換出現しました。このあと2万ドルに向かって直進的な上昇となっています。チャート上は上値のフシは2013年10月9日(水)の14,719ドルからの上昇トレンド(B)の下値斜線となります。およそ21,000ドルぐらいのところです。そこに向かうかどうかは1月20日(金)にトランプ大統領が正式に就任し、これまで公言してきた政策がどう実施されていくのか、それとも困難となるのかはまだわかりません。今は期待で買われているだけに注意が必要です。

NYダウ

 

(指標)ドル/円

2012年11月中旬のアベノミクス相場のスタートからの為替(ドル・円)の動きを柴田罫線でみてみます。

2010~2012年までは1ドル=80円をはさんだ三角保ち合い(A)となっていましたが、その煮詰まったところで2012年9月28日(金)の77.4円を安値にして、11月15日(木)に80.9円で買転換となって上放れし、上昇トレンド(B)を形成しました。この上昇トレンドの中で2015年6月5日(金)の125.86円、8月12日(水)の125.28円、11月9日(月)の123.5円と順下げの三尊天井の形となって下降トレンド(C)へ転換し、上昇トレンド(B)を下に切りました。

この下降トレンド(C)の中で、2016年6月24日(金)の99.02円で底打ちとなり、その後8月16日(火)の99.54円、9月27日(火)の100.19円と順上げの三尊天井となって10月6日(木)の103.7円で買転換となり、11月10日(木)にはトランプ勝利で105.6円の追加の買法則が出現して一方的なドル高・円安となっているところです。

先週(19~23日)はドルが伸び悩みポジション調整的な売りが強まりました。

前週末の16日(金)に118円台後半まで買われていましたが、中国の米無人潜水艦摂取でドルが1円近く売られました。その後もトルコでロシア大使が銃撃されるなど地政学的リスクからドルの上値重く、117~118円のレンジの動きの中で週末は117.28円で引けました。

今週は、年内は休暇モードでポジション調整主体のドルが底堅い動きとなりそうです。基本的には年明け以降の日米金利差の拡大見通しからドル買いが意識されますが、上値は119円台~120円にかけてチャートではフシがあるところです。117~119円を想定。

ドル/円

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週は、外国人休暇入りで薄商いの中でもみあい

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週は、外国人休暇入りで薄商いの中でもみあい

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。