お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週は、週末にSQを控え高値警戒感もあって高値圏のもみあいへ・・・NYダウ次第では、高値波乱も・・・
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

今週は、週末にSQを控え高値警戒感もあって高値圏のもみあいへ・・・NYダウ次第では、高値波乱も・・・

2015/3/10
株式会社オフィス出島 代表取締役 出島昇氏の提供レポートです。「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析をおこなってまいります。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週は一進一退のあと、週末に18,971円と15年ぶりの高値更新

先週の予測では、3月相場全体としては過熱感を冷やしながらも上値を目指す展開へとし、先週は高値圏での一進一退の動きを想定しました。

週初めの2日(月)は、寄り付きから先物を中心に18,939円まで上昇し、その後は乱高下となって△28円の18,826円で引けました。3日(火)は▼11円の18,815円、4日(水)は▼111円の18,703円と利益確定売りで2日続落となりましたが、5日(木)は△48円の18,751円と切り返しました。そして週末の6日(金)は、前日の欧州でECBが量的緩和策として9日(月)より国債購入の買い入れを開始すると発表したことで欧州市場が全面高となり、120円台の円安進行となったこともあり、日経平均はつれ高し△219円の18,971円と大幅続伸となって15年ぶりの高値更新となりました。

6日(金)の日本市場の引け後の米市場では、注目の2月雇用統計で非農業部門雇用者数が29.53万人と予想の23.5万人を大きく上回ったことや失業率も5.5%と約6年ぶりの低水準となったことで早期の利上げ観測(6月利上げ)が台頭し、17~18日のFOMCで利上げのタイミングをみる「辛抱強く」の文言が削除されるとの思惑からドル買いが加速し、為替は一時121.28円の年初来高値をつけました。その後は、利上げ観測を嫌気してNYダウが大幅下落となったことで、リスク回避の円買いとなり120.72円で引けました。シカゴの日経先物は一時19,090円まで上昇しましたが、18,860円と反落しました。

 

今週は、週末にSQを控え高値圏でのもみあいを想定

日経平均は先週末に15年ぶりの高値更新となった後の米市場で強い2月雇用統計を受けて米市場が大幅下落し、シカゴ日経先物は18,860円となりました。先週までの3週間で1,057円上昇し、企業業績への期待や日銀や年金資金の買いに加えて外国人買いが強まり先高期待があるものの、一本調子で上げてきただけに過熱感が意識されやすいところでしたので、週初めは売り先行で始まることが考えられます。

今週は上昇中の短期的な押し目となるのか、値幅調整となる大きな押し目になるのかは、アメリカの利上げの思惑から投資家心理がリスク回避に傾いてNYダウの軟調さが続けば、いったんは利益確定売りになる可能性もあるため何ともいえません。但し、相場環境を考えれば、短期の押し目を想定することになります。例えば、9日(月)は昨年10-12月期のGDP確定値と景気ウォッチャー調査、11日(水)には機械受注が発表され、又原油安や賃金上昇などを追い風に足元の景気の持ち直しが確認されれば押し目買いが入ってくることになります。

今週は、週末には先物・オプションの清算日となっているため、材料によっては上へも下へも動く波乱含みの展開も想定されます。

本日9日(月)は▼98円で寄り付き、前場は一時▼239円の18,733円まで下げた後、下げ渋って、前引けは▼120円の18,850円まで下げ幅を縮小しました。後場になると、2月の景気ウォッチャー調査が3カ月連続の改善となりましたが反応は限定的で、結局▼180円の18,790円で引けました。

 

 

(指標)日経平均

先週の予測では、好調な企業業績に加え、国内の年金資金の買いや日銀のETF買いに加え海外投資家も2週連続の買い越しとなってきたことで買い意欲は強いものの、一気に上昇してきた後だけに高値警戒感もあって一進一退の動きになりそうだとしました。

結果的には、週初めは18,939円まで上昇したものの利益確定売りに押され、その後は一進一退となっていました。しかし、週末の6日(金)は、前日にECBが量的緩和として9日から国債の買い入れを開始するということで欧州市場が全面高となり、日経平均もつれ高となって△219円の18,971円と15年ぶりの高値更新となって19,000円に接近して引けました。

今週は、先週末に米市場で2月雇用統計が予想を上回ったことで早期の利上げ観測からNYダウが大きく下落し、シカゴ先物は18,855円となっていたことから売り優勢で始まりそうです。米市場が軟調であれば日本市場も不安定さを増す可能性がありますが、下値は日銀や年金資金の買いの期待が強く、高値圏での一進一退の動きが想定されます。

週明け9日(月)は米株安を受けて▼98円の18,872円で寄り付き、前場は下げ幅を縮小する場面もありましたが、目先は先行き不透明感から幅広い銘柄が売られ、結局▼180円の18,790円で引けました。

日経平均

 

(指標)NYダウ

先週の予測では、目先は利益確定売りに押されやすく高値圏でのもみあいになりそうだとしました。但し、経済指標の発表が多く、米景気の回復を裏付ける結果になれば高値更新も考えられるとしました。

週明け2日(月)は、経済指標はまちまちだったものの積極的なM&Aが好感され△155ドルの18,288ドルとなってザラ場・終値での史上最高値更新となりました。その後は経済指標が冴えず利益確定売り優勢となり、週末の雇用統計を控えて様子見となりました。そして、2月雇用統計が予想を大きく上回ったことで早期の利上げ観測が台頭しドルが買われて、週末6日(金)は▼278ドルの17,856ドルの大幅下落となりました。

先週末の2月雇用統計が予想を上回ったことでFRBによるゼロ金利政策が6月にも解除されるとの思惑が台頭していることで積極的にリスクをとる新規の買いは手控えられ、今週は上値が重い展開が想定されます。特に17~18日のFOMCで「辛抱強くなる」の文言が削除される可能性が高まっています。

 

NYダウ

 

(指標)ドル/円

先週の予測では、週末の雇用統計を筆頭に重要な経済指標の発表があり、経済の回復を確認できればドル買い・円安基調になるとしました。レンジは118~120円台としました。

結果的に、5日(木)までは経済指標はまちまちでしたが、週末の2月雇用統計が予想を上回ったことでドル買いが進行して一時121.28円まで上昇しました。その後利上げ観測を嫌気した株安につれてリスク回避の円買いとなったことで120.72円で引けました。

先週末の2月雇用統計が予想を上回ったことで早期の利上げ観測が台頭し、17~18日のFOMCで利上げのタイミングに関しての「辛抱強くなる」の文言が削除される可能性があり、ドルが買われる流れが出てきています。先週末はドルが121.28円まで買われて、引けは120.72円と年初来高値(円は年初来安値)を更新しました。次は昨年12月8日の121.85円が意識されるところです。

ドル/円

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週は、週末にSQを控え高値警戒感もあって高値圏のもみあいへ・・・NYダウ次第では、高値波乱も・・・

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週は、週末にSQを控え高値警戒感もあって高値圏のもみあいへ・・・NYダウ次第では、高値波乱も・・・

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。