お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい

2015/2/10
株式会社オフィス出島 代表取締役 出島昇氏の提供レポートです。「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析をおこなってまいります。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週は大きな上下動となるが、レンジ内の値動き

先週の予測では、下値も上値も限定的な値動きを想定し、企業決算を受けて個別株物色の動きになるとしました。結局想定通り、原油価格や欧米株式の動向に振られる形となって連日の3ケタの上下動の動きとなりました。しかし、前週と同様に17,500円±300円ぐらいのレンジでの推移となりました。

週前半は、アメリカの10-12月期のGDPが予想を下回り国内の国債入札の結果が低調になったことで、先物主導で3日(火)には17,271円まで下落しました。しかし、4日(水)には原油価格が1カ月ぶりの高値でNYダウが連日の大幅高となったことで、日経平均も△342円の17,678円と反発しました。5日(木)にはギリシャ懸念や円高の重しから▼174円の17,504円と反落し、週末6日(金)には、原油高とアメリカ株高で△143円の17,648円で引けました。結果的には大きな上下動を繰り返したものの、終値では前週末より26円下落したに過ぎませんでした。そして、決算発表を受けて個別株物色になるとしたように、例えばソニーが急騰、日立が急落といった風に業績発表を受けて明暗がはっきり分かる相場となりました。

海外要因で注目するのは、1月のアメリカ雇用統計であり、予想を上回れば早期利上げ観測が台頭し、ドル高・円安へ振れる可能性があると想定していました。6日(金)の日本市場の引け後のアメリカ市場では、1月の雇用統計が発表され、失業率はやや悪化(予想5.6%→5.5%)したものの、非農業部門雇用者数が予想の22.8万人を上回る25.7万人となったことや、平均時給も予想の0.3%を上回る0.5%となったことで、早期利上げ観測が台頭(6月のFOMCでの利上げ観測)し、ドルが119.22円まで買われ(引けは118.93円)、NYダウは▼60ドルの17,824ドルの反落となりました。シカゴ日経先物は大幅な円安となったことで、△150円の17,810円でした。

今週は、円安基調ながら高値圏でのもみあい

今週は、先週末のアメリカの雇用統計が予想を上回ったことでFOMCでの6月の金利引き上げ観測が台頭し1ドル=119円台の円安となり、シカゴ日経先物は△150円の17,810円となりました。週初めは買い先行が予測されるものの、チャートからは17,800円水準から上値は重く、高値圏でのもみあいとなりそうです。

現時点では、17,000~18,000円のボックス圏の動きとなっており、18,000円水準では三尊天井を形成しており、ここを突破するには何か材料が必要と考えられます。アメリカの早期利上げ観測によってドル買い・円売りの動きとなって円安が進んでも、NYダウが利上げを織り込む形で大きく下げると、日本株は「ニューヨーク離れ」となりにくいと思われます。その理由は、もしNYダウが大きく下げてファンドが損失を受けると、損失補填で日本株を売ってくることが考えられるからです。そういう観点からみると、日米金利差拡大による円安は日本株買いには直結しない可能性があります。もちろんアメリカ株式の下げが限定的であれば、円安による日本の輸出企業の業績上振れ期待から日本株式が買われる局面があるかもしれませんが、上値は限定的(最大で18,200円水準)だと思われます。マイナス材料としては、ギリシャの債務問題やイスラム国、ウクライナなどの地政学的リスクがあります。また、石油価格の不透明さもあります。今週は、G20財務相・中央銀行会議、ユーロ圏財務相会議、EU首脳会議などがあり、特にギリシャ反緊縮政権と国債支援団の交渉が決裂すればギリシャのデフォルト懸念が出てくることになります。

本日9日(月)は、先週末のアメリカの雇用統計の結果を受けて円安進行となっていたことで買い先行で始まり17,799円まで上昇するものの、早期利上げ懸念からNYダウが下落していたことが上値を追う展開とはならず上げ幅を縮小して、△63円の17,711円で引けました。

 

 

(指標)日経平均

先週の予測では、上値・下値共に限定的で17,500円を挟んだ±300円のレンジが基本で、主要企業の決算発表の本格化で個別物色の動きとなるとしました。

想定通り、前半は3日(火)に17,271円まで下落するものの、4日(木)は原油価格が1カ月ぶりの高値となったことでNYダウが大幅上昇となり、日経平均も17,743円まで上昇しました。5日(木)は、ギリシャの信用不安と円高が重しとなって17,484円まで下落し、週末6日(金)はNYダウの大幅続伸を受けて△143円の17,648円で引けました。17,500円±300円のレンジ内の動きとなりました。

今週は、前週末の米雇用統計が予想を上回ったことで一時119円台まで円安が進み、シカゴCMEも△150円の17,810円となっていたことで、週初めは輸出関連株が買われる展開となりそうです。但し、チャート的には17,000~18,000円のボックス相場となっており、18,000円水準は上値が重く、18,000円を突破するには何か材料が必要と考えられます。今週は、17,500~18,000円の高値圏のもみあいを想定。

週明け9日(月)は円安を受けて△141円の17,790円で寄り付くものの、17,799円をピークに上げ幅を縮小し△63円の17,711円で引けました。米雇用統計の改善を受けてNYダウが利上げ懸念から下落したことが、上値を追えない理由となっているようです。

日経平均

 

(指標)NYダウ

先週の予測では、チャートの上からはもう一段安くなるところであり、週末6日(金)の雇用統計を控え神経質な展開が続くとしました。

結果的に、週明けの2日(月)に17,037円まで下げたところで、原油価格の底打ち期待から大幅反発の△196ドルの17,361ドルとなりました。その後も原油価格が大幅な反発が続いたことで、5日(木)の△221ドルの17,884ドルまで4日続伸となりました。週末6日(金)は雇用統計の予想を上回る改善を受けて17,951ドルまで上昇するものの、利上げが意識され、又ギリシャ懸念もあって▼60ドルの17,824ドルと反落して引けました。

今週は、先週末の1月雇用統計が予想を上回ったことで早期利上げ観測が高まり、上値は重くなる可能性が高く、原油先物価格やギリシャの財政問題の動向が加わって高値圏での荒い値動きが想定されます。チャート上は、17,000~18,000ドルのボックス圏の上限に接近して上値が重たくなる形となっていると考えられます。

NYダウ

 

(指標)ドル/円

先週の予測では、週末にアメリカの雇用統計を控えて方向感のない動きが続き、雇用統計が予想を上回れば早期利上げ観測からドル買い・円売りとなってくるとしました。

結果的には、5日(木)までは116円を安値に引け値ベースでも117円台での動きとなって方向感のない展開となっていましたが、6日(金)の雇用統計が予想を上回る結果となり、FOMCによる6月の早期利上げ観測が台頭し、ドル買いとなって119.22円まで円安が進み、118.93円で引けました。

今週は、先週末の雇用統計の結果を受けて早期利上げ観測から日米金利差拡大期待もあり、又先週は中国やオーストラリアの金融緩和もあり、アメリカとの金融政策の方向性の違いからドルの独歩高となりやすく、円安基調が想定されます。ただ、今週は米国債の償還・利払い日が近づき、ドル売り・円買いが強まる可能性もあります。117~120円のレンジを想定。

ドル/円

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。