facebook twitter
今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ

2014/9/30
株式会社オフィス出島 代表取締役 出島昇氏の提供レポートです。「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析をおこなってまいります。
facebook twitter メールで送る 印刷

週前半一服するも、25日(木)には16,374円の年初来高値更新へ

先週の予測では、「目先は目標達成感から一服し、その後は上値を目指す」としました。そしてもう少し先のことですが、上値を目指せば10月以降は要注意として、オフィス出島のサービス「コメント」では、3つのパターンを示しました。

先週いっぱいは、為替もドル買い・円売りが一服し、日経平均ももう少し調整する場面があるとみていましたが、円相場は1ドル=108円台後半の円安で留まり、結果的に今後本格化する決算発表を前に輸出関連企業の上振れ期待から押し目買いが強く、場中は下げても終値では下げ幅を縮小する展開となりました。

週前半は、23日(火)の休日を挟んでいることもあって利益確定売り優勢となり、又週明けのNYダウが2日連続の大幅安となったことで、24日(水)は16,094円まで下げる場面もありました。しかし、25日(木)はアメリカ株高と再び為替が109円台の円安の動きとなってきたことや、翌日の9月の権利付最終売買日を控えて配当や株主優待を狙った買いが入り、△206円の16,374円と19日につけた年初来高値(16,321円)を更新し、2007年11月5日以来約6年10カ月ぶりの高値水準となりました。

週末の26日(金)は、前日のNYダウが地政学的リスクやアップルの急落から▼264ドルの16,945ドルという2カ月ぶりの大幅下落となったことで▼286円の16,087円で寄り付きましたが、この寄り付きを安値に円安を下支えに下げ渋り、▼144円の16,229円で引けました。9月の配当落ち分を考慮すると50円程度の下げですので、先高期待から押し目買いの強いことをうかがわせました。

この日の引け後のアメリカ市場は、第2四半期GDPの確定値が前年同期比△4.2%へ上方修正(約2年ぶりの大きな伸び)されたことで早期利上げ観測が高まり、ドル買い優勢となって109.54円まで上昇して109.28円で引け、NYダウは△167ドルの17,113ドルとなりました。シカゴ日経先物は△95円の16,365円でした。

 

今週は、週末のECB理事会や米9月雇用統計を控え、高値圏のもみあいへ

今週は、109円台前半の円安基調を背景に底堅い動きとなって年初来高値を更新する場面も想定されますが、週末にかけて為替に影響を与えるECB理事会やドラギ総裁の会見やアメリカの9月雇用統計を控えているため、週半ばからは様子見から手控えムードとなる可能性があります。

下落要因としては、欧米のイスラム国への空爆やウクライナ情勢での欧米とロシアの対立などの地政学的リスクがありますが、日本市場においては円安による輸出企業の業績上振れ期待から押し目買い強く、下値は限定的と考えられます。10月1日の日銀短観は2四半連続で悪化の見込みですが、そうなると現状ではマイナス面がクローズアップされるよりも「消費税10%の引き上げ判断」になるため、市場では追加の金融緩和につながりやすく、円安の流れを後押しすることになるでしょう。今週は相場全体が買われるというより、臨時国会もスタートすることでアベノミクス関連銘柄や業績上振れ期待銘柄など個別銘柄中心の相場となる可能性があります。

29日(月)は、先週末のアメリカ株高に加え、対ドルで6年ぶりの円安水準を更新したことで△109円の16,339円と高寄りするものの、利益確定売りが出て上げ幅を縮小する動きとなりました。一時16,262円まで下げる場面もありましたが、円が109円台半ばを超える円安加速を材料に持ち直し、△80円の16,310円で引けました。

 

 

(指標)日経平均

先週の予測では、昨年来高値を更新して目標達成感もあり、又円安も一服しておかしくないため、高値圏のもみあいとなることを想定しました。

週初めの22日(月)は、連休の谷間ということもあり円安一服で利益確定売りで▼115円の16,205円となりました。休日明けの24日(水)はNYダウの2日連続安を受けて16,094円まで下落するも押し目買いで▼38円の16,167円の下げに留まりました。25日(木)は、NYダウの反発と109円台の円安進行で一時16,374円と9月19日の16,364円の年初来高値を更新し、△206円の16,374円でした。週末26日(金)は、NYダウの大幅下落を受けて▼144円の16,229円と反落。結局、高値圏での大きなもみあいとなりました。

今週は、地政学的リスクの高まりがなければ、109円台の円安から今後本格化する決算発表を前に輸出関連企業の業績上振れ期待から押し目買い意欲強く、16,000円台前半中心に堅調な動きが想定されます。但し、週末にかけてECB理事会やアメリカの9月雇用統計を控えており、様子見ムードも出るところです。

週明け29日(月)は、先週末のアメリカ株高と対ドルで6年ぶりの円安水準を更新したことで△109円の16,339円と高寄りしましたが、16,344円をつけると利益確定売りに押される動きとなりました。午後に16,262円まで下げるものの、為替が109円台後半の動きとなったことで終値は△80円の16,310円となりました。出来高・売買代金共に減少してきています。

日経平均

 

(指標)NYダウ

先週の予測では、中期上昇トレンド(A)の中で上向きの先細三角形(B)の上値抵抗ラインにアタマを押さえられる形となっており、高値圏でのもみあいを想定しました。

週初めは、中国の経済減速の懸念や前週のアリババ上場のイベントが通過したことで利益確定売りが広がり、2日連続の大幅下落となって、23日(火)は▼116ドルの17,055ドルとなりました。24日(水)は8月新築住宅販売件数が予想を大きく上回ったことで△154ドルの17,210ドルと反発するものの、25日(木)は地政学的リスクの高まりやアップルの反落から▼264ドルの16,945ドルと約2カ月ぶりの大幅下落となりました。週末26日(金)は、4-6月期GDPが上方修正されたことで△167ドルの17,113ドルと反発し、週間を通して大きなもみあいとなりました。

今週も引き続き地政学的リスクが警戒されますが、10月2日のECB理事会と10月3日のアメリカの9月雇用統計が注目となります。ECBは追加利下げの余地はなく景気が一段と悪化した場合に、ドラギ総裁が量的緩和策をとることを言及するのかどうかがポイントとなります。雇用統計は、前回は予想外の雇用者増加数が不振だったので、今回の結果に市場が反応する可能性があるため、それまでは様子見ムードが強いと考えられます。高値圏でのもみあいの継続となりそうです。

NYダウ

 

(指標)ドル/円

先週の予測では、1カ月近くで7円近い円安進行となっていることで円の買い戻しが強まってくるところですが、日米金利差拡大の可能性が高いため、中期的には円安は続くとしました。

週前半から半ばにかけては、ドル買いの一服感もあって108円台後半の動きとなっていましたが、週末26日(金)の発表で米4-6月期GDPが前月比年率△4.6%に上方修正されたことでドルが買われ、109.53円まで上昇して109.28円で引けました。

今週は、相場への影響が大きい経済指標やイベントが多く、再び円相場が動き出して1ドル=110円を試す可能性が出てきました。10月1日の日銀短観、10月2日のECB理事会、10月3日の9月米雇用統計が注目となります。チャートからだと110円台を試したところでいったん調整という見方ができます。

ドル/円

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。