お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え

2014/8/26
先週の予測では、前週末の15日(金)に終値15,318円と25日移動平均線を上回ってきたことで、チャート上は本格的な戻りに入るということになるが…
facebook twitter メールで送る 印刷

先週は、薄商いの中をアメリカ株高と円安を受けて9連騰へ

先週の予測では、前週末の15日(金)に終値15,318円と25日移動平均線を上回ってきたことで、チャート上は本格的な戻りに入るということになるが、それには出来高・売買代金の市場ボリュームを伴わなければ難しいとしました。又、アメリカの金融政策の方向については、22日のイエレンFRB議長の講演待ちのため、注目としました。

結果的には、前週の戻り相場の流れが続き、ウクライナやイラクの地政学的リスクもひとまず和らいでいた中で、アメリカ株式が好調な経済指標を受けて上昇が続いたことで日経平均もつれ高しました。特に、FOMC議事録の内容やイエレン議長の講演から早期の利上げ観測が台頭し、ドルが買われて円が売られ「円売り・日本株買い」の動きがみられました。そのため、8月21日(木)の△131円の15,586円まで9連騰という、昨年のアベノミクス相場での12月17日から12月30日までの9連騰と並びました。9連騰はバブル崩壊後、1回目の2009年7月14日からの9連騰を入れると3回目となります。

22日(金)は、前日のNYダウの1カ月ぶりの17,000ドル台回復を受けてバブル期以来の10連騰の記録に挑戦する動きとなり、前場は△12円の15,598円となっていましたが、後場になると週末の手仕舞い売りに押されプラスを維持できず、▼47円の15,539円と10日ぶりの反落となりました。

 

なぜ、市場ボリュームがない中、上昇できたのか

先週のコメントでは、15,000~15,500円を上に抜けて上昇していくには、低水準の市場ボリュームを考えると難しいとしました。昨年の9連騰と比較すると市場ボリュームは大きく減少しており、1日の値幅は100円を割り込み、個人投資家が値幅をとっていける状況ではありません。そのため、短期売買の投資家が日本市場から遠ざかっています。ほとんどの方は9連騰もしているのに、なぜ儲からないのだろうかと思われているでしょうが、日経平均の指数だけの動きになっているからです。

つまり、海外の株高を受けて高寄りし、寄り付いた後は横ばいとなって日中値幅はあまり動かないため、利益がほとんどとれない状況となっています。この原因は、外国人投資家の買いよりも日銀のETF買付や年金が買いの主体になっているからとみられています。現在のような市場ボリュームが低水準の中でETF買付により「下支え」をしており、一種のPKO(価格維持操作)といってもいいかもしれません。

 

今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え

今週は、先週の15,000~15,500円のボックスを上に抜け、今年の戻り高値7月31日の15,759円が射程圏に入ったことで、目先は下げても押し目買いとなって15,700円を試す動きが想定されます。但し、上昇しても上述したように寄り付きで海外株高にサヤ寄せする形でギャップアップする相場が続くことになり、個人投資家にとって簡単な相場とはいえません。地政学的リスクも和らいだままであれば15,000~15,700円のもみあいが想定されます。

本日の25日(月)は、NYダウは反落したものの為替が1ドル=104円台の円安進行となっていることで△70円の15,609円で寄り付き、15,553円まで押し目を入れた後は15,600円を挟んだ動きとなり、△74円の15,613円で引けました。

 

 

(指標)日経平均

先週の予測では、4-6月期の決算発表も終わり手掛かり材料に欠けるため、上値の重い展開が想定されるが、テクニカル的には短期の上昇シグナルを示しているため、NYダウがしっかりしていればもう少し戻りを試すことになると想定しました。

結果的には、地政学的リスクが落ち着いている中でアメリカの経済指標が次々と予想を上回る結果となり、FOMC議事録の内容が労働市場の改善を示唆したこともあってアメリカの景気回復期待が高まり、NYダウの大幅上昇や為替が1ドル=104円を試す動きとなったことで、薄商いのなか21日(木)まで9連騰となりました。週末22日(金)はバブル期以来の10連騰への挑戦となりましたが、後場に週末要因もあって手仕舞い売りに押され、▼47円の15,539円と10日ぶりの反落となりました。柴田罫線では、21日(木)に為替が前日より一気に1円近い円安の104円を試す動きとなったことで15,000~15,500円の上限を突破し、△131の15,586円となって買転換が出現しました。

今週も為替の円安基調と海外市場が堅調で地政学的リスクが和らいでいれば戻りを試す動きが続き、今年の戻り高値7月31日の15,759円を目指すことになります。何かのきっかけで下げる場合も9月の内閣改造への政策期待があり、ETFや年金資金の買い支えがあるため、下値は限定的と考えられます

週明け25日(月)は、先週末にNYダウは反落したものの為替が1ドル=104円台の円安進行となっていることで△70円の15,609円で寄り付き、押し目は浅く終値は△74円の15,613円となりました。

日経平均

 

(指標)NYダウ

先週の予測では、ウクライナ情勢の地政学的リスクやジャクソンホールでのイエレン議長とドラギECB総裁の講演を控え神経質な展開を想定しました。

結果的には、ウクライナ情勢の緊迫が後退し、アメリカの住宅関連指数が相次いで予想を上回ったことで17,000ドルを回復しました。18日(月)は△175ドルの16,838ドル、19日(火)は△80ドルの16,919ドルと続伸し、20日(水)はFOMC議事録の内容が労働市場の予想以上の回復を指摘したことでドルが一段高となって103円台後半となり株式も買われ、NYダウは△59ドルの16,979ドル、ナスダックは14年ぶりの高値水準となりました。21日(木)は、更に経済指標の予想を上回る改善が続いたことで1カ月ぶりに△60ドルの17,039ドルと17,000ドルを回復し、S&Pは史上最高値を更新する動きとなりました。週末22日(金)は、注目のイエレン議長とドラギ総裁の講演にインパクトがなかったことで利益確定売り優勢となって、▼38ドルの17,001ドルで引けました。

今週は、9月1日(月)がレイバーデーで休場であり、投資家や市場関係者は夏季休暇中の者が多く全般的に閑散取引となるでしょう。17,000ドルを回復した後は地政学的リスクへの懸念も残っていますから高値圏でのもみあいとなりそうです。

NYダウ

 

(指標)ドル/円

先週の予測では、地政学的リスクを警戒しながらジャクソンホールでのイエレン議長とドラギECB総裁の講演が注目になるとし、為替の動きはこう着状態が続き101.5~103.0円のレンジを想定しました。

結果的には、アメリカの経済指標の改善が相次いでドルが買われ、特に20日(水)はFOMC議事録の内容が労働市場の予想以上の回復を指摘したことで早期利上げの可能性からドルが103.85円まで買われました。更に21日(木)の経済指標も改善が相次ぎNYダウが1カ月ぶりに17,000ドル台を回復したこともあり、週末22日(金)には、イエレン議長の講演は早期利上げに関して特に発言がなかったことでドルの買い戻しが強まり、104.19円まで円が売られました。柴田罫線では、20日(水)に103.3円で買転換となってボックスを上に抜け、22日(金)には104.19円までドルが買われ、4月3日の104.1円とダブル天井をつけた形となっています。

今週は、経済指標の発表でアメリカの景気回復を示すような結果であれば早期利上げの観測が高まって金利の上昇となる可能性があり、ドル買い・円売りの流れとなります。但し、104円近辺では利益確定のドル売り・円買いが出やすく、引け値で1ドル=104.2円を上回ればもう一段の円安が期待できます。103~104.5円のレンジを想定。

ドル/円

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。