お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
来週の米利上げは織り込み済み(窪田真之)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

来週の米利上げは織り込み済み(窪田真之)

2017/3/9
3月3日にイエレン米FRB議長は、「今月利上げすることが妥当」と述べ、3月14日・15日のFOMC(金融政策決定会合)での利上げを、事実上、予告しました。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 来週15日に米FRBが0.25%の利上げを実施する確率を、市場は96%と予想している。金融市場では利上げが確実視されている。
  • 利上げを見込んでドル短期金利は上昇したが、長期金利は伸び悩んでいる。長期金利に先高感が出ないと、一段の円安も進みにくい。

(1) 金融市場は、来週の米利上げを織り込み済み

3月3日にイエレン米FRB議長は、「今月利上げすることが妥当」と述べ、3月14日・15日のFOMC(金融政策決定会合)での利上げを、事実上、予告しました。金融市場は、15日に0.25%の利上げ【注】が発表されることを織り込み済みです。

【注】0.25%の利上げ予想
米FRBが、政策金利であるFF(フェデラルファンド・レート)金利の誘導目標を、現行の0.5-0.75%から0.75-1%に引き上げることが、予想されている。

以下は、FF金利先物の価格変動から計算される、3月15日の利上げ確率です。3月8日時点で96%と、ほぼ確実視されています。

15日に0.25%の利上げが発表される確率(市場予想)の推移:
2016年12月30日ー2017年3月8日

(出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)

米ドル3ヶ月金利は、利上げを織り込んで、以下の通り、既に上昇しています。

米ドル短期金利・長期金利の推移:2016年12月30日―2017年3月8日

(注:楽天証券経済研究所が作成)

来週、15日(水)に0.25%の利上げが発表されても、織り込み済みですから、為替や株に大きな波乱はないのでしょうか?

米利上げは、一般的に、ドル高(円安)・米国株安につながります。ところが、3月3日以降、金融市場は米利上げを確実視しているのにもかかわらず、NYダウは大きくは下がっていないし、ドル高(円安)もあまり進んでいません。なぜでしょう?

(2)米長期金利が伸び悩んでいることが気がかり

米利上げが確実視されるに至ったことに反応し、短期金利がすぐ上昇したのに比べると、長期金利(10年金利)の伸びは鈍いといえます。2.5%近辺から上へ抜けていません。より長い期間で見ると、長期金利が本格的な上昇トレンドに入ったとは、まだ言えません。

米長期(10年)金利の推移:2012年1月―2017年3月(8日まで)

(注:楽天証券経済研究所が作成)

2013年以降の長期金利の動きを、上のグラフにつけた3つの矢印①②③で説明すると、以下の通りです。

バーナンキ・ショックで長期金利が急上昇

2013年5月に当時FRB議長であったバーナンキ氏が「将来、金融緩和の縮小が必要になる」と発言したところから、ドル金利が急上昇。実際に金融緩和の縮小(テーパリング)が始まる2013年1月の直前には、一時長期金利が3%を超えた。

グローバルなデフレ進行で長期金利が低下

米FRBは、2014ー2015年に、量的金融緩和を終了し、利上げを実施しました。ところが、その間、米長期金利は低下が続きました。資源価格急落・世界景気減速を受けて、世界的にデフレ・金利低下が進んだことが影響しました。

具体的には、米FRBは、2014年1月に金融緩和の縮小を開始、2014年10月に量的金融緩和を終了、2015年12月に最初の利上げ(ゼロ金利の廃止)を実行したが、2016年6月まで、長期金利は低下が続きました。

トランプ・ラリーで長期金利が上昇

長期金利は、世界景気の底打ち、回復を反映して、2016年7月から、底打ちしました。トランプ大統領が、大統領選に勝利した2016年11月から、上昇ピッチが加速しました。2017年に入ってからは、再び伸び悩んでいます。

長期金利はまだ、2013年12月につけた3%に到達していません。米FRBが利上げをしても、短期金利ばかり上がり、長期金利は伸び悩む可能性もあります。言い換えると、世界の金融市場はまだ、世界経済が本格的なインフレ・長期金利上昇局面に入ったとは認識していないことになります。

ドル円が、1ドル115円を抜けて、一段のドル高(円安)に向かわないのは、ドル長期金利の上値が重いことが影響している可能性もあります。

(3)今後の注目点

1ドル115円を抜けて円安が進むためには、ドル短期金利だけでなく、長期金利も上昇する必要があると思われます。

来週15日に、予想通り米FRBが0.25%の利上げを実施した際、以下の3点に注目したいと思います。

  • 6月の再利上げ予想が広がるか?
  • ドル長期金利が上昇するか?
  • 1ドル115円を超えるドル高(円安)が進むか?

予想通り、利上げがあった後の金融市場で、上記の①~③がすべて「はい」になると、日経平均は一段高になると予想されます。

私は、すぐに6月の利上げ予想が高まるとは考えていません。ただし、年内に再度利上げがあるとの予想は続き、ドル長期金利は2.6%以上に上昇、1ドル115円を超えるドル高(円安)が進む局面があると予想しています。そうなると、日経平均は20,000円台に乗せると予想されます。

ただし、①~③がすべて「いいえ」になると、日経平均は上値の重いまま、膠着が続くと考えられます。来週14-15日のFOMCにかけて、ドル金利・為替の動きに注目したいと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください来週の米利上げは織り込み済み(窪田真之)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

来週の米利上げは織り込み済み(窪田真之)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。