facebook twitter
日経平均先物12月限を見るときの注意点(その2)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

日経平均先物12月限を見るときの注意点(その2)

2016/9/29
今日は、先物について日頃寄せられる疑問に答えます。先物を見ていない読者には関心のない内容になるかもしれません。今日のレポートは、以下のレポートの続編です。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日は、先物について日頃寄せられる疑問に答えます。先物を見ていない読者には関心のない内容になるかもしれません。今日のレポートは、以下のレポートの続編です。
9月14日「日経平均先物12月限を見るときの注意点」

今日のポイント

  • 日経平均先物12月限の理論値は、9月27日までは、日経平均よりも130円低い水準である。9月27日までは、先物12月限が日経平均よりも130円程度低い値で推移していたが、それは先安感を表しているのではない。理論値どおりに値がついているだけである。
  • 9月28日は、9月中間決算の権利落ち日である。9月に中間決算を迎える銘柄を、9月28日に買っても、9月中間決算の配当を受け取る権利は得られない。そのため、先物12月限の理論値は、28日から日経平均とほぼ同値となる。今後は、先物12月限と日経平均はほぼ同値で推移する。

(1)先物12月限は、9月27日までは日経平均より約130円低い水準、28日以降は日経平均とほぼ同値となる

今日の説明は、難解と思います。結論だけお読みいただければ、後半の説明まで、全部読んでいただかなくても問題はありません。

以下の結論①―⑤の中で、特に大切なのは、①と④です。①と④だけ頭に入れておいていただければ、OKです。

  • 日経平均先物12月限の理論値は、9月27日までは、日経平均の値を約130円下回る。その間、先物12月限が日経平均より130円低い水準にあっても、それは、先安感を表しているのではない。理論値通りに値がついているだけである。
  • 日経平均先物12月限の理論値は、9月28日以降は、日経平均とほぼ同値となる。9月28日から12月限の最終売買日である12月8日まで、先物12月限と日経平均は、ほぼ同じ価格で取引されることになる。
  • 12月9日から、先物は3月限を中心に見ていくことになる。日経平均先物3月限の最終売買日である2017年3月9日まで、先物3月限と日経平均は、ほぼ同じ価格で取引されることになる。
  • 2017年3月10日から、先物は6月限を見ていくことになる。日経平均先物6月限の理論値は、3月28日までは日経平均を146円下回る水準となる見込みである。その間、先物6月限が日経平均より146円低い水準にあっても、それは、先安感を表しているのではない。理論値通りに値がついているだけである。(注)理論値が146円低い水準になるというのは現在の予想で、その時の日経平均の水準や配当見通しによって変わる。
  • 日経平均先物6月限の理論値は、3月29日以降は、日経平均とほぼ同値となる。3月29日から6月限の最終売買日である6月8日まで、先物6月限と日経平均は、ほぼ同じ価格で取引されることになる。

(2)実際の値動きをチェック

それでは、上の結論①と②について、具体例を見てみましょう。

日経平均先物(12月限)と日経平均の終値とその差額:2016年9月9日―9月28日

(注)日経平均先物は15時15分の終値、日経平均は15時の終値を示す。日経平均は小数点以下を切り捨て。楽天証券経済研究所が作成。

日経平均先物(12月限)は、27日までは、日経平均よりも130-140円低い水準にあることが多いことがわかります。上の表は、終値での比較ですが、日中の価格も、常に先物が現物を130-140円下回っています。

これを見て、「先物市場に先安感がある」と解釈する人がいますが、それは誤りです。先物(12月限)は、実際には、理論値通りに値がついているだけです。

9月28日からは、先物12月限の理論値は、日経平均とほぼ同値となります。28日の日経平均は前日比218円下がりましたが、先物12月限は前日比80円安でした。その結果、先物と日経平均の値段差は5円に縮小しました。

(2)なぜ、9月27日まで先物12月限の理論値は、日経平均より130円程度低い水準となるのか

理由は、9月中間決算での配当金にあります。それを1つの例で説明します。

9月9日から、12月8日まで、日経平均に投資したい投資家がいたとします。その投資家には、2つの方法が選択可能です。

  • 日経平均の採用銘柄すべてを、指数構成比通りに買う方法
  • それと同じ金額の日経平均先物(12月限)を買い建てする方法

①と②の場合で、リターンを比較しますと、以下の通りになります。

  • 9月9日―12月8日までの日経平均の騰落 + 9月中間決算の配当金
  • 9月9日―12月8日までの日経平均の騰落のみ

9月中間決算の中間配当金は、日経平均1単位に対して130円程度と予想されています。つまり、9月9日―12月8日まで日経平均に投資する場合、現物を持っていた方が、配当金(130円)分リターンが高くなると考えられるわけです。したがって、日経平均先物(12月限)の理論値は、130円程度、日経平均より低くなるわけです。

ただし、9月28日以降は、理論値が、日経平均とほぼ同値となります。9月27日までに株式を買えば、9月中間配当金を受け取る権利が得られます。ところが、9月28日は権利落ち日で、28日に買っても中間配当金を受け取る権利は得られません。

つまり、9月28日から12月8日まで日経平均に投資するならば、株式現物に投資しても先物に投資しても、リターンはほぼ同じになるわけです。したがって、9月28日以降は、日経平均先物(12月限)は、ほぼ日経平均と同じ値で推移することになります。

ここまで理解いただければ、まったく問題ありません。さらに詳しい数式を必要とされる方は、以下のをご覧ください。

日経平均先物(12月限)の理論値の計算方法

詳しい説明は割愛します。計算式だけ掲載します。

(日経平均先物12月限理論値)=(日経平均の値)-(12月8日まで日経平均現物を保有することで得られる配当金予想額)
+(日経平均現物を購入するのに必要な現金を12月8日まで短期金融市場で運用した時に得られる利息)

現在、短期金利はほぼゼロなので、金利要因は無視しても大丈夫です。配当落ちは、3月・9月が特に大きいです。6月や12月にもあります。

東京市場の取引時間中は、日経平均先物が理論値から大きくかい離することはありません。かい離すれば、裁定取引が入り、先物は常に理論値の近くに維持されます。ただし、東京市場の現物取引時間が終了すると(15時以降)、日経平均先物は理論値からかい離して動くようになります。裁定取引が入らないので、大引け後のニュースに反応して動くわけです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日経平均先物12月限を見るときの注意点(その2)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日経平均先物12月限を見るときの注意点(その2)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。