お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
円高への警戒続く
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

円高への警戒続く

2016/3/1
>2月29日の日経平均は前日比161円安の16,026円でした。先週末の海外市場で、1ドル113.99円まで円安が進んだことを受けて、日経平均は朝方276円高の16,464円まで上昇しました。
facebook twitter 印刷する

2月29日の日経平均は前日比161円安の16,026円でした。先週末の海外市場で、1ドル113.99円まで円安が進んだことを受けて、日経平均は朝方276円高の16,464円まで上昇しました。ところが、東京市場で1ドル113円割れまで、再び円高が進んだことにより、後場は日本株に売りが増えました。

今週は、米国で重要な経済指標の発表が続きますが、弱めの指標が出ると、利上げは困難との見方が広がり、円高が進む可能性があります。また、海外で何らかの不安材料が出ると、安全資産として円が買われる地合いが続いており、しばらく円高に注意が必要です。3月1日日本時間午前6時30分現在は、1ドル112.77円です。

(1)米景気の見方割れる、2月のISM指数発表に注目

米景気は強いか弱いか、足元、見方が割れています。製造業の不振が続いていることが、弱気の見方につながっています。ただし、製造業は不振でも、米経済の好調は続くとの見方もあります。米国では、早くから製造業の空洞化(アジアや中南米への工場移転)が進み、IT・金融・サービス産業中心に成長する構造ができているからです。ただし、最近、好調だった非製造業にもややかげりが出ていて、それが米経済への不安につながっています。そのことが、1月までのISM製造業・非製造業景況感指数にあらわれています。

米ISM製造業・非製造業景況感指数の推移:2014年1月~2016年1月

(出所:米ISM供給管理公社より楽天証券経済研究所が作成)

今週、2月のISM指数が発表になります。本日(3月1日)製造業景況感指数が、明後日(3月3日)には、非製業景況感指数が発表になります。発表前後で、ドル円為替レートがどう動くか、注目されます。製造業景況感指数の50割れと、非製造業景況感指数の低下が続くと、ドルが売られやすくなります。ただし、予想外に改善が見られると、ドル高が進む可能性もあります。

(2)週末(3月4日)には2月の米雇用統計発表を控える

米雇用統計の中で、米景気の短期的変化を敏感にあらわす指標として、非農業部門の雇用者増加数が、一番注目されています。20万人を超える増加となれば、米景気は好調と判断されます。

昨年まで米国の雇用情勢は、非製造業の好調を受けて、改善が続いていました。ただし、1月の非農業部門雇用者数は、15万1千人増と、20万人増を下回りました。雇用にも短期的な調整色が出ている可能性があります。ただし、先月発表されたのは1月の速報値で、今月修正値が発表されます。

今週末発表される雇用統計で、2月の速報値が景況判断の分かれ目と言われる20万人増を上回れるか、1月の修正値が速報値(15.1万人増)を上回るか、注目が高まっています。

米雇用統計(非農業者部門の雇用者増加数):2014年1月―2016年1月

(出所:米労働省)

ただし、米国の完全失業率は、1月も低下が続いてます。失業率は、より長期的な米国の雇用情勢を表します。仮に短期的に雇用に調整色が出ているとしても、長期的な雇用情勢の改善は続いているとの見方が主流です。

米雇用統計(完全失業率):2014年1月~2016年1月

(出所:米労働省)

(3)不安が高まると、安全資産として円が買われるのはなぜか?

話題は変わりますが、先週、英国でEU(欧州共同体)離脱の世論が高まってきていることを材料に、英ポンドが売られました。キャメロン首相は6月23日にEU残留の是非を問う国民投票を実施すると宣言しています。EU残留を支持する国民が過半数を占めるので、EU離脱が決まる可能性が高いとは言えません。ただし、万一英国のEU離脱が決まると、ロンドンの国際金融市場としての価値は低下し、英国経済にダメージが及ぶと懸念されています。そうした不安が、英ポンド売りにつながりました。

この話題は、直接、日本に与える影響は大きくありません。それでも、英ポンドが売られると、日本円が買われるという現象も見られました。英ポンドを売った投機筋が、今は代わりにドルやユーロでなく、円を買うことが多いからです。このように、今の為替市場では、何か不安があると円を買うと単純に動く投機筋もいます。世界的に「リスク・オフ」が続く限り、円高への警戒も必要です。「リスク・オン」が復活し、円安が進むまでに、まだ時間がかかりそうです。

ところで、円はなぜ、安全通貨とみなされるのでしょうか?その質問の回答を、以下のレポートに記載しています。今でも、この質問を多数受けますので、回答を記載しているレポートへのリンクを改めて掲載します。

1月13日のレポート「読者の皆様からのご質問に回答

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください円高への警戒続く

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

円高への警戒続く

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。