お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
年末最終週の日経平均見通し棹尾の一振はあるか?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

年末最終週の日経平均見通し棹尾の一振はあるか?

2015/12/28
いよいよ2015年も最終週となりました。今日は、最終週の見通しを書きます。明日(29日)、今年1年の私の日経平均予想を振り返ります。
facebook twitter メールで送る 印刷

いよいよ2015年も最終週となりました。今日は、最終週の見通しを書きます。明日(29日)、今年1年の私の日経平均予想を振り返ります。明後日(30日・大納会)に来年の日経平均予想について書きます。よろしくお願いいたします。

(1)今週は大きくは上下とも動きにくいと考えます

日経平均週足:2015年1月5日―12月25日

(注:マーケットスピードより楽天証券経済研究所が作成)

25日(金)の米国市場は、クリスマス休暇で休場でした。今週は、金融市場に大きな影響を及ぼす重要指標の発表予定はありません。今週は3日間しか売買日がありませんが、大きな動きはないと考えられます。棹尾の一振(とうびのいっしん:年末にかけて株価が勢いよく上がること)は見込みにくい状況です。

上の週足チャートで示した通り、日経平均は目先19,000円を中心としたボックス圏に入りつつあるように思われます。

【注】上の週足の見方がわからない方は、12月22日の3分でわかる!今日の投資戦略「日経平均のテクニカル分析」をご覧ください。

ただし、原油先物の動きと、ドル円為替レートの動きには注意が必要です。

(2)原油先物がさらに上昇すれば日経平均の上昇余地が広がる

12月に入って、世界的株安を招いた最大の要因は、原油急落だと思います。足元、原油先物が反発していることを好感して、世界的に株がテクニカル・リバウンドしています。もし、原油が年末にかけて一段高となれば、株高にも勢いがつきます。

WTI原油先物(期近)の動き:2015年12月1日―24日

(3)円高がさらに進むと日経平均がさらに下がるリスクもある

12月は、これまでの円安(ドル高)が止まり、円高(ドル安)が進みました。それが、12月に日経平均が売られた、もう1つの理由です。

ドル円為替レートの動き:2015年12月1日―25日

12月は、米FRB(中央銀行)による利上げと、日銀による金融緩和補完策の発表がありました。どちらも、市場に織り込み済み、あるいは、市場の期待以下でした。それが、12月に円高(ドル安)が進む要因となりました。

これまで、①米国は利上げが見込まれ、②日本は追加の金融緩和が見込まれることが、円安(ドル高)が進む原動力となってきました。12月に、米国は利上げを実施しましたが、それは織り込み済みでした。来年の追加利上げのピッチは必ずしも速くないとの見方が広がり、為替市場では、ドルの買い持ちを縮小する(ドルを買い建てていた投資家がドルを売ること)の動きが出ました。

日銀が発表した金融緩和補完策は小粒で、かえって失望を誘いました。追加緩和の余地は大きくないと、日銀の打つ手に手詰まり感を生じる結果となりました。それも、12月に円高(ドル安)が進む要因となりました。

ただし、来年以降の米国の追加利上げ・日銀の追加緩和の可能性について、現時点で市場コンセンサスはなく、年内にこれ以上円高(ドル安)が進むとは考えていません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください年末最終週の日経平均見通し棹尾の一振はあるか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

年末最終週の日経平均見通し棹尾の一振はあるか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。