facebook twitter
米利上げはほぼ確実 ドル円為替はどう動く?(窪田)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

米利上げはほぼ確実 ドル円為替はどう動く?(窪田)

2017/6/13

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 14日の米利上げはほぼ確実。その後、年内の利上げは残り1回となる可能性がある。9月の利上げはなく、あっても、12月にあと1回だけという予想が主流となると考えている。
  • FOMC声明文が予想以上にタカ派なら円安が進む可能性もある。ただし、利上げに完全な打ち止め感が出る、つまり年内利上げなしという見方が広がると、さらなる円高が進むと考えられる。

(1)6月14日の米利上げはほぼ確実

世界の金融市場は、14日に米FRBが、今年2回目の利上げを実施することをほぼ確実と見なしています。具体的には、6月13-14日のFOMC(米金融政策決定会合)で、FRBがFF金利誘導水準を現行の0.75-1%から、1-1.25%へ0.25%引き上げることを織り込んでいます。

米短期金利は、利上げを織り込んで既に上昇しています。ただし、最近、米景気指標がやや軟化、米インフレ率も頭打ちとなっていることから、長期金利は低下しつつあります。

米長短金利の動き:2016年末―2017年6月9日

(注:楽天証券経済研究所が作成)

(2)6月14日に利上げが実施された後、利上げに打ち止め感が出る可能性もある

短期金利だけ上がり、長期金利が下がっていることから、金融市場は、今後の利上げについて、以下のように織り込んでいると読めます。6月14日に0.25%の利上げが実施されるものの、その後、利上げにやや打ち止め感が出る。

確かに、足元、米景気指標が軟化、米インフレ率も伸び悩んでいますから、利上げ後のFOMC声明文が、よほどタカ派(利上げ積極)トーンでない限り、一旦、利上げ打ち止め感が出る可能性はあります。

ドル円為替レートを見ると、同じような織り込みがされていることがわかります。

ドル円為替レートの動き:2016年11月1日―2017年6月12日

(注:楽天証券経済研究所が作成)

上のグラフを見ると、昨年11月以降、ドル円為替の動きには、三つの山(青矢印をつけた所)があることがわかります。昨年12月と、今年3月のところにつけた山は、まさに米利上げが実施されたタイミングです。利上げを織り込んで、ドル高(円安)が進み、利上げ実施後は、ドル安(円高)に転じていることがわかります。

利上げ実施で、材料出尽くしとなって、円高にふれていることがわかります。利上げ後、すぐに追加利上げが見込める状況となっていなかったことから、材料出尽くしとなったものです。米景気が1-3月に減速し、長期金利が低下していたことも影響しました。

ドル円チャートの、三つ目の山(2017年5月)を見てください。この時点で、6月14日の利上げ確率が9割以上となりました。つまり、6月の利上げを先んじて織り込んで円安となっていたのです。その後、円高が進んでいます。これは、6月の利上げ実施後に、利上げに打ち止め感が出ることを織り込みにいったものと思われます。

つまり、今回は、為替市場が、14日に利上げが実施されることも、その後、利上げ打ち止め感が出ることも、両方とも先に織り込んでいることを示していると、思っています。

(3)米利上げ後、ドル円はどう動くか?

市場予想通り、14日に利上げがあったとして、その後、ドル円はどう動くでしょうか?

3つの反応パターンが考えられます。

  • メインシナリオ:利上げに一旦打ち止め感が出る。つまり、9月は利上げなしとなる、利上げはあって12月にもう一度と見られる。これは織り込み済み。
  • 既に、為替市場では、目先、打ち止め感が出ることを織り込んでいますので、予想通りの内容ならば、為替は大きくは動かないと思います。
  • タカ派シナリオ:米FRBが米国債の保有高を減らす(量的引き締め)議論が出てくる。短期金利だけでなく長期金利の引き上げを狙うケース
  • ドル長期金利に先高感が出ますので、為替は、円安に動く。
  • ハト派シナリオ:年内にもう利上げはないという、完全な打ち止め感が出る場合
  • 一段と円高が進むと思います。

日本株にとって、もっともポジティブなのは、シナリオ②です。米長期金利が上がると、米国株が売られる可能性がありますが、円安が進みます。日本株は、短期的な調整を経た後、上昇局面に入ると予想されます。ただし、シナリオ③だと、米国株にはプラスですが、円高が進み、日本株は下落のリスクが高まります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米利上げはほぼ確実 ドル円為替はどう動く?(窪田)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米利上げはほぼ確実 ドル円為替はどう動く?(窪田)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。