facebook twitter
外国人の買い越しが増加(窪田真之)
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

外国人の買い越しが増加(窪田真之)

2017/5/10
4月後半から外国人の買いが増加し、日経平均の上昇を牽引。政治不安の緩和で、リスク・オンの流れが出ている。企業業績に回復色が強まっており、年前半、日経平均は上昇基調を保つと予想。ただ、年後半、景気回復が織り込み済みとなるタイミングで、政治不安が蒸し返すと、下落に転じるリスクがある。
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日のポイント

  • 4月後半から外国人の買いが増加し、日経平均の上昇を牽引。政治不安の緩和で、リスク・オンの流れが出ている。
  • 企業業績に回復色が強まっており、年前半、日経平均は上昇基調を保つと予想。ただ、年後半、景気回復が織り込み済みとなるタイミングで、政治不安が蒸し返すと、下落に転じるリスクがある。

(1)外国人の売買で動く日本株

4月後半から、外国人投資家の買いが増加しています。日経平均は、外国人の買いによって高値を更新しました。

日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):2016年1月4日―2017年5月9日

(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成)
(注:上のグラフの外国人売買で、棒グラフが上(プラス方向)に伸びているのは買越、
下(▲の方向)に伸びているのは売越を示す)

日本株を動かしているのは、外国人投資家です。外国人は、買う時は上値を追って買い、売る時は下値を叩いて売ってくる傾向があります。

2016年は年初から外国人の売りが急増し、日経平均は急落しました。2016年11-12月は、トランプ・ブームで日経平均が急騰しましたが、外国人の買いが上昇を牽引しました。

2017年に入ってから、外国人の買いが止まると、日経平均はボックス推移となりました。3月に外国人の売りが増えると、日経平均は一時、ボックスを下へ抜けました。ところが、4月後半から、外国人の買いが増加すると、一転して日経平均は上昇に転じました。まだ統計は出ていませんが、日経平均が高値を更新した5月は、外国人の買いがさらに増えていると考えています。

外国人投資家の売買を予測できれば、かなり高い確率で、日経平均の短期的な動きを予測できるのですが、残念ながら、外国人の売買を当て続けることはできません。ただ、いくつかの法則性はあるので、ある程度、予想することはできます。

外国人から見ると、日本株は「世界景気敏感株」で「世界の政治不安敏感株」です。世界景気回復の見通しが強まる時、世界の政治不安が緩む時、外国人は日本株を買い越す傾向があります。

外国人の買いは続くでしょうか?今後、世界的な政治不安が再燃することなく、世界景気の改善が続けば、日本株は外国人の買いで上昇が続くと考えられます。私は、世界景気の改善は続くが、政治不安は今後、何度も蒸し返すと見ています。

(2)政治不安のネタは尽きない

仏大統領選で「極右ルペン氏当選→EU崩壊加速」となるリスクは杞憂に終わりました。北朝鮮暴発で日本や韓国が巻き込まれるリスクも低下しました。これで、足元、政治不安が緩和したと見なされています。

ただし、政治不安・地政学リスクのネタは多数残っており、今年は不安が何回も蒸し返すと思います。主な懸念材料をあげると、以下の通りです。

  • 朝鮮半島有事リスク(リスクは低下したが、無くなったわけではない)
  • 米中対立先鋭化、南沙諸島で不測の事態が起こるリスク
  • シリア内戦泥沼化(米がアサド政権をミサイル攻撃、米ロ関係悪化、ISが漁夫の利)
  • ハード・ブレグジットのリスク(英国もEUも大きなダメージを受ける英・EUケンカ別れ)
  • EU解体リスク(EU各国で反移民・反緊縮・反EU運動がさらに拡大)
  • トランプ政権迷走リスク(支持率低下、政策実行能力低下、対外強硬策を強化)
  • 世界各地でテロが頻発するリスク
  • 安倍政権の指導力低下(森友学園問題・閣僚辞任など影響)

(3)日本の景気・企業業績の回復色が強まる

政治不安のネタは尽きませんが、景気・企業業績の回復色は、強まりつつあります。政治不安がなくなることはありませんが、不安が緩和する局面では、日経平均の上昇期待が高まります。今年の前半は、企業業績回復の勢いが強く、政治不安があっても、日経平均の上昇トレンドが続くと予想しています。

注意すべきは年後半です。景気回復が織り込み済みとなるタイミングで、政治不安が蒸し返すと、日経平均は下落に転じる可能性もあります。今年は、前半高・後半安の展開になる可能性もあります。

ただ、今すぐ弱気に転じる必要はないと考えています。日経平均は20,000円台に乗せ、最大で21,000円まで上昇する可能性があると予想しています。

今後の、企業業績モメンタム(勢い)と日経平均の動きを見ながら、年後半の投資戦略を考えていきます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください外国人の買い越しが増加(窪田真之)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

外国人の買い越しが増加(窪田真之)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。