facebook twitter
「ピークアウト」への意識は必要か?
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

「ピークアウト」への意識は必要か?

2017/5/8
大型連休を控え、わずか2営業日だった先週の国内株市場ですが、様子見と思いきや、意外(?)にも強い動きを見せ、5月2日(火)の日経平均は19,445円まで上昇して取引を終えました。さらに、連休明けの5月8日(月)には一段と株価水準を切り上げ、19,700円台に乗せてのスタートを見せています。
facebook twitter メールで送る 印刷

大型連休を控え、わずか2営業日だった先週の国内株市場ですが、様子見と思いきや、意外(?)にも強い動きを見せ、5月2日(火)の日経平均は19,445円まで上昇して取引を終えました。さらに、連休明けの5月8日(月)には一段と株価水準を切り上げ、19,700円台に乗せてのスタートを見せています。

連休中の注目イベントだった、米4月雇用統計の結果が強いものとなり、6月の米FOMCでの利上げへの意識が高まったことや、欧州でも仏大統領選挙でマクロン氏が勝利し、政治不安のひとつが後退したことが背景となったようです。

(図1)日経平均(日足)の動き (2017年5月8日9時30分時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

こうした足元の株価の動きを上の図1で辿ってみます。

まずはローソク足の並びです。先週の2営業日のローソク足は大きめの陽線が続く格好となりました。前回、ローソク足の並びが「はらみ足」であることを指摘しましたが、それを打ち消すかのように、5月1日(月)の陽線が「抱き線」となって上値を更新し、翌2日(火)も陽線が続きました。さすがに19,500円台には乗せられませんでしたが、それでも上昇に弾みをつけたような印象を持たせています。

そして、冒頭でも触れた通り、5月8日(月)は19,700円台乗せで取引が始まり、これまでの年初来高値(3月2日の19,668円)をも突破してきました。これまでの日経平均は「19,600円台の壁」に何度となく阻まれてきましたが、あっさり上抜けてきました。

外部環境が落ち着いてきたことと、国内企業決算発表のピークを迎える中、今週末は日経225先物mini取引とオプション取引のSQを迎えます。これらの取引では権利行使価格250円刻みが比較的売買が多いこともあって、5月8日(月)の19,700円台乗せでのスタートは19,750円が意識されているものと思われます。ですので、今週はこれまでのレンジ突破水準を維持し、さらに上値を伸ばせる素地を作れるかがポイントになりそうです。

また、足元の値動きが「窓」を3つ空けて上昇していることも分かります。特に最初と3番目の窓は大きく空いていて、変則的ながら「三空」と捉えることもできます。力強い上昇を見せているわけですが、それ故にいったん上昇がピークアウトし、落ち着きを見せ始めるのではという見方もできてしまうわけです。

「三空」というのは、いわゆる酒田五法における相場の考え方のひとつです。上昇局面では「三空踏み上げに売り向かえ」と言われています。最初の窓は相場のムードの変化に気付いた新規の買い、2番目の窓はムードの変化による売り方の買い戻しと買い乗せ、3番目の窓は遅れて参加した投資家の買いという考え方です。売り方の買い戻しが一巡し、遅れた買いが入ってくる頃には、最初に買った投資家が利益確定を出し始めることが想定されるため、相場は天井を迎えることが多いとされています。

仮に上昇が一服となった場合は、これまでに空けた窓を埋めに行くことになります。

先ほどのオプション取引の権利行使価格で整理するのであれば、上値は19,750円や20,000円、下値は19,500や19,250円、19,000円などが意識されることになります。ただ、実際にはSQの週であっても相場の値動きが落ち着くことは多く、その場合、権利行使価格の中間地点、例えば、19,875円、19,625円、19,375円辺りでもみ合い、「どちらの権利行使価格でSQを迎えるのか」という展開になります。

では、直近の力強い値動きが中期的なトレンドで見たらどうなのかを下の週足チャートでも確認してみます。

(図2)日経平均(週足)の動き その2(2017年5月8日9時30分時点)

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

上の図2に記載されている中期トレンドラインは、前回も紹介しましたラインです(2016年に形成したトリプルボトム崩れの安値どうしを結んだ線)。昨年の夏場以降、日経平均はこのラインを挟んで強気と弱気のムードを繰り返してきたことが判ります。前回はこのラインへの復帰を目指している状況であると指摘しましたが、見事に復帰しつつあり、今後このラインを上抜けて強気ムードになれるかが焦点になります。

もちろん、この中期トレンドラインが抵抗線(レジスタンス)になることも想定されますが、週足の移動平均線(13週・26週・52週)が3本とも上向きになっていますので、仮に上昇が一服したとしても、下値の支持線(サポート)として機能しそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「ピークアウト」への意識は必要か?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「ピークアウト」への意識は必要か?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。