お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か

2017/5/9
先週の予測では、営業日数は連休の谷間で2日間しかなく、市場参加者も少ないため為替の動きや日米の業績を踏まえた動きとなり、19,000~19,600円の長くもみあったレンジの中で、19,400円水準を上値とする動きを想定しました。
facebook twitter 印刷する

先週は、連休の谷間好調で、為替の円安進行で先物大幅高

先週の予測では、営業日数は連休の谷間で2日間しかなく、市場参加者も少ないため為替の動きや日米の業績を踏まえた動きとなり、19,000~19,600円の長くもみあったレンジの中で、19,400円水準を上値とする動きを想定しました。

結果的には、円弱含みの中で好業績銘柄物色が根強く続き、5月1日(月)は△113円の19,310円、2日(火)は△135円の19,445円となって19,400円台を回復して引けました。その後の日本市場の連休の間のアメリカでは、景気に楽観的な見方や6月利上げの確率が高まり、1ドル=113円水準までドルが買われて円安が進行したことで、週末のシカゴ日経先物は△225円の19,705円となっていました。

5月1日(月)は、朝方は一時▼52円の19,144円まで売られるものの、売り一巡後は好業績銘柄物色を支えにプラスに転じ、午後にアメリカ議会が歳出法案に暫定合意したとの報道を受け、やや円安にふれたことで△113円の19,310円と3日ぶりの反発となりました。2日(火)も引き続き好業績銘柄物色が続き、その背景には2018年3月期業績見通しは、現時点では概ね堅調との予想が多く、ゴールデンウィーク明けは高いとの先回り買いの動きがでているとの見方がありました。 連休中のアメリカ市場の動きで注目するのは3日(水)のFOMCで結果は、1-3月期のGDPの悪化は一時的なものとして、アメリカ経済に対する楽観的な見方を示し、インフレ判断を引き上げたことで6月利上げを示唆したとの見方からドル買いが活発となり、4日(木)には1ドル=113.05円まで買われました。しかし、その後原油が急落したことで1ドル=112.46円で引けました。5日(金)はアメリカの4月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比+21.1万人(予想18.5万人)と予想を上回り、失業率も4.4%(前月比-0.1%)と10年ぶりの低水準になったことで、NYダウは△55ドルの21,006ドルと3月3日(金)以来の21,000ドル乗せとなりました。これを受けて6月の追加利上げの確率がますます高まることになります。為替は1ドル=112.77円で引け、シカゴ日経先物は△225円の19,705円となっています。

 

目先は円安要因多く、株式市場は上昇する可能性が高い

連休明けは、フランス大統領選(マクロン氏勝利の見方で織り込み済み)を通過していることや、先週のFOMCの発表でアメリカの景気に楽観的見方が示され、6月利上げが示唆される内容となっていたことで円安が進行しました。また、週末の4月雇用統計が予想を上回ったことで、6月利上げの確率が高まり、為替は一時1ドル=113円台をつけ週末のシカゴ日経先物は19,705円となりました。相場環境に変化なければショートカバーや新規の買いもはいってサヤ寄せする形で始まりそうです。その後は大きなマドを明けた形となるので、19,500円水準まで押し目を入れて19,500円を守れば、再上昇となって戻りを試すことが想定されます。4月の第3週(17日(月)~21日(金))まで、外国人投資家は現物では3週連続の買い越しとなっていますので、買い越し基調は継続している可能性があり、需給面では下支えとして意識されます。連休明け後の5月第2週は、決算発表のピークを迎えますが、足元の決算は概ね良好ですので、堅調な相場が想定されます。日経平均の上昇の原動力は為替の円安ですが、とりあえずアメリカの6月利上げ観測の高まりから、日米金利差拡大の思惑で円安基調となりそうですが、一方でトランプ大統領は「ドルは高すぎる」という発言をしていますので、どこでそれが飛び出だすか分からないところがあります。また、ロス商務長官が4日(木)に3月の対日貿易赤字が前月比33%増えたことで「アメリカはもはや対日貿易赤字に耐えられない」という声明を発表したことは、ドル安要因となります。目先の相場環境は円安要因多く、株式市場は上昇する可能性が高いと思われます。日経平均が終値で3月2日(木)の年初来高値19,668円を突破すれば2万円が視野にはいってくることになります。

5月8日(月)は、予想以上の上昇となりました。7日(日)にフランス大統領選挙は予想通りマクロン氏が大勝し、FOMCの発表内容で6月利上げが示唆され、4月雇用統計が予想を上回って円安要因が重なり、日経平均は先週末のシカゴ日経先物の19,705円を上回る△263円の19,709円で寄り付きました。その後は先物主導で上げ幅を拡大し、後場の大引け間近には△483円の19,929円まで上昇して△450円の19,895円で引けました。出来高は約24億株、売買代金は3兆4,434億円と大商いとなりました。前場、後場外国人投資家が買ってきており、その買いがこのまま継続するのかどうかがポイントとなります。基本的には来週に決算のピークを迎え個別物色になるところですので、目先は2万円を前に利益確定売り優勢の可能性があります。それとも2万円を達成してから目標達成売りとなるかもしれません。

 

 

(指標)日経平均

先週は、ゴールデンウィークの谷間で営業日数は、5月1日(月)、5月2日(火)の2日間しかなく、為替の動きや日米の企業決算を踏まえた値動きを想定し、19,000~19,600円のレンジの中で、目先は19,400円水準が上値のフシになるとしました。

結果的には、好業績銘柄物色が根強く、外国人買いも支えて先物主導で戻りを試す動きとなり、5月1日(月)は△113円の19,310円、5月2日(火)は△135円の19,445円と2日連続の上昇となりました。そして連休中の間はアメリカ経済が好調なことから株高・ドル買いとなって1円近い円安進行となったことで、シカゴの日経先物は5月5日(金)の引け値は△225円の19,705円となっていました。

今週は、先週末のシカゴの日経先物が3月2日(木)の年初来高値(ザラ場)19,668円を上回っており、ギャップアップして寄り付いたあと、19,668円を更新するようなら、近々2万円が視野にはいってきます。

5月8日(月)は、フランス大統領選の予想通りの結果を受け、円安基調や欧米株高を背景にシカゴ日経先物にサヤ寄せして始まり、そのまま先物主導で上昇し△450円の19,895円の大幅高で引けました。

日経平均

 

 

(指標)NYダウ

先週の予測では、ヨーロッパの政治的リスクや北朝鮮の地政学的リスクへの懸念が後退し、好決算も続いていることで上値を試す動きとなっているとしました。ただしトランプ政権の政策の不透明感もあり、一方的に上昇していく状況ではないとし、5月2日(火)~3日(水)のFOMCで6月利上げの可能性が示唆されるのか注目としました。

結果的には、5月1日(月)から5月4日(木)までは、20,950ドル前後でのもみあいが続きましたが、週末の5月5日(金)は4月雇用統計の結果が予想を上回ったことで△55ドルの21,006ドルと約2カ月ぶりに21,000ドル台を回復しました。FOMCでは、6月利上げを示唆する内容となり、4月雇用統計も予想を上回ったことで6月利上げの確率は高くなり、そうなると当面のNYダウの上値は重くなると思われます。

先週のアメリカ市場は、これまで上昇の懸念材料だったフランス大統領選と北朝鮮の地政学的リスクが大きく後退し、米連邦予算の成立を好感して週末は3月30日(木)以来の21,000ドルを回復しました。週末の雇用統計も予想を上回って経済の堅調さは問題ないことから6月利上げの見方の確率が高まってきました。

今週は、株価は景気の堅調さは上昇要因であっても利上げはマイナス要因ですので、天井圏で好悪の材料でもみあう展開になる可能性があります。但し、気になる材料として5月5日(金)に一時43ドル台まで急落した原油価格の動きがあります。さらに原油価格が下がるようだと株価の足を引っ張る可能性もあります。

NYダウ

 

 

(指標)ドル/円

先週は、ドル/円相場は、強弱感が対立してもみあいを想定し、基本のレンジを1ドル=110~112円としました。

結果的には、ドル買い要因が増加し、1ドル=112円台での動きとなり、5月4日(木)には一時1ドル=113.05円をつけました。注目のFOMCでは、1-3月期GDPの低下は一時的なものであり、市場の堅調さを強調しインフレ判断を引き上げたことで、6月の利上げを示唆したとの見方で1ドル=112.78円までドルが買われました。

5月4日(木)には、1ドル=113.05円まで買われましたが、原油の急落で1ドル=112.32円まで売られ、週末の5月5日(金)は1ドル=112.74円で引けました。想定よりドルは1円高い1ドル=111~113円のレンジとなりました。

先週は、FOMCのアメリカの景気見通しの楽観的な見方もあり、6月の利上げへの思惑も高まって日米金利差拡大期待が再燃し、長期債利回りは4月中旬の2.1%台から2.3%台まで戻し、為替も5月4日(木)には1ドル=113円台を一時つけました。

今週は6月の利上げの高まりから日米金利差拡大期待はある一方で、トランプ大統領の「ドルは高すぎる」発言がいつ飛び出すかわからず、また、5月4日(木)には3月の貿易赤字が前月比△33%増となったことで、ロス商務長官が「この貿易赤字には耐えられない」との声明を出しており、今後の貿易交渉と為替政策が懸念されることになります。当面は強弱感が対立して1ドル=112~114円のレンジでのもみあいが想定されます。

ドル/円

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。