facebook twitter
効果絶大!生前贈与の効果的な活用法と注意点(その1)
足立 武志
知らなきゃ損する!今日から使える税金のキホン
難しくよくわからない「税金」。だれでもわかるように、知らないと損する情報を公認会計士・税理士かつ個人投資家がお届けします。

効果絶大!生前贈与の効果的な活用法と注意点(その1)

2016/8/12
世の中には相続税の節税対策があふれています。中には複雑な仕組みを用いたものも少なくありませんが、もっと簡単・単純な方法があります。それは生前に財産を贈与することです。今回は、生前贈与がどれだけ相続税の節税に効果があるかをお話しします。
facebook twitter メールで送る 印刷

世の中には相続税の節税対策があふれています。中には複雑な仕組みを用いたものも少なくありませんが、もっと簡単・単純な方法があります。それは生前に財産を贈与することです。今回は、生前贈与がどれだけ相続税の節税に効果があるかをお話しします。

最も簡単な相続税の節税対策は「生前贈与」

平成27年以降、基礎控除額の縮小などにより相続税が課税される方が急増しています。平成27年の実績はまだ国税庁から公表されていませんが、税理士の立場から見て、相続税の申告を手掛ける件数が明らかに増加していることを強く実感します。

空前の相続対策ブームこそ一段落した感がありますが、アパート建築、タワーマンション購入など、不動産を用いた対策を中心に、業者や金融機関、果ては税理士までもが様々な相続税節税対策を提案しています。

しかし、筆者からみれば、果たしてそうした相続税の節税対策は必要なのかと疑問に思うことが少なくありません。特に不動産を用いた対策は、良く注意して実行しないと後々遺産分割の際に苦労する可能性が高い、相続税納税資金の不足を招く恐れがあるなど、デメリットも少なくありません。

実は、わざわざ大掛かりな相続税対策などしなくても、あることさえすれば十分に相続税を節税できることをご存知でしょうか。それは生前に自身の財産を贈与してしまうことです。

生前贈与は「政府お墨付き」の相続対策

我が国には「贈与税」という税金があり、これは「相続税」を補完するものです。

もし贈与税がなければ、自分が生きている間に、生前に財産を子どもなどに渡してしまう人が続出するでしょう。しかしそれでは国は相続税を徴収することができません。

しかし、裏を返せば、贈与税という税金さえしっかり払えば、贈与をすること自体は自由に行ってよいともいえます。

実は、平成27年以降、20歳以上の直系卑属(自分の子どもや孫)に対して贈与を行う場合、贈与税が軽減されるようになりました。さらには、通常の贈与の他、おしどり贈与、相続税精算課税、教育資金贈与、結婚・子育て資金贈与、住宅等取得資金贈与など、様々な特例が設けられており、これらは通常の贈与より有利な仕組みになっています。

これらのことから分かる通り、政府は国民に対して、積極的に贈与をしてもらいたいと考えているのです。贈与により財産が若い世代に移転すれば、それが消費に回って景気回復にもつながります。生前贈与は、いわば政府お墨付きの相続対策なのです。

「税金を払って節税する」という考え方

今は雑誌、新聞でも贈与についての特集が組まれることが多くなりました。そのため、意識の高い方は、税理士等に相談することなく自ら率先して贈与を実行されている場合も少なくありません。それは大変結構なことなのですが、そうした方の多くに共通する点があります。それは「年間110万円の非課税枠の範囲内で贈与を実行している」という点です。

その根底には、税金を払わずに贈与を行うことが最も有利であるというイメージが浸透しているのかもしれません。確かに雑誌等の特集では、「年間110万円までなら贈与税が非課税」という事実が強調されていることが多いです。

でも、実はあえて贈与税を払って、年間110万円を超える金額を贈与する方がはるかに効果的となるケースも少なくないのです。

なぜ生前贈与が相続税の節税に効果的なのか

なぜ生前に財産を贈与することが相続税の節税につながるのか、それは贈与税と相続税の税率構造の差や、課税方法の違いにあります。

相続税は相続財産の額により税率が異なり、相続財産が多くなるほど税率も高くなります。最高税率は55%です。一方の贈与税も贈与財産が増えるほど税率が高くなり、最高税率も同じ55%です。

しかし、相続税は被相続人が死亡したときに一度だけまとめて課税されるのに対し、贈与税は1年間に贈与を受けた金額につき、1年ごとに課税されます。

そこで、1年ごとに金額を小分けにして贈与することで、低い税率で財産を確実に次世代に移すことができます。

例えば、相続税が40%かかるような財産を保有している場合、20歳以上の子もしくは孫に対して生前に500万円を贈与すると、48.5万円(9.7%)の贈与税で済むことになります。相続税の節税額は500万円×(40%-9.7%)=151.5万円になります。これを10年間、3人の子どもに続ければ、151.5×3人×10年=4,545万円の相続税節税につながります。

(厳密には相続税の税率構造の影響等で上記とは多少異なります。具体的な計算例は少し複雑になるので次回にて詳しく説明します)

贈与税を払ってまで節税することが有効かどうかは、ご自身の財産がどのくらいあって、相続が発生したときに相続税がどの程度かかるかによって異なります。もし相続税がかからないほどの財産しかないならば、贈与税がかかるほどの金額を無理して贈与する必要はありません。ご自身の財産がどのくらいあるか、一度しっかりと試算することをお勧めします。

<おしらせ>

「動画で解説!超実践 足立武志の株式投資講座 (ネット全6回)」

株式投資の実践知識について、資産運用に精通した公認会計士である足立武志氏に解説してもらいます。
株式取引初心者~中級者の方は必見です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください効果絶大!生前贈与の効果的な活用法と注意点(その1)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

効果絶大!生前贈与の効果的な活用法と注意点(その1)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。