facebook twitter
師走相場始まり、16,000円水準へ挑戦…今週は、アメリカの11月雇用統計を前に一服も…
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

師走相場始まり、16,000円水準へ挑戦…今週は、アメリカの11月雇用統計を前に一服も…

2013/12/3
出島昇氏が「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいります。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週は、円安継続で終値ベースの年初来高値15,627円を突破!

先週のレポートでは、「円売り・日経225先物買い」の動きが続けば16,000円(5月23日のザラ場での年初来高値15,942円)も視野にとしました。そして、「円売り・日経225先物買い」の動きが続けば、NT倍率が急上昇し、トピックスがついていけない状況がさらに高まるとし、相場の歪みが大きくなると解説しました。このことは、日経平均の現物の上昇が日経平均の指数に大きな影響を与える一部の銘柄(ソフトバンク、ファナック、ファーストリテイリング、KDDIなど)に資金が集中しているため、円安が一服し円高へ振れると売られて日経平均が大きく下げるということが起こりやすく、相場が不安定になることを意味します。

先週は、アメリカ株式と円相場の動き次第だとし、円安続けば信用の絶対期日も経過しているため、16,000円を目指す展開へとしました。結果的に、アメリカ市場で良好な経済指標が相次いで、アメリカの景気回復期待から長期金利が上昇しドルが買われ、株価も上値は重いながら史上最高値を更新し続けました。日経平均は25日(月)に円安を受けて先物主導で△237の15,619円の大幅上昇のあと円安一服となって、26日(火)は▼105の15,515円、27日(水)は15,415円まで下げて▼65の15,449円となりました。しかし28日(木)は再び102円台の円安を受けて先物主導で△277の15,727円となりました。終値ベースの年初来高値である5月22日の15,627円を突破し、柴田罫線では追加の買法則が出現しました。週末の29日(金)は、前日のアメリカの休場や週末要因、さらにやや円高への振れがあったことで、先物主導で一時200円を超える下げとなりましたが、売りが一巡すると押し目買いが入り▼65の15,661円で引けました。

 

今週は、年初来高値に向かって足元を固める動きも

今週も円安がそのまま進行し1ドル=103円台を試すような動きになれば、「円売り・日経225先物買い」のセット売買によって先物主導で5月23日のザラ場での年初来高値を試す動きが想定されます。その1ドル=103円台の円安になるきっかけは、アメリカ市場での週末の11月雇用統計が注目となり、ここで予想を上回る改善となれば、12月17日~18日のFOMCで量的緩和の縮小観測が生まれ一段の円安となっていくと思われます。そうであれば、今週は週末の雇用統計を控えて様子見から一服となるかもしれません。

テクニカル的な過熱感は、騰落レシオでは103.7%とやや落ち着いていますが、25日移動平均線は6%近くを上回っており「買われ過ぎ」が意識される水準です。アメリカ株式は8週連続高で高値圏にあり、11月雇用統計が予想を下回れば短期の調整もあり、その場合為替が円高に振れると「円買い・日経225先物売り」となって日経平均も下落となります。もしそうなれば、短期売買の人にとっては押し目買いチャンスと考えられます。来年になると、再びアメリカで債務上限問題が再燃する可能性が高いので、ファンドなどは12月に一相場を考えていることが想定されます。

本日は、円安が一服していることや短期的な過熱感から主力大型株中心に利益確定売りが広がり、又週末にアメリカの11月雇用統計を控えていることもあって様子見ムードが強く、一時15,579円まで下落しました。しかし、押し目買いが強く▼6の15,655円で引けました。但し、売買代金は2兆円に届かず材料不足を感じさせました。これまで日経平均の指数の上昇後、もみあいとなれば中小型株が動き出すとしていましたように、このところ小型株の物色が継続しています。

(指標)日経平均

先週の予測では、5月23日の15,942円の絶対期日を経過することで上値は軽くなるとし、円安が続けば「円売り・日経225先物買い」の仕組み商いが活発化し、5月22日の終値ベースでの年初来高値15,627円を試す動きになるとしました。又、円安が一服すれば上値を追えず、日経平均も一服になるともしました。

25日(月)は、1ドル=101円台後半の円安を受けて先物主導で大幅高となり△237の15,619円となりました。26日(火)は円安一服で▼105の15,515円、27日(水)も▼65の15,449円と続落しました。しかし28日(木)は、前日のアメリカ市場で良好な経済指標が相次ぎアメリカの景気回復期待から株式とドルが買われ為替は1ドル=102円台の円安となったことで「円売り・日経225先物買い」が再び活発化し△277の15,727円となって、5月22日の終値ベースの年初来高値を突破し、柴田罫線では追加の買法則出現となりました。このろく買は、高値圏では売転換になる場合もあるので、11月27日の安値15,414円を切ると注意としました。週末の29日(金)は、前日大幅上昇の反動ややや円高へ振れたことで一時200円を超える下げとなりましたが、11月27日の終値15,449円を切らずに下げ幅を縮小し▼65の15,661円で引けました。

今週の予測は、アメリカのクリスマス商戦が好調であれば、株高・ドル高となって日経平均も上値を試すものと思われます。但し、週末に米雇用統計を控えており、高値圏でのもみあいも想定されるところです。円安相場の先高感は強く、103円を試す動きとなれば「円売り・日経225先物買い」となって先物主導で上値を試すことになります。

週明け12月2日(月)は、円安一服と高値警戒感から主力大型株中心に利益確定売りで15,600円を割れる場面もありましたが、押し幅は小さく押し目買いが入って▼6の15,655円で引けました。

日経平均

 

(指標)NYダウ

先週の予測では、ダウは7週連続高で過熱感もあり、28日(木)の感謝祭と翌日の短時間取引を考えると低水準の取引となって高値圏のもみあいとしました。

しかし、高値圏のもみあいながら25日(月)は△7ドル、26日(火)は△0.2ドル、27日(水)も△24の16,097ドルと3日連続の小幅続伸となって28日(木)の感謝祭を迎えました。その背景は、良好な経済指標が相次いだためでした。29日(金)の短時間取引では年末商戦への期待から△77の16,174ドルまで上昇するものの、一部ファンドの決算委期日を控えて利益確定売りで▼10の16,086ドルと反落しました。週足では8週連続の陽線となります。

今週は、週末に11月雇用統計を控えて高値圏でのもみあいとなりそうです。クリスマス商戦が好調であれば上値を試すも8週連続高の高値警戒感もあり、又ファンドや米企業の決算売りもあり、高値圏での綱引きとなりそうです。

NYダウ

 

(指標)ドル/円

先週の予測では、日米の株高の上昇に引っ張られる形でドル買い・円売りの状況があるため、日米の株価が上昇すれば円安の流れが続くことになるとしました。7月8日の101.58円を突破すると102.4円を試す動きになるともしました。

結局、引き続き円安の流れが続くことになりました。背景はアメリカの経済指標が次々と予想を上回ってアメリカの景気回復期待を高め、株とドルが買われる展開となりました。27日(水)には、1ドル=102円台のせとなり、週末29日(金)には長期金利の上昇からドル買い・円売り、アジアの対中国不安からドル買いとなり、一時102.61円まで上がって102.45円で引けました。

今週も、アメリカの景気回復期待から長期金利が上昇しドルが買われて日米金利差が拡大し、円安基調が続くことになります。週末の雇用統計で改善が示されると、一段の円安となって5月22日の103.9円を試しにいく動きも想定されるところです。チャートをみても11月12日に99.7円でドルが買転換し、7月8日の101.58円も上回ったことで、先週末102.61円までドルが買われています。まずは、103円台を目指す動きが考えられます。

ドル/円

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください師走相場始まり、16,000円水準へ挑戦…今週は、アメリカの11月雇用統計を前に一服も…

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

師走相場始まり、16,000円水準へ挑戦…今週は、アメリカの11月雇用統計を前に一服も…

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。