お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「柴田法則」個別銘柄分析8月第2週
出島 昇
柴田法則個別銘柄分析
柴田罫線をよく知っていただくため、毎週5銘柄の柴田罫線による分析をご紹介します。銘柄は東証1部の銘柄を中心に直近の出来高上位銘柄や話題になっている銘柄、又、柴田罫線の法則がわかり…

「柴田法則」個別銘柄分析8月第2週

2013/8/12
MUTOHホールディングス、SBIホールディングス、日新電機、タマホーム、三菱重工業
facebook twitter 印刷する

7999 MUTOHホールディングス 東証1部

四季報2013年夏号によると、CAD事業など情報サービス堅調。主力の大判IJプリンタは国内や欧州向け尚低迷でも、米国向け拡大。新製品の投入も奏功。外注費軽減で粗利率も改善し、営業利益上向く。為替差益見込まず。

5月14日(終値333円)にオフィス出島の有料コースで研究銘柄として推奨しました。255円を終値で切るといったん損切り前提に、270~280円を待って買い、短期の利食いを330~350円、中期では350~400円としました。しかし、そのまま続伸すれば350~380円というところまでですので見送りとも予測しました。

結局、翌日の5月15日に370円まで上昇して大商いとなり、ここを目先のピークに6月7日の245円まで下落しました。しかし、業績の上方修正期待から急騰となり、7月11日に561円の高値となりました。ここから日経平均の大幅下落につれ安して下落し、6月7日の245円から7月11日の561円までの上げ幅の1/2押し(403円)を少し切るところで7月29日の382円、8月1日の383円とダブル底をつけ、8月2日に419円で買転換出現となっています。

MUTOHホールディングス

8473 SBIホールディングス 東証1部

四季報2013年夏号によると、ネット証券が絶好調。アセットマネジメント良好、海外案件で為替差益も。住宅ローン残高が着実増。損保は黒字化が射程圏に。韓国のモーゲージも順調。バイオ関連織り込まず営業益著増。増配濃厚。

2012年6月4日の472円、9月6日の456円を2点底に、三角保ち合い(A)を形成していました。煮詰まったあと上放れし、11月5日の671円まで上昇、11月9日に566円の押し目を入れたところでアベノミクス相場のスタートとなり、当初は緩やかな上昇トレンド(B)へ移行しました。この上昇トレンド(B)の中で、2013年4月4日に758円の安値をつけて4月8日に888円で再度の買転換が出現し、業績の上方修正を受けて急騰、4月24日には1,990円まで上昇しました。その後高値圏でもみあい、5月10日に1,712円で売転換が出現し、6月3日に1,160円まで下落。ここから反発するも三角保ち合い(C)を形成して下放れとなり、6月27日の943円で当面の底打ちとなりました。7月8日に1,374円まで戻しましたが再下落となり、7月29日に1,015円まで下げて反発し、8月2日に1,144円で買転換出現となりました。

SBIホールディングス

6641 日新電機 東証1部

四季報2013年夏号によると、電力機器は国内で横ばい保つ一方、中国の電力会社向けが停滞。ただビーム・真空応用装置で高精細の中小型FPD製造装置が出荷増。太陽光発電向けシステムやパワコンも好調持続。営業増益。中国会社清算等の特損消え最高益圏。連続増配。

2011年7月25日の802円を戻り高値に大幅下落となり、11月24日の402円まで下落。その後は上値を590円水準、下値を400円水準とするボックス相場へ移行しました。この中で今年4月4日の407円を安値に業績上方修正期待から急反発し、5月24日の707円まで上昇しました。その後は日経平均の急落につれ安して6月7日の562円まで下げ、ここから日経平均の反発につれて7月16日の763円まで上昇しました。ここで目先材料出尽くしとなり、8月1日の578円まで下げて反発しかかっているところです。

日新電機

1419 タマホーム 東証1部

四季報2013年夏号によると、14年5月期は期初手持ちの増加に加えて、受注も伸び、注文住宅の引き渡しは9,000棟(前期8,000棟強)程度に拡大。円安で木材など資材費上昇するが営業増益。金融手数料、上場費用も消える。

3月27日に上場。この日の1,870円をピークに下落し、下降トレンド(A)を形成。この中で6月24日の1,005円で当面の底打ちとなり、7月10日には1,363円まで上昇。再下落となって(1)7月29日の1,022円、(2)7月31日の1,030円、(3)8月5日の1,046円と安値圏で順上げの3点底(逆三尊天井)となって8月6日に1,097円で買転換出現となっています。4カ月強のチャートですが、三角保ち合い(B)の中の安値圏での動きとなっており、目先は三角保ち合い(B)の上値斜線に押さえられる形ですが、ここを抜けると上放れとなると考えられます。

タマホーム

7011 三菱重工業 東証1部

四季報2013年夏号によると、円安進行と操業度向上で航空製造分担品が採算一段改善、利益柱のガスタービンは受注残を順調に消化。プラントなど機械・鉄構の仕事増え、フォークリフトで再編効果。会社計画は最低線、営業益続伸。

2009年以降、上値を400円水準、下値を270円水準とするボックス相場入り。この中で昨年11月13日の315円を安値に反発、11月22日の364円で買転換が出現し、アベノミクス相場にサポートされてボックス相場を上に抜き、今年5月23日には765円まで上昇しました。ここを当面のピークに日経平均の急落と円高へのブレを受けて下落となり、6月21日には、昨年7月25日の288円から今年5月23日の765円までの上昇幅の1/2押し(527円)水準の513円まで下げて反発し、7月18日には658円まで上昇しました。しかし、再度の日経平均の急落につれ安し、7月31日に527円まで下げて反発しているところです。ここでは2つの投資スタンスが考えられます。この銘柄は日経平均に連動していますので、日経平均が現在の三角保ち合いから上放れて上昇する場合と、下放れる場合です。

三菱重工業

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「柴田法則」個別銘柄分析8月第2週

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「柴田法則」個別銘柄分析8月第2週

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。