facebook twitter
「柴田法則」個別銘柄分析10月第4週
出島 昇
柴田法則個別銘柄分析
柴田罫線をよく知っていただくため、毎週5銘柄の柴田罫線による分析をご紹介します。銘柄は東証1部の銘柄を中心に直近の出来高上位銘柄や話題になっている銘柄、又、柴田罫線の法則がわかり…

「柴田法則」個別銘柄分析10月第4週

2012/10/22
サンケン電気、新日鐵住金、コジマ、ソフトバンク、ミツミ電機
facebook twitter メールで送る 印刷

6707 サンケン電気 東証1部

四季報秋号によると、半導体デバイスは中国の白モノ関連遅れぎみ。だが、エアコン用の新規案件が後半寄与。主力の車載用も増勢。テレビ関連縮小しミックス改善。前工程の大口径化でコスト減進展。純益大幅増。増配。

チャートの形では、昨年11月24日の235円を安値とする緩やかな下値切り下げと今年4月2日の408円を高値とする急角度の上値切り下げで下向きの先細三角形となっており、その煮詰まったところで10月11日の218円を安値に反発となって、10月15日に249円で買転換出現となっています。日経平均が底打ちの形となっていれば現水準から買っていくところですが、日経平均は単なる買い戻しによる反発の可能性が高いので、230円台の押し目待ちとなります。

このまま上昇しても9月19日の269円が目先の上値抵抗ラインになる可能性がありますので、このまま上昇すれば見送りとなります。9月19日の269円を突破すれば上放れが確実な形となりますので、その後の押し目買いを考えることになります。

サンケン電気

5401 新日鐵住金 東証1部

四季報秋号によると、住金との10月合併で売上高7,400億円、営業益470億円上乗せ。薄板が自動車向け数量回復。が、造船向けなど厚板縮小。販価も軟化。在庫評価損300億円。増益幅縮小。株評価損と工場減損。

チャートをみると、現在は2010年1月12日の395円からの下降トレンド(A)の中にあります。この中で、2011年11月22日に165円の安値をつけた後は下げ角度を緩やかにし(B)、一旦今年2月27日の245円まで上昇した後は再下落となって7月25日の143円まで下落し、143~183円のボックス圏の動きとなっています。9月3日に144円をつけて9月19日に177円まで反発し、10月4日に153円まで押し目を入れ、本日は178円まであって△2の176円となりました。日経平均に連動して上昇していますので、日経平均の目先の上値(最大で9,000円)を想定すれば6月21日の183円を突破するのは難しいと思われます。現水準から上はカラ売り有利と考えられます。

新日鐵住金

7513 コジマ 東証1部

四季報秋号によると、2013年8月期は12カ月決算復帰。不採算店20超を大量閉鎖。出店は流動的。店舗改装と取扱商品拡大テコに既存店落ち込み緩和。ビックとの共同仕入れで粗利率上向く、不採算店閉鎖も効き営業益浮上。

10月10日に2013年8月期の連結最終益が23億円の黒字になる見通しと発表。2012年4-8月期の赤字から黒字へ転換する見込みとなり反発。

チャートをみると、2011年3月1日の614円を高値とし、3月15日の377円を安値とする三角保ち合い(A)を形成。この煮詰まったところで、今年2月2日の530円を高値に反落となり、2月15日の495円で売転換が出現し急落となりました。この下落は下降トレンド(B)を形成しており、この中で9月7日の198円、10月10日に193円と年初来安値を更新したところで引け後に黒字転換が発表され、10月11日には△20の215円と反発しました。2日間202円まで押し目を入れて10月16日に217円で買転換が出現し、下降トレンド(B)を横に抜けつつあります。9月14日の228円を終値で抜けると上放れとみることができます。

コジマ

9984 ソフトバンク 東証1部

三尊天井を形成して10月5日に3,050円で売転換が出現し、10月12日(金)に総額2兆円必要な買収発表を嫌気して反落し、「窓空け」といって値がつかないままの下げとなって前日比▼16%の2,395円で引けました。

5月30日に2,402円で買転換が出現して9月19日の3,335円まで3カ月半近く上昇しており、この間に買った人はほとんどマイナスとなりました。10月15日に2,200円まで下げて大商いとなっていましたので、日経平均の反発と共に大幅リバウンドとなりました。10月15日(月)の時点で、この日の終値(2,268円)水準から下があれば買い下がりとしましたが、翌日16日(火)は窓を空けての上昇となり、本日18日(木)は、2,685円まであって▼25の2,600円で引けました。

売り方の買い戻しと新規の買いで大きなリバウンドとなりましたが、今回の下げは安値圏での日柄調整が必要ですので、2,700円水準から上はカラ売り有利となります。大きくは、2,650~2,800円水準がカラ売りゾーンとなります。100株単位で買えますので、2,650円水準から50円刻みで買い上がってみるところだと思われます。

ソフトバンク

6767 ミツミ電機 東証1部

四季報秋号によると、スマホ部品は一部受注遅れ上期想定に届かないが、新製品で需要急増のゲーム機関連とともに、下期大幅増。車載向け好調持続。前期の構造改革で労務費21億円減。不採算事業撤退も貢献。営業益浮上。構造改革・減損関連特損消える。復配。

  • 9月18日発表:中国・青島市で反日でもの影響で製造子会社が稼動停止

東日本大震災直後の2011年3月15日の816円まで急落後4月4日の1,121円まで自律反発し、その後は下降トレンド(A)となり、この中で11月24日に462円で一旦の底打ちとなりました。ここから短期の上昇トレンド(B)となって、今年3月21日の825円の戻り高値をつけたあと6月4日の490円まで大幅下落し、その後は下降トレンド(C)となっていました。この下降トレンド(C)の中で400円が強力な下値抵抗ラインとなり、9月6日の403円、9月27日の400円、10月11日の401円と3点底となって下降トレンド(C)を横に抜け出し、10月18日に461円で買転換出現となりました。押し目買い有利の形ですので、398円を終値で切ると損切り前提に買ってみるところだと思われます。

ミツミ電機

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「柴田法則」個別銘柄分析10月第4週

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「柴田法則」個別銘柄分析10月第4週

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。