お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「柴田法則」個別銘柄分析2月第2週
出島 昇
柴田法則個別銘柄分析
柴田罫線をよく知っていただくため、毎週5銘柄の柴田罫線による分析をご紹介します。銘柄は東証1部の銘柄を中心に直近の出来高上位銘柄や話題になっている銘柄、又、柴田罫線の法則がわかり…

「柴田法則」個別銘柄分析2月第2週

2012/2/13
出島昇氏が「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいります。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter 印刷する

6490 日本ピラー工業 東証1部

四季報新春号によると、半導体業界向けビラフロン下期減速。ただ、柱のメカニカルシールが震災復旧向け想定超。フッ素樹脂など原材料上昇あるが、減益幅縮小。13年3月期はメカニカルシール増産効き、反転増。

2010年10月20日の378円からの上昇で2011年2月21日の840円まで短期で2.2倍化。ここをピークに高値圏のもみあい中に3月11日の大地震が発生し、3月15日の531円まで急落。5月9日の791円まで戻すものの急激な円高を受けて再急落し、8月24日に442円まで下落しました。その後、安値圏(440~500円)でのもみあいが続き、11月11日に431円で二番底をつけて短期の上昇トレンド(B)を形成し、今年1月11日に580円をつけてやや上向きの横もみ(C)となって昨年2月21日の840円からの下降ライン(A)にアタマを押さえられ、2月3日に560円で売転換出現となっています。このまま、押し目浅く反発し、1月23日の585円を上に抜ければ1月11日の580円、1月23日の585円、2月3日の582円の小さな三尊天井を抜けることになるので、一段高となって昨年7月4日の650円を試す動きとなります。

日本ピラー工業

6632 JVCケンウッド 東証1部

四季報新春号によると、タイ洪水で売上高、営業益20億円の下押し要因。円高逆風。カーエレ苦戦。業務用無線改善と構造改革効果でこなすも増益幅縮小。リストラ特損ナシ。2013年3月期は災害影響なくカーエレ上向く。

2010年8月25日の201円を安値に上昇トレンド(A)を形成し、この中で2011年3月10日の500円まで上昇。3月11日に大地震が発生して3月15日の324円まで下落し、戻りを試すものの上昇トレンド(A)を切ったことで7月27日の459円が戻り高値となり、その後は急激な円高を受けて10月5日の249円まで下落しました。ここから反発して11月9日の339円、12月6日の330円と二山形成してまで押し目を入れて再上昇し、三角保ち合いを上に抜け、2月2日に339円で買転換しました。押し目買い有利と考えられます。

JVCケンウッド

5803 フジクラ 東証1部

四季報新春号では、タイのFPC主力工場群が浸水し、生産再開は早くて2月。休業人件費負担巨額。復旧費用特損等で最終赤字。13年3月期も前半は影響残る。2月6日(月)に2012年3月期の連結最終益が90億円の赤字見通しを発表。しかし、未定としていた期末配当を25円にすると発表。2月7日(火)は悪材料出尽くしで264円まで上昇し、△9円の250円と反発しました。

チャートをみると、リーマンショック後の安値2009年3月3日の202円を底に急騰し、この年の8月4日の544円まで上昇。高値圏でもみあって2010年4月1日に549円とダブル天井の形を作って下降トレンド(A)となりました。この中で、タイの洪水が直撃し、2011年11月22日に205円まで下落するものの、2009年3月3日の202円を切らずに緩やかな上昇トレンド(B)となっています。この上昇トレンド(B)の中で、11月22日の205円、今年1月18日の211円とダブル底となり、上値では12月7日の246円、1月26日の250円とダブル天井となっていたところを2月7日に250円で買転換して上放れしつつあります。

フジクラ

6952 カシオ計算機 東証1部

四季報新春号では、主力の時計は上期震災からの戻り想定超。電子辞書堅調で前期の新事業先行費用消減となっていましたが、2月1日の決算発表では、今期連結最終益100億円の予測が20億円に下方修正となりました。しかし、底値圏でもみあっており、2月2日に434円の安値をつけて悪材料出尽しから反発となっています。

2009年8月31日の939円の高値から下降トレンド(A)の中にあります。この中で、2010年6月30日の525円まで下げて上昇トレンド(B)を形成していましたが、2011年3月9日の742円まで上昇したところで、3月11日の大地震が発生し、ここから下向きの先細三角形(C)となりました。この煮詰まったところで横に抜けて9月29日に508円の高値をつけてもみあいとなり、11月10日の431円、今年1月6日の431円、2月2日の434円と三点底をつけて2月8日に494円で買転換出現となっています。ただし、三点底が確定するには、昨年9月29日の508円を終値で上に抜ける必要があります。決算発表で下方修正となって悪材料出尽しの動きとなっており、2013年3月期は新興国需要好調見通しですので、508円を抜けてくることが期待されます。ただし、あくまでも戻りは限定的と考えられます。

カシオ計算機

6768 タムラ製作所 東証1部

四季報新春号では、完全子会社化した光波のLEDが照明・自販機の省エネ受け好調。利益主柱の電子化学実装も下期拡大。タイ浸水で客先需要に不安残すが、原料高消化し営業益復調。13年3月期はHV部品など戦略製品拡大し、増収増益見通し。

チャートをみると、2009年7月6日の442円の高値からの下降トレンド(A)の中で、2010年11月1日に195円の安値をつけ、2011年2月14日の279円まで戻し、もみあっているところで3月11日の大地震が発生して3月15日の144円まで下落。ここから反発して4月15日の283円まで上昇し、250~270円台のもみあいが続くが、6月13日の273円の高値をつけたあとは急激な円高を受けて再下落し、10月5日の174円の安値をつけました。ここで174円を安値として10月28日の214円を高値とする三角保ち合い(B)となり、今年1月18日に217円で上放れとなって1月20日に228円まで上昇して押し目を形成しています。

タムラ製作所

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「柴田法則」個別銘柄分析2月第2週

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「柴田法則」個別銘柄分析2月第2週

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。