お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第129回GW終わり円安・メタル安 ほか
池水 雄一
他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!
Bruce(ブルース)レポートとは、金取引の第一人者、一貫して貴金属ディーリングに従事し、世界中のブリオン(貴金属)関係者の間でも名を馳せた池水雄一氏が執筆する、金融会社・貴金属…

第129回GW終わり円安・メタル安 ほか

2017/5/9
今週は42ドルとゴールドは大きく下げた一週間となり、3月の前半の1,250ドルから1,200ドルまでの下げ以来の下げとなりました。地政学的緊張の緩和、ドル高、株高からのゴールド売りが、1,260、1,250、1,240ドルと心理的なサポートをブレイクしたところで、売りが売りを呼んだ形となりました。
facebook twitter 印刷する

図:NY金 先物 (期近)日足チャート
単位:ドル / トロイオンス

出所:マーケットスピードより楽天証券作成

GW終わり円安・メタル安(2017年5月8日(月)掲載分より)

今週は42ドルとゴールドは大きく下げた一週間となり、3月の前半の1,250ドルから1,200ドルまでの下げ以来の下げとなりました。地政学的緊張の緩和、ドル高、株高からのゴールド売りが、1,260、1,250、1,240ドルと心理的なサポートをブレイクしたところで、売りが売りを呼んだ形となりました。米国の債務上限問題が9月まで先延ばしとなったこと(議会が1.1兆ドルの歳出に合意)、水曜日のFOMCでは、第一四半期の弱い数字には楽観的で、6月の利上げを強く意識させる内容でした。これが一段のドル買い、ゴールド売りに拍車をかけました。金曜日に発表された雇用統計は、NFPが21.1万人増と市場予想の18万人を上回り、失業率も4.4%と16年ぶりの低水準となったことから、さらに利上げの予想が強くなりました。しかし、この雇用統計のよい数字にもかかわらず、ゴールドはそれ以上下げることがなかったことが印象的でした。とりあえずの利食い損切りの売りは一巡したのかもしれません。

今朝は早々にマクロン大統領誕生が確定、39歳という若い大統領となりました。(自分がとても歳をとったような気がします。)親EUのマクロン氏がルペン候補に圧倒的な差で勝ったことは、とりあえずの安心感を市場に与えますが、これはほぼ織り込み済み、結果がわかったあとのオセアニア市場ではドルが若干強くなりましたが、目だった動きではありませんでした。

GW中は下げるばかりであったメタルですが、唯一違う動きをみせたのが、パラジウム。週後半に大きく上げて戻しました。やはりドル高によりゴールドが下げても、需給を考えるとパラジウムはそこまで売れないということでしょうか。プラチナにも似たような動きが木曜日金曜日とあり、下げ止まっています。プラチナのNymex投資家のロングポジションが大きく解消されており、もはや売り圧力もなくなってきていると思われ、900ドルは底値っぽい気がします。

それと好対照なのはやはりシルバー。過去最大にまで膨らんでいた投資家ポジションからの売りが出続けています。一時10万ロットまで膨らんでいましたが、現在56,000枚。ほぼ半減まで売りが出ました。しかしまだもう少し売り余力はあるかもしれません。16ドルちょうどくらいまでの下げはまだ可能性ありですね。

拡大するゴールド・プラチナスプレッド(2017年5月8日(月)掲載分より)

プラチナとゴールドの値差が広がる勢いが衰えません。連休中には一時349ドル(円建てグラムで1,260円!)まで広がる場面がありました。現在、ドル建てで315ドル、円建てで1,130円のゴールド高・プラチナ安です。今年はこのスプレッド拡大方向にあるとこれまで書いてきましたが、プラチナの900ドルでそろそろ底をうつとすれば、このスプレッドもある程度最大の逆転幅に近づいているのかもしれません。ただ急速に大きく戻るという動きは期待できないだけに、あせる必要はないかもしれませんが。これ以上の値幅拡大も簡単ではないと思います。個人的にはこのあたりで長期的なポジション(プラチナ買い・ゴールド売り)をいれてもいいかなと感じてきました。長期的には、ですけどね。

シルバー&プラチナ下落続く(2017年5月2日(火)掲載分より)

昨日はメイデイでマーケットの多くがお休みでしたが、東京とニューヨークはオープン。ニューヨークが始まるまでは、東京で売りが先行、そしてロンドン休みのあと、ニューヨークが始まりましたが、なにも目立った材料がない中、株価の堅調、そしてドルも堅調なことから、ニューヨークでも売りが先行する流れになったようです。シルバーとプラチナ、この二つのメタルが全く同じ形で、過去10日間はまっすぐ下落が続いており、昨日は、またもう一段下げが加速されたことが、とうとうゴールドにも影響してきたのだと思われます。シルバーは17ドルも割り込みました。やはりComexの歴史的に巨大なサイズの投資家ロングポジションからの売りはまだまだ続いているようです。

シルバーに関して(2017年5月2日(火)掲載分より)

シルバーは最大の懸念である史上最大の投資家ロングポジションがやはり重くのしかかってきました。そこからの売りが続き先週に続きシルバーは下落の一途をたどっています。Comexの投資家ロングポジションは91,000枚から79,000枚まで減少し、12,000枚程度の売りが今週出たことになります。そしてまだまだその売りが続くと考えるとまだまだ下値は覚悟する必要がありそうです。金銀比価は73.70とこれもまた上昇、さらにシルバーが割安となっています。ふたたび80:1というレベルを見る可能性がありますね。引き続きシルバーは弱気が続きそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第129回GW終わり円安・メタル安 ほか

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第129回GW終わり円安・メタル安 ほか

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。