お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ゴールド安定で年末へ? ほか先週の振り返り
池水 雄一
他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!
Bruce(ブルース)レポートとは、金取引の第一人者、一貫して貴金属ディーリングに従事し、世界中のブリオン(貴金属)関係者の間でも名を馳せた池水雄一氏が執筆する、金融会社・貴金属…

ゴールド安定で年末へ? ほか先週の振り返り

2017/12/19
・ゴールド安定で年末へ?
・パラジウムがまた上昇
・FOMCでゴールド上昇
・FOMC待ち
・プラチナ・パラジウムさらに差が広がる
・金銀比価80:1に
facebook twitter 印刷する

ゴールド安定で年末へ?

2017年12月18日(月)掲載分より

 FOMC(米連邦公開市場委員会)後のゴールドはしっかり。とりあえずFOMC前の1,240ドル割れのレベルでゴールドは底を打った雰囲気になってきました。今週からは実質的にクリスマス休暇入りになります。このまま年越えでしょうか。それともまだ波乱があるのでしょうか?

 プラチナがゴールドに従って少し値を戻しました。逆にパラジウムは若干下落。そのため、久しぶりに値差が少し狭まりました。

 そんな中、このところじわじわと上がっているのがロジウム。パラジウムと同様に需給がタイトです。そもそもの生産量がパラジウムやプラチナの1/10程度しかありません。本当に必要となれば上上昇する可能性大。主な用途はやはり自動車用の触媒です。

 

パラジウムがまた上昇

2017年12月15日(金)掲載分より

 FOMCを終えて、ゴールドは1,250ドルを割り込むことなく、とりあえずはまずまず、FOMC前に底値を確認したような動きとなりました。

 昨日もっとも目立ったのは、またパラジウムが大きく上昇したことでした。1,010ドルから1,039ドルまでニューヨークで上昇。プラチナとの値差は150ドルを超え、プラパラ比も1対0.85となり、その差は広がる一方です。

 そしてプラチナはパラジウムだけでなく、ゴールドとの差もさらに広がって370ドルとなり、史上最大のスプレッド(ゴールド高・プラチナ安)を更新しています。円建てで1,340円もプラチナがゴールドよりも安くなるとは誰が想像したでしょうか?ゴールドしっかり、パラジウムめちゃ強、でもプラチナ自体がめちゃ弱です。僕のプラチナ・パラジウム逆転予想は、パラジウムが上がって、プラチナは上がらないというベースだったのですが、プラチナが下がるという構図は予想以上でした。

 しかし、実は一つとてもポジティブであるはず材料はあるのです。それは南アランド。ランドが11月半ばから急騰しています。ところが、ランド高で本来上がるべきプラチナが今回に限り下がるという、これまた踏んだりけったりの状況になっています。

 

FOMCでゴールド上昇

2017年12月14日(木)掲載分より

 注目のFOMCでしたが、予想通りの0.25%の金利上げ。そしてインフレへの言及は 「ゆるやかな(inflation remains surprisingly tame) なものである」とし、これがゴールドの買い、ドル売りへとつながっています。ゴールドは1,245ドルから1,255ドルへ10ドル上昇、ドル円は113.50から112.50へ1円の円高となりました。FOMCが終わってゴールドが上昇、ほぼほぼここまでは予想通りの展開でしょうか。ただ大騒ぎするような大きな動きでもないので、まだ年末年始にむけてどちらに行くかわからない感じです。昨年はここからもう一段下がってから上昇が始まりました。

 シルバーがやはり割安だっただけあり、率にするともっとも上がっています。でもプラチナは相変わらず。ゴールドとのスプレッドも368ドルと過去最大のレベルまで広がっています。

 

FOMC待ち

2017年12月13日(水)掲載分より

 明日の早朝のFOMC待ちですが、相変わらずの株高、ドル高でゴールドは一時1,240ドルを割り込み1,236ドルまで下げました。しかしその後はドルの下落に反応し1,244ドルまで値を戻して終わりました。明日の朝、イエレン議長の最後の記者会見がどのようなものになるのか、そこでマーケットはどういう反応を見せるのか、ですね。

 

プラチナ・パラジウムさらに差が広がる

2017年12月13日(水)掲載分より

 パラジウムがしっかりと言うべきかプラチナが弱いというべきか。たぶん答えはその両方でしょう。プラチナとパラジウムの値差は135ドルまで広がり、プラパラ比価は1対0.86とこれまでの最低となっています。パラジウムがしっかりなのは予想通りなのですが、プラチナが逆にこれだけ下げ続けるのはちょっと想定外です。プラチナ・パラジウムの逆転は、数年前からの予想通りですが、これほど大きくなっていくとは思っていませんでした。

 

金銀比価80:1に

2017年12月12日(火)掲載分より

 株価の上昇が続いています。このリスクオンはやはりメタルにとっては厳しい状況です。メタルにお金が回ってこないですね。ニューヨークであったテロ騒ぎも被害者がいなかったこともあり、マーケットにはほとんど影響していません。FOMCの政策金利発表はあさって木曜日の日本時間朝4時、イエレン議長の最後の記者会見は4時半から。

 シルバーがゴールドよりも弱いです。金銀比価は79対1ともう80が目の前というレベル。下げるときはシルバーの方が大きく下げ、上げるときは逆にそこまで着いていかないという状況がつづいています。金銀比価の流れを見ると2000年以降は80対1に達したのは3回だけです。そしてその度に大きくその修正が入っています。やはりゴールドの80分の1というのはいくらなんでもシルバー安すぎと考えています。ちなみに過去30年の平均は66対1、最大で100対1、もっとも近づいたのが30対1。

 

[連載終了のお知らせ]

当連載を2017年末にて終了させていただきます。長期にわたり、ご愛読いただき誠にありがとうございました

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいゴールド安定で年末へ? ほか先週の振り返り

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ゴールド安定で年末へ? ほか先週の振り返り

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。