facebook twitter
下落相場の長期保有はなぜ不利か?-上昇・下落を「率」で考える
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

下落相場の長期保有はなぜ不利か?-上昇・下落を「率」で考える

2011/9/29
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

下落相場での長期保有が含み損の増大につながる

バブル崩壊から20年以上たちましたが、日本株の長期的な下落はまだ終わる気配をみせていません。高値掴みした株が塩漬けになっていたり、高値からの下落途中で「そろそろ買い時」とナンピン買いしたものの、さらなる下落で手も足も出なくなっている個人投資家も非常に多いことでしょう。

至極当然のことですが、日本株は長期的な下落相場にあるのですから、いわゆる「バイ・アンド・ホールド」の長期保有、長期投資をしていては含み損が増える一方です。

しかし、いつかは長期的な下落相場も終わり、上昇相場へ転じることでしょう。その時に含み損を抱えた塩漬け株を持ち続けることがどれだけ不利になってしまうかを、株価の「下落率」「上昇率」という切り口から考えてみたいと思います。

下落率が大きいほど株価の回復は難しくなる

実は、ひとたび大きく下落した株価が元の水準に戻るためには、下落時をはるかに超えるパワーが必要になるのです。これは、下落と上昇を「率」で表してみるとよく分かります。

例えば、1,000円で買った株の株価が500円になると、下落率は50%です。しかし、500円まで下落した株価がもとの1,000円に戻るためには、100%の上昇率が必要となります。下落率と同じ50%の上昇率では、750円までしか戻ることができません。

そして、下落した株価が元の株価へ戻るために必要な上昇率は、下落率が大きければ大きいほど加速度的に大きくなります。

買値1,000円の株価が20%下落して800円になった後、再び1,000円に戻るためには25%の上昇率が必要です。でも、買値1,000円の株価が90%下落して100円になってしまったなら、これが再び1,000円に戻るためにはなんと1000%の上昇率が必要となるのです。株価が10倍にならないと損益がトントンにすら達しない、と考えるだけで目まいがしてしまいそうです。

1,000円で買った銘柄の下落が800円程度で収まれば救われますが、下落が止まらず100円まで下がってしまうと、買値まで戻ることは非常に大変であることがわかります。

そして重要なのは、ひとたび下落が始まると、800円で止まるか、100円まで下げ続けてしまうかは誰にも分からない、ということです。

大幅下落銘柄も「損切り→買い直し」でリカバリー可能

しかし、1,000円から株価が10分の1の100円に下がっても、そこから2倍程度の上昇(上昇率100%)ならそんなに難しいことではありません。

早めに損切りを実行し、下降トレンドが止まるまで静観を続けていれば、その後の3カ月程度の短期間の上昇局面を狙うだけでも、十分にリカバリーが可能です。

1,000円で1,000株買った株を910円で損切りし、その後100円で底打ちした後の130円で7,000株買い直せば、底値から2倍の200円に上昇しただけで、当初の投資資金100万円が140万円に増加します。でも、損切りせず持ち続けていたならば、いまだに含み損が80万円残った状態です。

もしも130円で買い直し後に株価が1,000円まで戻ったとしたら、投資資金は7倍の700万円になるのです。でも、持ち続けていればやっとプラスマイナスゼロになるに過ぎません。

図表をご覧ください。株価が買値から値下がりしたとき、「持ち続けるか」「一旦損切りして買い直すか」という選択の違いによって、株価底打ち後の投資成果にこんなにも差が出るのです。

図表

(当初投資金額100万円) 株価200円まで回復 株価1,000円まで回復
910円で損切り→130円で買い直し +40万円 +600万円
そのまま保有 △80万円 ±0
差額 120万円 600万円

買値から値下がりした株を損切りせずに持ち続けることがいかに不合理であるか、よくお分かりいただけるのではないでしょうか。

2つのルールを実行することが勝ち組の条件

バブル崩壊から20年以上下げ続けた日本株ですが、しっかりと利益をあげてきた個人投資家も決して少なくありません。失敗と成功、それを左右するのは「下降トレンドの時は株を保有しない」「早めの損切りを徹底する」という2つのルールを実行できるかどうかです。

「買値を下回っている限りは売ると損をしてしまうので売らない」、これには一理あるようにも思えますが、実は下落終了時の底値からの反発のことまで含めて考えると、逆に損をしてしまう可能性が高いのです。

もちろん、この20年以上に及ぶ下げ相場であっても、株価が大きく上昇する銘柄もありました。そうした銘柄を選んで投資すれば「バイ・アンド・ホールド」の長期投資も有効ですが、そのような銘柄を事前に察知するのは非常に難しいのが現実です。銘柄選びももちろん大事ですが、それ以上に2つのルールの重要性を理解し、実行することが大事です。

やり方さえ間違わなければ、長期的な下落相場でもしっかりと利益を出すことができる、これが筆者から皆様にお伝えしたいメッセージです。

◆◇◆ 足立武志の連載コラムの読者100名様へプレゼント ◆◇◆

足立武志の連載コラム「知って納得! 株式投資で負けないための実践的基礎知識」は、おかげさまで100回を迎えることが出来ました。ありがとうございます。
これを記念いたしまして、先着100名様に簡単株式投資分析ツール・マーケットチェッカー2の今年12月31日までの使用権をプレゼントいたします。ご希望の方は「株式会社マーケットチェッカー」のサイトにアクセスしてください。

上記のページからマーケットチェッカー2をご利用になる場合は、アクセスキー、メール等の登録は必要ございません。
なお、遷移先の上部メニュー(「ご案内」「機能」など)から他のページに飛んだ場合は、ご自身のブラウザーの「戻る」機能でしか最初の「キャンペーンのご案内」ページに戻れませんのでご注意ください。

マーケットチェッカー2は「株式会社マーケットチェッカー」が提供するサービスです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください下落相場の長期保有はなぜ不利か?-上昇・下落を「率」で考える

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

下落相場の長期保有はなぜ不利か?-上昇・下落を「率」で考える

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。