facebook twitter
総復習・長期上昇相場の安値圏で上手に買い仕込むコツ
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

総復習・長期上昇相場の安値圏で上手に買い仕込むコツ

2011/7/21
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

長期上昇相場こそが個人投資家にとって最大のチャンス

株式投資ではデイトレードをはじめとした短期売買でも利益を得ることは可能です。しかし、短期売買で成果を出すのは皆さんが思っているよりも難しく、高いテクニックとセンスが必要です。一般の個人投資家が一度にまとまった利益を得ることができる最大の機会は、やはり「長期上昇相場」です。

直近では、2003年4月の大底から2006年初めのライブドア・ショックまで、3年弱の長期上昇相場がありました(日経平均株価の高値は2007年2月ですが、大部分の個別銘柄は2006年初めに高値をつけています)。この時は簡単に資産を2倍にすることができ、資産を10倍、100倍にまで増やす個人投資家も大勢現れました。

長期上昇相場の初期段階で買い仕込むには

しかし、いくら長期上昇相場といっても、その終盤に買ったのでは利益を得ることができないどころか、下手をするとその後の下落で多額の含み損を抱えてしまうことになりかねません。

そこで、日経平均株価が7月に入り震災後の戻り高値を更新し、長期上昇相場入りの可能性も見えてきたこの機に、今までのコラムの復習も兼ねて、いかにして長期上昇相場の初期段階で買い仕込むかを考えてみたいと思います。

個人投資家の誰もが簡単に実践できるのが、株価と移動平均線との組み合わせで買いタイミングを把握する方法です。

具体的には、日足チャートで株価が25日移動平均線を上回ったときが重要な買い時です。このとき25日移動平均線自体も上向きになっていることが必要です。

もし、株価が25日移動平均線を上回っても、移動平均線自体が下向きだと、多少株価が反発した後、再び下落してしまうことが結構あるからです。

移動平均線の向きは、株価の先行きの方向性を示していると思ってください。

実際の株価チャートで買いタイミングを確認

実際の株価チャートに照らし合わせてみましょう。

(1)の箇所では、株価が25日移動平均線を超えていますが、25日移動平均線自体が下向きのままです。損切り価格をしっかり設定するのであれば、ここで買ってもよいですが、あまり無理をするポイントではありません。

これに対して(2)の箇所は、株価が25日移動平均線を超え、さらに25日移動平均線自体も上向きに変化しています。したがって、絶好の買いポイントとなります。

筆者個人としては上記(2)が最強の底値圏買いタイミングと考えていますが、「そのタイミングで買いそびれてしまった」という場合もあるでしょう。そこで、(2)以外の買い時も示しておきます。

1つはA(一番底形成後の高値)を超えた直後の(3)のタイミングです。もう1つは、Aを超えて上昇したあとの押し目(4)です。

さらにそこから上昇を続けて本格的な上昇相場となる場合は、押し目買いが基本となりますが、底値からの上昇率がそれほど高くなければ押し目を待たずに飛び乗ってしまうのも手です。

日足チャートだけでなく週足・月足チャートでも適用可能

なお、ここまでの説明では基本的に「日足チャート+25日移動平均線」を用いて買い時を見極めていますが、これを「週足チャート+13週移動平均線」や「月足チャート+12カ月移動平均線」に置き換えることも可能です。毎日株価の動きを逐次チェックする時間がない、という方は、日足でなく週足チャートを用いるのも悪くありません。

ただし週足や月足を使う場合は、日足に比べて買い時のタイミングが遅く出る(つまり日足の場合よりも高い株価で買うことになる)のと、株価と移動平均線の関係を用いた売却基準を用いて損切りを実行すると損失率が非常に大きくなってしまう恐れがある点には注意が必要です(後者の注意点については次回ご説明します)。

2003年中ごろ~2006年初頭まで続いた長期上昇相場では、多くの個別銘柄が大きく上昇しました。それから5年以上経過し、いつ長期上昇相場が再びスタートしてもおかしくありません。大きな利益を得る大チャンスとなる長期上昇相場を逃さないよう、定期的な株価チャートのチェックは怠らないようにしたいものです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください総復習・長期上昇相場の安値圏で上手に買い仕込むコツ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

総復習・長期上昇相場の安値圏で上手に買い仕込むコツ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。