facebook twitter
「長期投資」を言い訳にしていませんか?
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

「長期投資」を言い訳にしていませんか?

2010/7/8
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

なぜ長期投資は個人投資家に受け入れられるのか

株式投資は長期投資が基本、とアドバイスする専門家やアドバイザーは結構多いと感じるのは私だけでしょうか。そして、それを実践する個人投資家も数多くいるように思います。では、なぜ長期投資が個人投資家に受け入れられやすいのでしょうか?いろいろ理由はあると思いますが、筆者は以下の2点が大きいと思います。

1つには、長期投資の投資哲学に共感を覚えやすい、という点があります。
「投資家が企業の株を買って長期投資すれば、企業を応援することにつながり、その行動が経済の発展にも役立つ。しかし短期売買は利益だけを追い求めた単なるマネーゲームであり、ギャンブルと変わらない。」と個人投資家に説く専門家やアドバイザー。この考え方に賛同する個人投資家も多いようです。

2つには、根強い「右肩上がり信仰」があります。
専門家だけでなく、個人投資家の多く、特に中高年以上の方にはその人生経験に基づき、株価は長期的に右肩上がりに上昇するもの、という先入観があるようです。実際、戦後数多くの暴落を乗り越え日経平均株価は上がり続けました。それは平成バブル崩壊以前まで続きました。したがって、短期間の投資では大きく損をすることもあるが、長期投資をして長期間株を持ち続ければ最終的には報われる、という心理が根底にあるようです。

長期投資が大失敗を誘発する?

しかし、いくら投資哲学として長期投資が素晴らしいとしても、過去の傾向が右肩上がりだったとしても、実際に利益を得ることができなければまったく意味がありません。平成バブル崩壊から20年経った今も日経平均株価はピークの1/4以下です。
筆者は、長期投資という考え方こそが、多くの個人投資家が株式投資で大失敗をしてしまう原因になっていると考えています。個人投資家は、このことに早く気付く必要があるのです。
なぜならば、株式投資では絶対に大失敗を避けなければなりません。個人投資家にとって株式投資での大失敗といえば、買った株が買値より大きく値下がりし、多額の含み損をかかえた塩漬け株が発生してしまうことに他なりません。筆者はそう強く考えています。
逆に言えば、塩漬け株の発生を防ぐことができれば大失敗を避けることができるわけです。塩漬け株防止に最も効果的なのは、何といっても早めの損切りです。
ところが、筆者は、長期投資が塩漬け株の発生を助長していると考えます。

長期投資が損切りをしない言い訳になる

投資家は、株価が買値より値下がりしたとき、損切りするかどうかの判断に迫られます。
しかしながら、投資家の多くは、株価が買値より値下がりしてもそれは一時的なものであり、長期的に保有し続ければ値下がりが解消されて値上がりに転じる、としてなかなか損切りを実行しません。また、本当は損切りすべきと頭の中では分かっていても自身のプライドと実現損に強い抵抗があるために、そのまま持ち続け、損切りから逃げています。その際、長期投資を自らに対する損切り忌避のありがたい理由にしている投資家は多いと筆者は思います。
株価が買値から下がったということは見込み違いだったことを表しています。ですから、早めの対応が必要になります。結論を先延ばしにした結果さらに株価が下落して含み損が大きく拡大してしまえばなす術がなくなってしまいます。10年、20年と長期投資を続けても買値を上回るどころかずるずると下げ続けてしまうケースが圧倒的に多いことは、平成バブル崩壊後の日本株の動きをみれば明らかです。傷口が浅いうちに適切な対処をしておく、これが特に日本株の個別銘柄に投資する際には非常に重要です。

「損切り付の長期投資」であればOK

筆者は頭ごなしに長期投資を否定しているわけではありません。しかし、長期投資が大失敗を生み出す大きな要因となっていることはまぎれもない事実です。したがって、大失敗をしないような長期投資を心がけるべきです。それは、「損切り付の長期投資」です。
いくら長期的に有望な会社を見つけたからと言って、その会社の株価が右肩上がりに上昇を続けるとは限りません。隠れた悪材料が露呈して株価が大きく下がってしまう可能性も十分にありますし、高い将来性を信じていても、突然業績が急激に失速してしまうことも珍しくありません。
そのため、将来有望な会社に長期投資すると決めても、「買値から10%下がったら取りあえず損切りする」とか「直近の安値を下回ったら取りあえず損切りする」といった損切りのルールもしっかり決めておくべきです。そうすれば思惑どおり株価が右肩上がりに上昇すればそのまま持ち続ければよいですし、期待に反し株価が値下がりしても損切りの実行によって損失を最小限に抑えられます。そして状況が好転すればまた同じ銘柄を買えばよいのです。長期投資であっても放っておいてよい時代ではありません。選んだ銘柄と自らのルールや市場動向との関係を定期的に確認することは必要です。

バブル崩壊後の日本株の値動きをみても分かるとおり、すでに右肩上がりの相場は終焉しています。「バイアンドホールド」で報われる時代はとっくに終わったのです。確かに右肩上がりに上昇する銘柄も少数ながらあるでしょう。しかし、事前にそうした銘柄を見つけ出すのは非常に困難と言わざるを得ません。
そんな相場環境だからこそ投資の原点に立ち返り、「安く買って高く売る」「株価が下降トレンドにある株は持たない、買わない」ことが重要です。
損切りさえ確実に実行していれば大失敗は防げます。「長期投資で持ち続ければ最後には報われる」という甘い誘惑に負けず、損切りの重要性を理解し、たとえ長期投資目的で買った銘柄であってとしても確実に損切りを実行するようにしましょう。

2010年7月16日(金)「足立武志の無料オンラインセミナー」開催決定!
[日本株] マーケットチェッカー ~株式投資で失敗しないための株価チャート活用法

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「長期投資」を言い訳にしていませんか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「長期投資」を言い訳にしていませんか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。