お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
1銘柄につき2単元以上投資することのメリット
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

1銘柄につき2単元以上投資することのメリット

2010/5/13
資産運用に精通した公認会計士として活躍している、足立武志氏による「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

株価2倍で持ち株の半分を売れば投資元本が回収できる

前回少し触れましたが、よく知られた利食いのテクニックとして「株価が買値の2倍に上昇したら持ち株の半分を売る」というものがあります。
税金や手数料等を無視すれば、持ち株の株価が買値の2倍になったところで売れば、当初の投資元本を回収できることになります。つまり、残りの半分の持ち株は簿価ゼロで保有していることとなるのです。その後いくら株価が下落しようとも、損失が生じることはありません。
将来何が起こるか分からないのが株式投資の世界。投資元本は確実に回収しておこうと考えるなら、有用な方法の1つです。

1銘柄につき2単元以上投資することで選択肢が増える

では、株価2倍になったら半分売るという戦略を実行するために最低限必要なことは何でしょうか? それは「1つの銘柄につき2単元以上投資する」ということです。
「単元(たんげん)」とは上場株式を証券取引所で売買する際、銘柄ごとに定められた売買単位をいいます。1単元が1株の銘柄もあれば、100株、1000株のものもあり、銘柄によってまちまちです。
実は1銘柄につき2単元以上投資することにより、売り時についての選択肢が増えるのです。
上述の買値から株価が2倍に上昇したら半分売るという行動のみならず、持ち株を売るべきか保有し続けるべきか決断することが困難な局面においても非常に有効となります。
迷ったらとりあえず半分だけ売却してみると結構気が楽になるものです。そしてその後の株価の動きにより、残り半分も売るか、保有し続けるか、もしくは売った分を再び買い直すかじっくり考えて決めればよいのです。

保有する単元株数が多ければ行動の幅がさらに広がる

保有する単元株数が多いほど、投資行動のバリエーションが豊富になります。例えば1銘柄につき4単元保有していれば、「売る」「保有を続ける」「4分の3を売る」「半分だけ売る」「4分の1だけ売る」という選択肢が可能です。
さらに、1銘柄につき10単元保有していれば、たとえば株価が買値の2倍になったところで5単元売却して投資元本を確保し、その後さらに上昇して買値から4倍になったときに3単元売却、残りの2単元は将来の株価大化けを楽しみに保有を続ける、ということもできます。
もちろん、これに前回ご紹介した株価チャートを使った売り時のタイミングを組み合わせても結構です。株価が買値の2倍になって持ち株の半分を売却した後、4倍にまで株価が上昇せずに上昇トレンドが終焉したと判断できれば、残り半分の持ち株をその段階で売却してしまってもよいのです。
売却のしやすさという観点からは、株価500円の銘柄を1000株買うにしても、1単元1000株の銘柄より、1単元が100株の銘柄の方が、売却方法のバリエーションが多い分行動しやすいのは間違いありません。特に投資資金の額にどうしても制約のある個人投資家の方は、銘柄選びの際に1単元の株数や、最低投資金額(株価×1単元の株数)も考慮してみてはいかがでしょうか。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください1銘柄につき2単元以上投資することのメリット

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

1銘柄につき2単元以上投資することのメリット

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。