お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【FXデイリーチャート1月31日】76.50円のストップを付け、下値窺う展開へ
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

【FXデイリーチャート1月31日】76.50円のストップを付け、下値窺う展開へ

2012/1/31
経済、金融、投資分野の著名な方々から提供いただいたレポートや、当社独自のレポートを無料で公開。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

【米ドル/円】76.50円のストップを付け、下値窺う展開へ

昨日までの動向

1月 30日 米ドル/円:[始値] 76.676[高値] 76.768[安値] 76.207[終値] 76.313 ※数値はBID値です。

30日米ドル/円は、陰線引けとなりました。

東京市場では、下値76.50円、上値77.00のオーダーに挟まれ動きづらい展開となりました。

欧米市場では、ポルトガル、米国の債券が売られて、ユーロ/円、ドル円の売りにつながり、米ドル/円は76.207まで下落しました。また、株の下落を受けて、USDと円が買われるリスクオフの相場展開となりました。

米ドル/円 直近の値動きと主なイベント

東京市場概況

【米ドル/円】
下値76.50円、上値77.00のオーダーに挟まれ動きづらい展開となりました。朝からEUR売りが目立ち、ユーロ/円は下げるものの、EUR/USDでもUSDの買いが入り米ドル/円は動きづらい展開となりました。

欧米市場概況

【米ドル/円】
アジア、ヨーロッパ株の下落を受けて、EUR,AUDが売られ、USDと円が買われるリスクオフの相場展開となりました。
その後、米国長期債の利回りが低下し、米ドル/円も76.207円まで下落しました。

【ユーロ/円】
ユーロ/円は、陰線引けとなりました。
昨年10/17の高値から今年1/13の安値にあたるフィボナッチリトレースメントの38.2%戻しにあたる、1.3245レベルで上値が抑えられたことから、朝からEURが売られる展開になりました。欧州市場でも、株式軟調、「ユーロ圏がリセッションに陥る危機がある」とのスロバキア中銀総裁からの発言、ポルトガル債の利回り上昇などで、99.971円まで下落しました。
その後、米株が持ち直したこともあり、EUR,AUDなどやや買い戻され、100.28円レベルで引けました。

【豪ドル/円】
豪ドル/円は、陰線引けとなりました。
こちらも、EURと同じ動きを見せ、80.50円を割り込む場面も見られましたが、株式の反発を受け80.85円レベルで引けました。

本日の展望

【米ドル/円】76円サポートされるか

昨日に76.50円のストップをつけて、76.21円レベルまで下落したことで、ここ最近の短期筋の米ドル/円ロングが一旦解消された模様で、さらに、76円から下のレベルは買いが並んでいることや、75円台は心理的な介入警戒レベルでもあることから、大きな下攻めは、考えにくいと思われます。

米ドル/円 日足チャート

【ユーロ/円】今度はポルトガル

昨日ポルトガル10年債利回りが17.39%とユーロ発足後最高となり、マーケットはギリシャが終われば次はポルトガルかと、懸念されてきています。本日は昨日の大幅な下げから、一旦は買い戻されやすい展開になると思われますが、日系企業は3月決算期を控え、実需筋は2桁で売るよりも3桁で売りたい、との心理も働いているようで、上値は実需の売りで抑えられやすくなっている模様です。

ユーロ/円 日足チャート

【豪ドル/円】80円サポートされるか

やはり、ユーロ/円同様の動きになると思われます。80円前半では押し目買いも入っているようです。しかし、短期筋の投げが出やすいレベルであるため、出方を待ちたいところです。

豪ドル/円 日足チャート

ユーロ/ドル 週足チャート ・日足チャート

本日の主な指標

<欧米市場>
【注目度☆ 】東京時間19:00 (EU)失業率         -12月 予想10.4%  前回10.3%
【注目度☆☆ 】東京時間23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 -1月 予想63.0   前回62.5

※注目度は☆☆☆が高 ☆☆は中を示します。

 

参考 一目均衡表の見方については下記をご参照ください。
楽天FXビギナーズガイド

当レポート掲載時間:当日13時頃~翌日正午12時頃まで、当日最新版は13時頃に更新いたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【FXデイリーチャート1月31日】76.50円のストップを付け、下値窺う展開へ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【FXデイリーチャート1月31日】76.50円のストップを付け、下値窺う展開へ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。