facebook twitter
負けにくい運用方法を考える。投資先とタイミングをバランスよく行う「分散投資」
東証マネ部
お金ビジュアル図鑑
直感的に投資がわかる!難しそうな経済情報やマーケット、株式投資、資産運用のノウハウなどを、ビジュアルでわかりやすく解説します。

負けにくい運用方法を考える。投資先とタイミングをバランスよく行う「分散投資」

2017/10/31
投資のリスクをできるだけ抑える方法の一つである「分散投資」について紹介しよう。
facebook twitter メールで送る 印刷

分散投資と時間を味方にしてリスクを抑えよう

「卵はひとつのかごに盛るな」という投資の格言がある。これは、ひとつの金融商品だけに投資をする危険性を示した言葉だ。投資にはリターンがある以上、リスクもある。そのリスクを回避する方法のひとつが、異なる値動きをする金融商品を組み合わせた「分散投資」。

 例えば、一般的に株価が上がれば債券価格は下がる。両方の金融商品を持っておけば、大きな損失を避けられるというわけだ。さらに、日本の株式・債券に加えて、海外の先進国株・債券や、新興国株・債券と地域も分散させることで、よりリスクを分散できる。

 上図は、過去20年間の各年の実績をもとに、日本株式・債券の2資産のみで運用した場合と、日本株式・債券に加えて、(日本以外の)先進国株式・債券、新興国株式・債券のグローバルな6資産に分けて運用した場合の収益比較だ。結果は16対5でグローバルな6資産への分散投資に軍配が上がった。 

  リスクを分散する方法は金融商品だけではない。時間を分散するといった考え方が、「ドルコスト平均法」だ。

 これは、価格が変動する金融商品を、一定の金額で、定期的に購入していく方法。わかりやすくいえば、「毎月10日に1万円分、ある金融商品を購入する」といったルールを決めてしまう方法だ。

 この方法なら、金融商品の価格が高いときは少ししか買えず、安いときにはたくさん買える。長い目で見れば、平均購入単価は平準化。まさに、時間を分散させることができるのだ。これならば、株価が安いと思った時期に集中して購入して、そこからさらに安くなり損失を出すといった事態を防ぐことができる。長期的な運用で資産を形成するなら、覚えておきたい方法だ。

  米国大統領選挙で市場が乱高下したことからもわかるように、金融商品に価格変動はつきものだ。この価格変動だけを取り上げて「投資は怖い」と考えている人がいるかもしれないが、それはやや短絡的。

 上図を見てもわかるように、金融商品の保有期間が過去20年間の場合、リターンはおおむね2~8%で安定。一方、保有期間が5年の場合、元本割れも出現。安定的に投資をするならば、前回コラムで紹介した「複利」効果を用いた長期の運用がオススメなのだ。

記事提供元

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください負けにくい運用方法を考える。投資先とタイミングをバランスよく行う「分散投資」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

負けにくい運用方法を考える。投資先とタイミングをバランスよく行う「分散投資」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。