投資小説:もう投資なんてしない⇒

第5章 分散投資は、個人投資家を堕落させるか、成功させるか

<第1話>猿がダーツで決めたポートフォリオ。あなたは勝てるか?

 今年の梅雨明けは早く、隆一は汗だくになってお得意先を回っていた。あまりに暑いので銀座の喫茶店でアイスコーヒーを注文したところ、「500円です」と言われ、思わず高!と声に出してしまった。マクドナルドだと100円で飲めるのに。

 隆一はせっかく500円も払ったのだからと1時間半も居座り、営業日報をノートパソコンから投げつつ直帰申請をして、新橋の先生のところに向かった。

ストレスフリーの投資はありえるか?

 夕方7時になったのにまだ気温は30度を超えていた。いつもの通り、重厚なドアをノックすると、先生が笑顔で出迎えてくれた。

「この暑い中、よくきたね。君に教えることも後半に差し掛かってきました」と先生は言い、隆一はいつものソファーに腰を下ろした。先生はアイスコーヒーを作ってくれた。

 実は先生、と少し隆一は神妙な顔つきで話し始めた。
「先週、母親から父親にがんが見つかったのという連絡があったんです。ただ初期だったので胃を半分摘出すれば大丈夫だろうということで、少し安心はしたのですが」

「今は2人に1人ががんになりますからね。でも初期で見つかったのは不幸中の幸いですね」と先生は気遣った。

「先生、親父ががんになったと聞いてふと思ったんです。やはり人生、ストレスを溜めないことが大事だなって。投資をもっと勉強したいという気持ちは強いですが、一方で投資をすることがストレスにならないようにもしたいなって」

 隆一は先週の行動経済学を学んで、投資でうまくいくためのポイントは自分自身との戦いだと感じていたが、それに不安も覚えていた。

「それはとてもいい気づきですね。それでは今日はストレスなしに投資をするにはどうしたらいいかを話しましょう」
「先生、そんな方法あるのですか?」
「あります。何も考えずに株式に投資をして、そのことを忘れるのが一番ストレスのない方法です」

「先生、それができたら苦労しませんよ」
「なぜでしょう。資本主義社会において株価というのは長期的に見れば右肩上がりで上がっていくというところの理解はいいですよね?」
「もちろんです。そこの壁に貼ってあるグラフの話ですよね。200年前に1ドルを米国株に投資をしていれば、60万ドルになっているっていう」

 隆一はまるで自分が長期投資で成功したような口ぶりでいう。

「あなたはこの200年間の株式リターンの数字を知っているというのはとてもラッキーですね」と先生は真顔で言った。

「ラッキー、ですか」
「そう、今風に言うなら、<持ってますよ>あなたは」
「でも、誰でも知っているんじゃないですか」
 隆一がまた馬鹿にされているんだと思い、怪訝そうだ。