facebook twitter
人手不足産業にインフレの足音。料金引き上げを通す企業に注目
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

人手不足産業にインフレの足音。料金引き上げを通す企業に注目

2017/9/28
・人手不足が常態化 サービス業にインフレ圧力
・料金引き上げが通るようになった陸運業に注目
・最高益更新でも上値が重くなった建設土木株に改めて注目
・人手をかけずに良質なサービスを量産するITサービス業、ITインフラ構築企業に注目
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

<今日のポイント>

・モノの値段が上がらない時代でも、人手不足産業では料金引き上げが通るようになってきた。料金引き上げに動く陸運業、受注単価改善で業績好調な建設土木業に注目。

・人手不足の中で、効率的にサービスを供給するITサービス業に注目。ITサービス普及でITインフラを構築する企業にも追い風が吹いている。

 

人手不足が常態化 サービス業にインフレ圧力

 日銀は、インフレ目標(年率2%)の達成を、2020年度まで先送りしています。国内でモノの値段が上がらないことに苦しんでいます。

 ただ、目を違うところに向けると、日本で新たなインフレが始まっていることに気づきます。恒常的な人手不足に苦しむ時代になったことを受けて、日本でサービス価格の上昇が始まっているのです。今後は料金引き上げが通る広義のサービス産業(土木建設、陸運、情報通信など)の投資価値が高まると考えられます。

 少子化が人手不足の根本的な原因です。日本の人口構造を見る限り、好不況にかかわらず、今後、慢性的な人手不足が続く見込みです。

<日本の完全失業率(季節調整済)と、有効求人倍率の推移:2012年1月~2017年7月>

出所:完全失業率は総務省、有効求人倍率は厚生労働省、有効求人倍率は新規学卒者を除きパートタイムを含むベース
【注】有効求人倍率:求人数を求職者数で割ったもの。労働需給がひっぱくし、求人数が求職者を上回ると、倍率は1倍を超える。7月の有効求人倍率1.52倍は、求職者1人に対して求人が1.52人分ある状態を示す

 

料金引き上げが通るようになった陸運業に注目

 モノは、一時的に不足しても、すぐに大量生産されて供給過剰になりますが、人手をかけないと供給できない良質な「サービス」は、恒常的に不足する時代になりました。

 ドライバー不足で宅配便がサービスの縮小と、料金引き上げに動かざるを得なくなったことが最近、話題になりました。ネット通販の普及で、陸運業は超繁忙が続いていますが、これまでは過当競争で料金の叩き合いが続いていたため、「利益なき繁忙」に陥っていました。今後は、料金引き上げを通すことで、利益を稼ぐ体質に変わっていくと予想しています。

 ただ、陸運業では、現在は違法残業の撲滅に向けて「働き方改革」を進めているところですので、当面は人件費の上昇が利益を圧迫する見込みです。それでも、料金引き上げが通れば、「利益ある繁忙」に変わっていく可能性があります。

 陸運業では、今期(2018年3月期)会社予想ベースで、経常最高益を更新する見込みの日本通運(9062)センコーグループHLDG(9069)日立物流(9086)などに注目しています。

 

最高益更新でも上値が重くなった建設土木株に改めて注目

 これは、建設土木業界で、すでに経験したことです。建設土木業界は、5年くらい前までは、「利益なき繁忙」に苦しんでいました。仕事量はどんどん増えていましたが、人手不足で工期の遅れと人件費の上昇で苦しんでいました。少し前の陸運業界と同じで、過当競争体質だったので、工事を受注する際に、価格の叩き合いをやっていたことが問題でした。

 ところが、その後、利益が急速に改善し、今、大手ゼネコン各社は軒並み最高益を更新しています。選別受注をはじめ、建設単価が上昇したことが、「利益ある繁忙」に変わるきっかけとなりました。

 建設土木株は、最高益を更新しつつあっても、株価が伸び悩むようになりました。2020年まで、仕事は豊富にあるが、その後は仕事が減るとの懸念があるためです。利益が拡大する中で、株価が伸び悩んできたので、大手ゼネコン株は、PER(株価収益率)で見て10倍前後と、割安なものが増えています。

 建設土木業では、毎期、非常に保守的(低め)の業績予想をたてて、9月中間決算を発表するあたりから、利益の上方修正を発表することが多くなっています。今期(2018年3月期)についても、低めの予想をたて、中間決算発表時に上方修正が予想される企業が増えています。

 安藤・間(1719)清水建設(1803)鹿島建設(1812)などは、今期業績予想の上方修正が予想されるので、少し投資してみても良いと考えています。

 

人手をかけずに良質なサービスを量産するITサービス業、ITインフラ構築企業に注目

 介護・医療・保育・宅配便・外食・建設・健康管理など、人手不足が深刻な分野はたくさんあります。20世紀は、良質な「モノ」をいち早く大量生産する企業が、成長企業となりましたが、21世紀は、良質な「サービス」を大量供給する企業が、成長企業となるでしょう。

 ただし、サービスの供給を2倍に増やすために、人員を2倍に増やさなければならないビジネスは、成長しません。良質なサービスを安価に大量生産するビジネスモデルを作ることが大切です。

 サービスの効率的な大量生産に寄与するもっとも重要な産業が、情報通信産業です。ネット通販で、数々の成長企業が出ていますが、リアル店舗を出店するのにかかるコストを、ネット出店により大幅に削減したことで、成長産業となります。銀行・保険・証券など、さまざまなビジネスがネットで実現しています。交通機関やホテル美容室の予約なども、ネットがリアル店舗の代わりをするような時代です。

 ITサービスが幅広く普及するに伴い、ITサービスの提供・ITインフラの構築は、喫緊の課題です。ITインフレを構築する企業からも、成長企業が出やすくなっています。

 この分野では、野村総合研究所(4307)富士通(6702)NTTデータ(9613)リクルートHLDG(6098)などに注目しています。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください人手不足産業にインフレの足音。料金引き上げを通す企業に注目

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

人手不足産業にインフレの足音。料金引き上げを通す企業に注目

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。