お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
イエレン議長の利上げ肯定で、ユーロ大幅下落
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

イエレン議長の利上げ肯定で、ユーロ大幅下落

2017/9/27
・明日朝は、RBNZが政策金利を発表します
facebook twitter 印刷する

前日(9月26日)の市場概況

ドル/円:イエレン議長は利上げに前向き。ドル/円の反応は限定的

 FRB(米連邦準備理事会)が12月に利上げをするかどうかを巡って、マーケットでは、NY時間のイエレンFRB議長の発言に大きな注目が集まっていました。イエレン議長はこの日の講演で、「インフレが2%に達するまで金利を据え置くのは賢明ではない」との見解を示しました。

 これを利上げのOKサインとマーケットは受け止め、ドル/円は112.46円まで上昇しました。(チャート1)この日のドル/円は、東京時間に111.49円まで下げて安値をつけたあと、しばらく111円台後半で小動き。イエレン議長の発言で買われたものの、大幅上昇とはいかず、112.50円に乗せることができないまま、終値は112.219円(前日比+0.503円)でした。

 

ユーロ:大きく下げる。選挙と地政学リスクが理由

 ユーロは大幅下落。今月の安値を更新して、8月23日以来となる1.1757ドルまで売られました。イエレン議長の発言がドル買いを強め、ユーロ/ドルは対ドルで売られました。(チャート2)ドイツでは先週末に選挙が行われ、メルケル首相率いるCDU(キリスト教民主)・CSU(社会同盟)が、順当に第1党を守りました。

 しかし、難民受け入れに反対する右翼政党AfD(ドイツのための選択肢)も一定の支持を得て、初めて国政の場で議席を確保。今後の政権運営が難しくなるとの見方も強く、メルケル首相の勝利にもかかわらず、選挙後の高値は月曜朝の1.1936ドルにとどまりました。

 もっとも、ECB(欧州中央銀行)会合後に1.20ドル台に戻してからは伸び悩む状態が続いていて、IMM(シカゴ・マーカンタイル取引所にある国際通貨部門)ではすでに買い持ちポジションを減らす動きが目立っていました。(IMMポジション分析)。

 また、ユーロ下落の要因のひとつに地政学リスクもあります。マーケットがドル/円よりもユーロ/円を狙って売ったことが、ユーロ/ドルの下落をさらに強めました。ユーロ/円は、131.74円まで下げて、9月15日以来の水準までユーロ安/円高が進んでいます。(チャート3)

注目イベント:米耐久財受注、RBNZ政策金利 

 今夜は米国の8月耐久財受注が発表されます。もともと変動の大きいデータではありますが、先月の予想外の落込み・マイナスからの反発が期待されています。強い数字は、米国の成長トレンドを示す頼もしい証拠となるでしょう。またRBNZ(ニュージーランド準備銀行)は、明日(28日)に会合を開き、政策金利を現行の1.75%に据え置く予想。選挙後の政治情勢が不透明なことや、ウィーラーRBNZ総裁が5年の任期を終えて今月退任することで、金融政策の変更はないと見られています。

 週末行われたNZの総選挙では、与党の国民党は勝利したものの、単独過半数は獲得できずハングパーラメント(与党、野党のどちらも単独で過半数の議席を獲得していない状態)の状態。RBNZが弱気になればさらにNZ売りが強まるリスクがあります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいイエレン議長の利上げ肯定で、ユーロ大幅下落

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

イエレン議長の利上げ肯定で、ユーロ大幅下落

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。