今日は、読者から質問の多い「積み立て投資の効果」について解説します。これから投資を始める初心者の方に、ぜひ、知っておいていただきたいことです。

今日のポイント

  • 積み立て投資には、高値で少なく、安値でたくさん投資する仕組みがビルトイン(自動設定)されている。そのため、値動きの激しいアセットほど、積み立ての効果が大きくなる。
  • 日経平均は、長期的な資産形成に寄与する投資対象と考える。値動きが荒いのが欠点だが、積み立て投資が威力を発揮しやすいアセットと言える。ノーロード(売買手数料なし)で信託報酬(ファンドから差し引かれる手数料)の低いインデックスファンドから始めることが望ましい。

(1)日経平均はNYダウより値動きが荒い

 日経平均の上昇が続いています。私は、PER(株価収益率)や配当利回りなどの株価指標でみて今でも割安で、中長期の資産形成に貢献する投資対象と考えています。ただ、非常に値動きが荒く、投資タイミングをはかるのが難しいアセット(投資対象)です。

 アベノミクスがスタートした2013年以降の日経平均とNYダウの値動きを比較したグラフをご覧ください。

日経平均とNYダウの値動き比較:2012年末~2019年末

注:2012年末の値を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成

 日経平均がNYダウより値動きが荒いことが、わかります。日経平均は、2013年から上昇局面でNYダウを上回る上昇率となっていますが、下げ局面(上のグラフで青矢印をつけた所)だけ見ると、日経平均がNYダウより大きく下落していることがわかります。

 日経平均は、上げる時も下げる時も、NYダウより値動きが大きく、それだけに、いつ買ったら良いのか、判断がむずかしいと思います。