いよいよ今年10月から消費税が10%に増税されますね。多くの人が家計への影響を心配されていると思います。増税前の駆け込み消費や増税後の混雑回避に向けて、政府もさまざまな対策を取っていますが、正しく理解しておかなければ家計へのインパクトは避けることができません。そこで、増税になっても負けない家計を目指し、賢い消費生活を送るための方法を説明します。

軽減税率を正しく理解できていますか?

 まずは次回の増税時に実施される「軽減税率」を正しく理解しておきましょう。これは、消費税率が10%になった後も、品目によってそのまま8%に据え置くというものです。軽減税率といってもいま現在の8%より税率が小さくなるわけではありませんが、増税されないものがあるのは家計にとって助かります。どういう物・場合に軽減税率が適用されるかをきちんと理解して買い物することで増税を免れることができます。

 軽減税率が適用されるのは次の2つです。

・酒類・外食を除く飲食料品
・定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

 上記した2つのうち、ほとんどすべての家庭が消費しているのが飲食料品。仮に、現在の1ヵ月の食費が8%の税込みで5万円だとしたら、消費税が8%から10%になると約930円上がる計算になります。9月までと同じ買い物をしても10月に入れば930円多く払わなければならないことになってしまいますから、軽減税率が適用されてそのまま5万円で済むのは助かりますね。