お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ドル/円、年初来の安値。ECB後、ユーロ/ドルは乱高下
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

ドル/円、年初来の安値。ECB後、ユーロ/ドルは乱高下

2017/9/8
・ドル/円は年初来の安値を更新
facebook twitter 印刷する

前日(9月7日)の市況サマリー

ドル/円:108円割れ目前まで下落

 東京時間の109.26円を高値にじりじりと値を下げ続けたドル/円は、NY時間には昨年11月以来となる108.03円まで下落しました。週末の地政学リスクの高まりに加え、米国のハリケーン被害が甚大で、FRB(連邦準備制度理事会)の金融政策の判断に影響が出るとの思惑で、米長期金利が低下したことが大きな理由。終値は108.487円(前日比-0.712円)。(チャート1)

 

ユーロ:ドラギ総裁はユーロ高を容認?ユーロ/ドルは乱高下

 ECB(欧州中央銀行)は、この日会合で政策金利を現行の0.00%に据え置きました。決定は予想通り。ユーロ相場は乱高下となりました。

 ECB会合を目指して欧州時間序盤から上がり始め、1.20ドルにのせたあとドラギECB総裁の会見が始まると同時に1.19ドル前半へ急落。しかしすぐに1.2059ドルまで買い戻され、8月29日以来の高値を更新することになりました。

 ドラギ総裁の会見は、全体として、ユーロにとって前向きな内容でした。ユーロの水準について、ドラギ総裁は、「為替動向を注視する」と述べました。しかし、「強すぎる」というような表現は使わず、このことがユーロ高の容認と受け取られました。「金融緩和は依然として必要」との発言も、マーケットにとっては想定内。そもそもマーケットはECBがすぐに利上げするとは期待していないので、失望もありませんでした。

 ユーロ買いが活気づいたのは、ドラギ総裁が、次回10月の会合で、量的緩和縮小について発表することを示唆したこと。ECBが金融政策を変更することを事前告知したことになり、今後のユーロは、緩和縮小開始を既定路線として動いていくことになります。その後ユーロ/ドルは、買い一巡後の達成感もあって、1.19ドル後半まで下げる場面もありました。NY時間終盤にかけては1.20ドル台前半での取引が続きました。(チャート2)

 ユーロ/円は、ユーロ/ドルの急上昇に連れて131.08円まで上げたあと、ドル/円が下げたことで、当日安値となる129.90円まで下落しました。(チャート3)

 

今日の注目指標

 カナダ銀行は今週、予想外の利上げを実施しました。据え置き予想だったマーケットは、あわててカナダ買いに走り、ドル/カナダは2015年6月以来の水準まで下落(カナダ高)、カナダ/円は年初来高値を更新しました。カナダ銀行は、通貨高は「経済の強さを反映したもの」であるとして、カナダ高を容認する姿勢。

 今夜のカナダ雇用統計も堅調な市場予想となっていますが、週末ということもあり、調整のきっかけとして使われる可能性もあるので注意が必要です。なお、BIS(国際決済銀行)は最近のレポートで、「カナダの金融システムは、世界で最も脆弱なうちのひとつ」と警鐘を鳴らしています。

経済指標過去データはこちらをチェック! 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいドル/円、年初来の安値。ECB後、ユーロ/ドルは乱高下

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ドル/円、年初来の安値。ECB後、ユーロ/ドルは乱高下

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。