facebook twitter
暴走する北朝鮮に、本気の制裁を実行できない真の事情
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

暴走する北朝鮮に、本気の制裁を実行できない真の事情

2017/9/6
・北朝鮮に振り回される日経平均
・国連が実効性のある経済制裁を出せない理由
・中国が北朝鮮をかばい続ける理由
facebook twitter メールで送る 印刷

執筆:窪田真之

今日のポイント

・北朝鮮の暴走が止まらない。国連安保理は、経済制裁を一段と強めることを検討。北朝鮮への石油禁輸が検討課題に。

・北朝鮮が民主化すると、共産党独裁が続く中国に影響が及ぶ。中国は、表面上、北朝鮮を強く非難しつつ、北朝鮮を追い詰める経済制裁には同意しない可能性が高い。

北朝鮮に振り回される日経平均

 日経平均は、朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、ジリジリ売られる展開が続いています。5月以降、続いてきた2万円を中心としたボックス圏(1万9,600-2万200円)を下回っています。

日経平均週足:2016年7月3日―2017年9月5日

注:楽天証券マーケット・スピードより作成

 8月29日早朝、北朝鮮が北海道上空を通過する中距離弾道ミサイルを発射。政府が国民に向けてJアラート(全国瞬時警報システム)を発信すると、一時、日経平均は1万9,280円まで売られました。その後、事態は鎮静化するとの期待から買い戻され、9月1日の日経平均は一時、1万9,735円まで反発しました。

 ところが、北朝鮮が6回目の核実験を9月3日に実施したことが伝わると、日経平均は再び下落に転じ、8月29日に付けた安値に接近しました。

 小野寺五典防衛相は、今回の核実験の爆発規模は2016年の規模を大きく上回り、「広島に投下された原爆の4倍以上」の可能性があると述べました。

 北朝鮮の発表ベースでは、今回の核実験で、米国本土に届くICBM(大陸間弾道ミサイル)の核弾頭部装着用の水爆開発にメドをつけたとしています。北朝鮮の脅威は、一段と増しています。

国連が実効性のある経済制裁を出せない理由

 2006年10月、北朝鮮が初の核実験を実施すると、国連の安全保障理事会決議ですぐに経済制裁を発動。核、弾道ミサイル、大量破壊兵器に関連する物資と資金の移動を禁じました。以後、核実験・ミサイル発射を繰り返すたびに、制裁を強化。昨年9月には、北朝鮮の主な外貨獲得手段である石炭輸出にも上限を設けました。

 ところが、この一連の経済制裁も北朝鮮をひるませるには至らず、ICBM、核開発をさらにエスカレートさせています。

 経済制裁が実効性を持てない理由は明らかです。北朝鮮の対外貿易の9割を占める中国が、制裁に本腰を入れないからです。

 今年7月に北朝鮮が2度、ICBMを発射すると、ついに国連は、北朝鮮からの石炭・鉄輸入を全面禁止とすることを決議しました。これを受けて中国は、8月から石炭・鉄・鉄鉱石・鉛・鉛鉱石・水産物などの輸入をストップすると発表。北朝鮮の核開発の資金源を断つ戦略です。

 しかし、北朝鮮の挑発は止みませんでした。

 危機感を強めた国連安保理では、さらに強力で即効性がある制裁が必要とし、北朝鮮への石油の禁輸を打ち出すことを検討しています。しかし、中国とロシアが難色を示しています。

 中国・ロシアはこれまで、北朝鮮のミサイル発射や核開発を口先では非難してきましたが、北朝鮮の資金源を徹底的につぶすことには、及び腰でした。

 北朝鮮の最大の貿易相手国、支援国である中国が決断しない限り、制裁の実効性は見込めません。

中国が北朝鮮をかばい続ける理由

 実のところ北朝鮮は、中国にとっても頭の痛い存在となっています。北朝鮮はともに朝鮮戦争を戦った同盟国ですが、今や中国にとっても対話が成り立たない国となり、暴走を続けているからです。

 それでも、中国が金正恩政権を見捨てることはないと考えられます。これには2つの理由があります。

(1)北朝鮮が民主化すると、中国にも民主化の波が伝播する可能性があり、これを避けたい

 金正恩政権が崩壊し、北朝鮮が民主的に国民の代表を選ぶ国になると、中国にも影響が及ぶ可能性があり、これを避けたいねらいがあります。中国では現在、中国共産党の一党独裁に、国民の不満が高まっていて、それを力で押さえ込んでいる状態だからです。

 この問題は、ロシアも同じ状況です。このため、ロシア・中国は、表面上、北朝鮮を非難しても、裏では北朝鮮を擁護し続けているという事情があります。そして、北朝鮮の核開発には、ロシアの技術が使われている可能性があります。

(2)中国内に、北朝鮮は「朝鮮戦争を戦った同士」との感情がある

 1949年、中華人民共和国(中国)が建国されると、1950年には朝鮮戦争が始まりました。この戦争では、国連軍・韓国軍と、北朝鮮および中国義勇軍が戦いました。「中国義勇軍」は、実質的には中国正規軍だったと考えられます。国連軍の主体が米軍だったことを考えると、朝鮮戦争では事実上、米国と中国が戦ったことになります。

 こうした背景から、今でも中国には、北朝鮮を見捨てることはできないという感情があるのです。

 今週末の9月9日(土)に、北朝鮮は建国記念日を迎えます。そこで、さらに挑発・示威行為を重ねる懸念もあり、中国・ロシアが北朝鮮をかばい続けるのが困難な情勢になりつつあります。それでも、中国は、北朝鮮をかばうでしょうか? 今後の展開が注目されます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください暴走する北朝鮮に、本気の制裁を実行できない真の事情

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

暴走する北朝鮮に、本気の制裁を実行できない真の事情

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。