お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
上場株式の「隠れ財産」を個人投資家が有効活用する方法
足立 武志
知らなきゃ損する!今日から使える税金のキホン
難しくよくわからない「税金」。だれでもわかるように、知らないと損する情報を公認会計士・税理士かつ個人投資家がお届けします。

上場株式の「隠れ財産」を個人投資家が有効活用する方法

2017/8/28
・遺産分割協議で有利に事を進めることができるかも?
・ポイントは、相手方にもこちらにもメリットがある提案をすること
・相続が起きたら個人投資家がまず調べておきたいことは?
・損失の繰り越しの確定申告は忘れずに!
・含み損のある上場株式を贈与してもらうのも有効
facebook twitter メールで送る 印刷

 前回は、個人投資家だからこそ意味を持つ、上場株式に含まれた「隠れ財産」の存在についてお話ししました。今回は、これを具体的にどのように活用していくことができるか、考えてみたいと思います。


遺産分割協議で有利に事を進めることができるかも?

 前回、相続した上場株式の取得費は亡くなった方(被相続人)のものを引き継ぐということ、そして相続した株を売却して実現した含み損は、自身の株式投資による利益と相殺できることをお伝えしました。

 この点を踏まえ、株式投資をしている個人投資家だからこそ可能な、有効活用の方法を考えてみましょう。

 まず、遺産分割協議の話し合いについてです。相続財産は、遺言書がなければ「遺産分割協議」という話し合いをもって、どの相続人がどの財産を引き継ぐかを決めていきます。つまり、遺産分割協議とは、駆け引きも必要な交渉事なのです。


 そこで、たとえば含み損のある上場株式を駆け引きの材料に使うことができれば、協議を有利に運ぶことができるかもしれません。


ポイントは、相手方にもこちらにもメリットがある提案をすること

 具体的にはこのようなケースです。相続人が子ども2人(AさんとBさん)、相続財産は預貯金が2,000万円、上場株式が2,000万円です。そして、被相続人の上場株式の取得費は3,000万円でした。つまり上場株式に1,000万円の含み損がある状態です。節税効果でいえばおよそ200万円となります。


 Aさんは株式投資をしている個人投資家、Bさんは投資らしい投資はしておらず、今後もするつもりはありません。

 近年は各相続人の権利意識が強くなってきており、すべてを法定相続分(民法で定められた取り分の割合のこと)に応じて平等に遺産分割することが増えています。したがって、Aさんのほうから何も提案しなければ、預貯金も上場株式も2分の1ずつ相続するという結論になりがちです。

 でも、上のケースでは、おそらくBさんは同じ金額なら、上場株式ではなく預貯金でもらいたいと思っているはずです。

 そこで、Aさんの方から、「私が上場株式2,000万円を相続するから、君(Bさん)は預貯金2,000万円を相続していいよ」と提案してみるのです。実際には、「私は投資をしていて含み損が出ている株をもらえるとうれしいんだよね、君が投資をあんまりしてないなら、金額は同じだし株のほうを私にくれない?」と正直に話したいところ。おそらく、多くの場合で、この提案に乗ってくるのではないかと思います。


 提案してみてダメならそれまでの話です。積極的に、株式投資をしていない相手方にとって有利な条件かつ、株式投資をしているこちらにとっても有利な条件を提示することがポイントです。


相続が起きたら個人投資家がまず調べておきたいことは?

 上記のような提案ができるかどうかは、亡くなった方(被相続人)が上場株式を持っているかどうか、そして持っている場合はその株式について含み損をかかえているかどうかにかかっています。
 通常、相続が発生すると証券会社から残高証明書を取り寄せます。しかしこれには相続発生時の株数が載っているだけで、亡くなった方がいくらで株を取得したかはわかりません。

 そこで、証券会社に対して過去の取引記録(「顧客勘定元帳」などの名称)を依頼します。また、亡くなった方が、特定口座にて上場株式を保有していた場合は、過去の取引報告書などをみれば取得費が書いてあるかもしれません。

 なお、亡くなった方の保有する上場株式に多額の含み益があったような場合は、逆に上場株式を後日売却した際に所得税・住民税の負担が生じます。遺産分割協議の際、将来の税負担という「隠れ負債」も加味してどの財産をどのくらい取得するかを話し合うようにしましょう。


損失の繰り越しの確定申告は忘れずに!

 含み損のある上場株式を相続したら、それで終わりではありません。あくまでも含み損が残っているだけですから、これを上場株式にかかる他の利益と相殺しなければまったくプラスの効果が現れないのです。

 もし、含み損のある上場株式を売却した際に、その年中に他の上場株式の利益とすべて相殺できるのであれば、何も問題ありません。しかし、実現した含み損と、他の利益を相殺しきれず、損失が残ってしまった場合は、必ず確定申告をして損失を翌年以降に繰り越しておいてください。


 源泉徴収ありの特定口座では、何もこちらで手続きせずとも納税関係の処理は済んでいるため、損失の確定申告をつい忘れがちです。源泉徴収ありの特定口座であっても、損失の確定申告は自動的にはしてくれません。自分自身で申告の手続きをする必要がありますので、十分に注意してください。


含み損のある上場株式を贈与してもらうのも有効

 ここまでの説明は、相続が発生したときの話でしたが、実は贈与の場合でも同じ扱いになります。つまり、贈与により受け取った上場株式の取得費は、株をあげた人(贈与者)のものを引き継ぐことになっているのです。
 

 ですから、たとえば時価500万円・取得費1,000万円の上場株式の贈与を受けた場合、取得費-時価×20.315%=およそ100万円の節税効果が別途期待できることになります。

 ただし、はじめからこの節税効果を期待して贈与を受けるのは問題です。贈与と、その株を売却するという行為が一連であるとみなされないように注意してください。どうせ贈与でもらうのなら、節税効果が見込まれる財産をもらう、というのも1つの手だと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上場株式の「隠れ財産」を個人投資家が有効活用する方法

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上場株式の「隠れ財産」を個人投資家が有効活用する方法

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。