投資を考えるときに、必ず出てくる言葉がリスクです。この言葉の意味は、日常生活で使っているリスクという言葉と意味が異なります。今回は、投資の世界におけるリスクとは、何かということをお伝えします。

 

リスクという言葉

 この言葉を聞いて、思い浮かぶことは何でしょうか?
 おそらく「危ないこと」というイメージがまず浮かんだと思います。また投資という観点から考えると、リスクとは損失が出る可能性、危険性といった意味合いだと考える方が多いと思います。確かに私達の日常生活では、概ねそのような意味で使われている言葉です。

 

リスクとは、価格の変動率のこと

 投資の世界ではリスクとは「価格の変動率」を意味します。平たく言うと、価格がどれくらい変動するか、その大きさの度合いを表します。そこには、危ないといった意味合いはなく、単に価格がどれくらい変動するかを表すだけです。 

 イメージをつかむために、子供の遊びに例えて説明します。

 以下は、ブランコを漕いで、勢いをつけて、前に飛ぼうとしている女の子の絵です。みなさんも子供の頃、やったことがある遊びなのではないでしょうか?

 ブランコから飛び降りて、前に飛ぶためには、勢いをつけることが必要です。
そのためには、ブランコを漕がなければなりません。
 前に飛ぶことが目的ですが、ブランコは前だけに漕ぐことはできません。必ず、前にも後ろにも漕ぐことになります。

 そして、より遠くへ飛びたいのならば、前にも後ろにもより強く漕ぐことになります。
このブランコを漕ぐときに、どれだけ強く漕ぐかという度合いこそが、投資の世界におけるリスクです。

 上の絵で、ブランコの前に漕ぐ距離をプラスリターン、後ろに漕ぐ距離をマイナスリターンと考えてください。そうすると、前にどれだけ漕ぐか、後ろにどれだけ漕ぐかが、それぞれプラスリターン、マイナスリターンになります。

 どれだけブランコを前後に強く漕ぐか、どれだけ価格がプラスマイナスに振れるか、これこそがリスクです。