「投資ってどんなもの?」「投資って難しそうで私にはムリ」と考えている投資未経験者や初心者の人のため、トウシルでは「知識ゼロ」でも理解できる「投資信託入門講座」がスタート!

投資信託は、実際どう投資するの?

 まずは取引口座の開設から、投資信託をお金で買うまでの流れを、ネット証券会社で取引する場合でナビしましょう。

1:総合取引口座を開設

 投資信託は、証券会社の「総合取引口座」(証券総合口座とも言います)を使い、投資信託やお金(投資資金)の管理をします。まだ開設していない人は、インターネットで全ての取引を完了できるネット証券が便利です。

 証券口座開設の手続きには、運転免許証などの本人確認書類、マイナンバーが必要です。あらかじめ用意しましょう。

2:投資資金を用意。振り込みで証券口座へ入金

取引口座が開設できたら、いよいよ投資スタート!思いきや、投資資金が必要です。
ネット証券の場合は、銀行振り込みで証券口座へ入金する必要があります。この他にクレジットカード決済で投信を買うこともできます。
ちなみに通常、銀行から他の銀行口座宛に振り込みをすると、振込手数料がかかることが多いですが、証券口座へ入金するときはほとんどの場合、無料です(銀行の店頭振り込みを使う場合は有料)。証券会社が取引を促進するため、振込手数料を負担しているのです。
しかも、ネット振り込みなら即時入金となる場合も多く、手続きが済んだら、すぐに証券口座へ入金されていることが確認できるはずです。これで投資する準備は完了です。