「投資ってどんなもの?」「投資って難しそうで私にはムリ」と考えている投資未経験者や初心者の人のため、トウシルでは「知識ゼロ」でも理解できる「株式入門講座」をスタート!

株式投資って何?

 ニュースで流れる「株価」という言葉。「株式会社で働いている」し、投資と言えば「株式」を連想する人も多いでしょう。

 投資の目的は、出資をして、利益を得ること。株式投資の場合は「利益が出そうな商売をやっている」「将来性あり」という企業を探し、出資します。出資した人は株主となり、出資先の企業の事業で利益が出た場合、その利益の一部を株主配当金として受け取ることができます。

 また、買った株価(出資額)より値上がりしたときに株式を売った場合、値上がり益を得ることができます。

 これが投資の仕組みです。

 企業の株価が安いときに将来性を見越して買って、期待通りに株価が高くなったら売る、株式投資にはこんな醍醐味があります。

 一方、企業は株主から出資されたお金を使って、事業を成長させたり、もっと収益が出ることをするなど、事業資金として使います。

株式ってもらえるの?

 株式投資の「株式」とは、株主が持つ権利のこと。株式は単に「株」と呼ばれる場合もあります。株主はこの株式を持っていることになります。そして、この権利を証明するものが株券です。

 現在の株券は紙ではなく、電子化され、証券会社や証券保管機構などで管理されています。