節税界で話題沸騰!最近話題のiDeCoって?

個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo=イデコ。以下同)とは、国民年金や厚生年金といった公的年金に上乗せして、個人が任意で加入することができる私的年金のひとつです。証券会社や銀行など、iDeCoを取り扱っている金融機関を通して毎月積み立てたお金を投資信託などの金融商品で運用します。こうして運用した資金は、60歳以降に一時金として一括、もしくは年金として分割で受け取ることができます。

 

積立から受け取りまでーiDeCoってどんな仕組み?

このようにiDeCoは「どの金融機関ではじめるか」「毎月の積立金額はいくらにするか」「何で運用するか」「年金の受け取りかた」をすべて自分で決めることができる、とても柔軟性の高い制度です。

今年になって急速にiDeCoが注目されているのは、2017年1月からiDeCoの加入対象者が公務員や専業主婦にも広がり、事実上ほぼすべての国民が加入できるようになったからです。

iDeCoの毎月の掛金は5,000円から1,000円単位で選ぶことができ、国民年金の種類(第1号、第2号、第3号)によって上限金額が設けられています。たとえば、加入対象者ごとの毎月の掛け金の上限額は、次のように決まっています。