お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
4-6月決算まとめ 業績予想の上方修正額ランキングBEST50
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

4-6月決算まとめ 業績予想の上方修正額ランキングBEST50

2017/8/16
・業績予想の上方修正が増える
・上方修正額ランキング上位1-25位
・上方修正額ランキング上位26-50位
facebook twitter 印刷する

執筆:窪田真之

今日のポイント

●4-6月期決算発表と同時に、通期(2018年3月期)の業績見通しを上方修正する企業が増加。3月決算841社の今期純利益(会社予想)は、前期比10.5%増。

●自動車・電機(半導体関連や設備投資関連)に上方修正が多い。自動車の上方修正は円安効果が大半で、株式市場で評価されにくい。

業績予想の上方修正が増える

 4-6月期(2018年3月期の第1四半期)決算の発表がほぼ出揃いました。決算発表と同時に通期(2018年3月期)の業績予想を引き上げる企業が増えました。


 8月15日時点で今期業績の会社予想を集計したものが、以下の表です。

東証一部上場 3月決算 主要841社の業績(前期比増減率)推移

出所:各社資料より楽天証券経済研究所が作成

 前期(2017年3月期)の純利益(会社予想)は期初(5月時点)では9.8%増益と見込まれていました。ただし、円高の進行によって、下方修正が増え、中間決算の発表が終わった12月時点では、4.2%増益と予想増益率が縮小しました。ところが、第3四半期(10-12月期)の決算発表では、一転して業績予想を引き上げる企業が増え、最終的に12.3%増益となりました。

 今期(2018年3月期)は、まだ第1四半期(4-6月期)が終わったばかりですが、4-5月に出したばかりの通期見通しを修正する企業が多いのは、異例と言えます。日本企業は、利益予想を慎重(低め)に、利益予想の上方修正は遅めに出す傾向が強いのですが、今回、第1四半期の決算発表時点で、早めに通期見通しの上方修正を出してきています。それだけ、足元の利益モメンタム(勢い)が強いと言えます。

 円安が進行したことが、利益予想の主要な修正要因となっていますが、それだけではありません。米国や中国の景気が好調であること、内外で設備投資が回復してきていることも追い風となっています。

上方修正額ランキング 1-25位

それでは、どのような企業が第1四半期の決算発表時に、通期予想を上方修正したか、具体的に見ていきます。まず、上方修正額が大きい、上位25社を挙げます。

東証一部上場 3月決算 主要841社のうち、今期連結純利益(会社予想)の上方修正額の上位1-25位

 出所:各社資料より楽天証券経済研究所が作成

 


 上方修正は、輸送用機械(自動車)と電機(半導体関連・設備投資関連など)に多いことがわかります。


 修正額トップのトヨタ自動車は、今期純利益の予想を、前期比18%減の1兆5,000億円から、同4%減の1兆7,500億円に修正しました。修正幅は2,500億円と大きいのですが、発表後に株価はあまり上昇していません。これには2つの理由があります。


●上方修正要因のほとんどが「円安」
 業績予想の前提を、円安方向(1ドル105円から110円に、1ユーロ115円から124円)に見直した効果で、営業利益で2,200億円の上方修正要因となりました。今回、トヨタは営業利益と純利益の予想をともに2,500億円上方修正しましたが、大半が円安効果です。


●北米の利益が大きく減少している
 4-6月期の所在地別セグメント情報を見ると、日本や欧州が前年同期比で増益している一方、北米の利益が大きく減少しています。前年同期に1,654億円あった利益が、888億円まで減っています。北米で自動車販売が減少、なかでも日本の自動車メーカーが得意とする乗用車が不振の影響を受けています。


 トヨタのみならず、自動車が全体の利益見通し増額の主因となっています。ところが、自動車産業は、円安効果で利益見通しが改善しているものの、北米不振という不安を抱えた中では、株式市場では評価されにくくなっています。


上方修正額ランキング 26-50位

 それでは、続いて、26-50位を見ていきましょう。


東証一部上場 3月決算 主要841社のうち、今期連結純利益(会社予想)の上方修正額の上位26-50位

 出所:各社資料より楽天証券経済研究所が作成

 26-50位でも、自動車・電機・機械などの景気敏感株が目立ちます。ここから、株価がさらに上がるためには、今の利益がピークではなく、来期以降も、増益が見込まれるようになる必要があります。

 次に、第1四半期決算発表のとき、通期見通しを下方修正した会社を見ます。今回は、下方修正はほとんどありませんでしたが、5社挙げると、以下の通りです。


東証一部上場 3月決算 主要841社のうち、今期連結純利益(会社予想)の下方修正を発表した5社、下方修正額が大きい5社

出所:各社資料より楽天証券経済研究所が作成

 ヤマトHDは、人手不足で宅急便のサービスを縮小するとともに、料金引き上げを画策しています。また、宅急便ドライバーの過酷な労働実態が明らかになったことから、サービス残業の撲滅、残業時間縮小といった働き方改革を進めています。


 今期は、料金引き上げの効果が出るのが遅れる中、引き続き、人件費および働き方改革を進めるコストが増えたため、利益見通しを下方修正することとなりました。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください4-6月決算まとめ 業績予想の上方修正額ランキングBEST50

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

4-6月決算まとめ 業績予想の上方修正額ランキングBEST50

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。