34年前の今日…

1984(昭和59)年12月19日

英国と中国が香港返還で合意

 

 今から34年前の1984年12月19日、英国と中国が香港の返還で合意。1997年7月1日に香港の主権は中国に移りました。

 英国は2度にわたるアヘン戦争で中国(清王朝)を打ち破り、1842年の南京条約と1860年の北京条約で香港島と九龍半島南端を割譲。1898年には、向こう99年間にわたる租借が正式に決まりました。租借とは領土を借りて施政権を行使することですが、事実上の植民地支配です。英国は香港に軍隊を駐留させ、統治機関として香港政庁を置きました。

 1980年代に入ると、99年間の租借期間満了後について、英中両国間で議論が本格化しました。英国のサッチャー首相は租借期限が過ぎても施政権の継続を認めるよう要求。中国の鄧小平国家主席はこれに猛反発しました。

 話し合いの末、2047年までの50年間、中国は香港を社会主義化しない「1国2制度」を守ることを条件に香港返還で合意し、「中英連合声明」が発表されました。香港は現在、中国の特別行政区です。
 

1984年12月19日の日経平均株価終値は

11,558円43銭

算出開始後「12月19日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:24回

値下がり:30回