facebook twitter
驚きのペースで下がる米国の失業率。FRBは利上げするしかない?
荒地 潤
今月の米国雇用統計
どうなる為替と世界経済!? 米国雇用統計発表前にその予測をお伝えします。

驚きのペースで下がる米国の失業率。FRBは利上げするしかない?

2018/7/5
・失業率のスピードの速さは予想以上
・12月利上げ確率がドル買い材料に
・発表直後のマーケットの反応は?
facebook twitter メールで送る 印刷

 6日発表の6月の米雇用統計は、事前予想によると、失業率は3.8%、NFP(非農業部門雇用者数)は+19.5万人で、平均労働賃金は前月比+0.3%となっています。(表-1)

表-1 過去3ヵ月の推移と今回の予想値 

※矢印は、前月からの変化

 

失業率の改善スピードは予想以上

 相変わらず強気の予想が出ていますが、FRB(米連邦準備制度理事会)にすると、雇用市場は拡大していても労働賃金の上昇が伴わず、物価上昇にもつながっていないので、利上げは慎重に進めるしかないという判断でした。

 ところが失業率を見ると、4.1%で6カ月間横ばい状態を続けていましたが、4月から再び低下を始め、今や3.8%まで下がっています。(表-2,3)

 FRBは、失業率が3.6%まで下がるのは2019年末になると予想していました。現在の水準は想定の約1年先を走っていることになります。

 利上げに対して慎重なFRBですが、失業率が予想をはるかに上回るペースで下がるなかで様子見を続けてしまい、「FRBの政策は緩和的すぎる」という批判も受けたくないのも事実。今の状況では、逆に利上げをしなければいけない状況に追い込まれているとも言えます。

 

12月利上げ確率がドル買い材料に

 マーケットは9月までの利上げをほぼ織り込み、関心は、12月に今年4回目の利上げがあるかどうかに移っています。その判断は、パウエルFRB議長がFF(フェデラルファンド)金利を想定レンジの下限に近付けるだけでよしとするのか、それとも上限レンジまで引き上げたいと考えるかにかかっています。

 そして12月の利上げ確率こそが、新たなドル買い材料になるといえます。そのカギを握るのが雇用統計であり、失業率がどこまで下がるかということになります。

 

発表直後のマーケットの反応は?

 失業率はもちろん重要ですが、雇用統計の発表直後のマーケットは、雇用者数と平均労働賃金の事前予想と結果の違いで動くことが多いようです。

 表-3は、雇用統計の結果を4つのパターンに分類して、それぞれについて予想されるマーケットの反応をまとめたものです。前回5月の雇用統計では、非農業部門雇用者数、平均労働賃金ともに予想を上回りました。これはパターン1にあたり、実際マーケットはドル買いとユーロ売りで反応しています。

 雇用者が増え平均労働賃金も上昇するケースは、FRBの利上げを想起させて、以前は株価の下落と円高を引き起こしたケースもありました。しかし、すでに述べたように、マーケットは9月までの利上げをほぼ織り込んでいて、株価に対するネガティブな影響は少なくなっているようです。

表-4 米雇用統計後に予想されるマーケットの反応

※増加(減少)、上昇(下落)は事前予想との比較

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください驚きのペースで下がる米国の失業率。FRBは利上げするしかない?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

驚きのペースで下がる米国の失業率。FRBは利上げするしかない?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。