facebook twitter
一生に必要なお金は3億円!?その準備、どうすればいい?
アセットマネジメントOne
特集記事

一生に必要なお金は3億円!?その準備、どうすればいい?

2018/7/10
・一生で必要なお金はどれくらい?
・将来必要とするお金を準備するために
・超低金利が継続
・いつから投資をはじめたらいい?
facebook twitter メールで送る 印刷

一生で必要なお金はどれくらい?

一生に必要なお金(1世帯当たり)は約3億円といわれています。

 人生にはさまざまなイベントがあります。なかでも、結婚、住宅購入、教育は人生の3大支出と言われています。

 そして、定年退職後も生活水準を保つためには、相応の準備が必要です。

図1:ライフイベントと世帯生活費の推移

※上記はイメージです。また、上記各項目の金額はあくまでも一例です。結婚:挙式・披露宴の金額、住宅購入:土地付注文住宅の購入平均額、教育:幼稚園から大学まで私立、大学は理系のケース(1人当たり)の学費、親の介護:1人当たり介護費用(要介護3)を想定。65歳までの生活費、ゆとりある老後生活を送るための生活費はいずれも夫婦2人当たりの金額。20〜65歳までの生活費は2017年3月末時点
出所:「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」株式会社リクルートマーケティングパートナーズ、公益財団法人生命保険文化センター、「2015年度フラット35利用者調査」独立行政法人住宅金融支援機構、「平成26年度子供の学習費調査」文部科学省、「平成28年度教育費負担の実態調査」株式会社日本政策金融公庫、国土交通省、厚生労働省、総務省の情報を基にアセットマネジメントOne作成

 

将来必要とするお金を準備するために

 将来のライフプランを立てて、収入が減る定年退職後も豊かに生きるために、どの程度の利回りで運用するべきかを考えることが重要です。

 例えば、1,000万円を10年間運用した場合、運用利回りによって得られる金額が変わります。

図2:1,000万円を一定の利回りで10年間運用した場合

注:このシミュレーションでは運用にかかる費用や税金などを考慮していません
注:上記は一定の条件に基づく試算を示したものであり、将来の動向や投資成果を示唆・保証するものではありません

 

超低金利が継続

 さらに、わが国では長期にわたり、歴史的な超低金利が継続しています。将来必要とするお金を準備するためには、預金や安全資産を保有するだけでは、お金を増やすのは難しい状況です。

図3:日本10年国債利回りと定期預金平均金利の推移

期間:1997年3月末~2017年3月末(月次、ただし定期預金平均金利は2017年2月末まで)
注:定期預金平均金利は預入金額が1,000万円で1~2年間預けた場合
注:上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません
出所:日本銀行、ブルームバーグのデータを基にアセットマネジメントOne作成

 現在のような超低金利の環境下では、将来のマネープランに向けて、いち早く資産形成に取り組むことが必要です。

 

いつから投資をはじめたらいい?

 では、資産形成のために何をすべきでしょうか。その手段のひとつに「投資」があります。

図4:2,000万円を作るための年齢別投資利回りと毎月の積立金額

※()内は投資期間を表します。

「投資」における3つの要素として、期間、金利、金額がありますが、図4のように、資産形成のために投資をする場合、そのスタートが30歳か、50歳かで、求められる金利や金額が変わります。そのため、なるべく早い段階からスタートラインに立つことが大切です。

 

年利と年数がわかる「72の法則」とは

「72の法則」とは、運用において元本が「2倍」になるような「年利」と「年数」を求めることができる簡易的な法則です。

図:72の法則

「金利×年数=72」を利用して、次のことを求めることができます。

 

投資期間10年で、元本を2倍にするための「金利」を求める

10年間投資して、元本を2倍にするには年利「7.2%」で、運用しなければならない!

 

運用金利0.024%で、元本を2倍にするための「期間」を求める

定期預金の金利が0.024%だとして、元本を2倍にするためには「3,000年」かかる!

 

 このように、まずはライフプランと将来必要なお金を試算した上で、現在の資産と今後の収入を比較し、自分にとって資産形成が必要かどうか、検討してみてはいかがでしょうか。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください一生に必要なお金は3億円!?その準備、どうすればいい?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

一生に必要なお金は3億円!?その準備、どうすればいい?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。