ボーナス投資は投資信託で2年以上、コツコツと

 投資信託(ファンド)を活用した資産形成で重要なのは、今後上がりそうなマーケットを予想することではありません。いくつかの種類のファンドを保有し、中長期にわたってリターンを積み上げていくことです。NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)といった税制優遇メリットのある制度を利用し、さらに投信積み立てを活用するなど、買い方を工夫することも重要です。

 そして積み立てを行う場合は、すぐに結果を出そうとせず、最低でも2年は続けてください。毎月コツコツと積み立てていけば、マーケットの上げ下げに振り回されることなく、着実に資産を増やすことができます。

 

ファンドの選び方は?

 実際にファンドを選ぶときは、国内株式、海外株式などの資産タイプをどう分散させるかに加えて、インデックス型とアクティブ型の使い分けも重要になります。なぜなら、インデックス型とアクティブ型には、それぞれ資産タイプ別に特徴があるからです。

 国内株式や国内REIT(リート)といった、投資ユニバース(組み入れ銘柄の候補群)が狭い資産タイプほど、優良なアクティブファンドが多く存在します。意外だと思われるかもしれませんが、国内株式のアクティブファンドには、頭1つ2つ飛び抜けた「超優良」ファンドが何本もあります。

 一方、投資ユニバースが広く、さらに為替リスクも伴う海外資産(株式、債券、リート)は、総じて優良なアクティブファンドが少ないカテゴリーです。

 特に、先進国債券とリートについては、運用効率の悪い毎月分配型が多く含まれるため、無理にアクティブ型を取り入れる必要はなく、低コストのインデックス型でも十分です。

 今回は、こうした投資信託の特徴を前提として、合計10本のファンドを選定しました。

 投資信託は金額を指定し、1銘柄100円から購入できますので、まずは少額から始めて、頃合いをみて後から増額してもいいでしょう。