お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国建築国際(チャイナ・ステート・コンストラクション)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

中国建築国際(チャイナ・ステート・コンストラクション)

2017/7/12
中国本土でのPPP(官民連携)プロジェクトの減速懸念から、中国建築国際の株価は最近調整したが、BOCIは市場の過剰反応を指摘し、引き続き同社を有望視している。PPPの履行状況をこれまでやや過大評価していたとして、2017年通期の利益見通しを3.7%減額修正しながらも、同社株価の先行きに対して強気見通しを継続している。
facebook twitter 印刷する

PPPプロジェクト減速もマイナス影響は限定的、強気見通しを継続

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
03311 中国建築国際(チャイナ・ステート・コンストラクション)  13.16 HKD
(07/05現在)
 株価
 企業情報
 チャート

中国本土でのPPP(官民連携)プロジェクトの減速懸念から、中国建築国際の株価は最近調整したが、BOCIは市場の過剰反応を指摘し、引き続き同社を有望視している。PPPの履行状況をこれまでやや過大評価していたとして、2017年通期の利益見通しを3.7%減額修正しながらも、同社株価の先行きに対して強気見通しを継続している。

中国では3月以降の引き締め策を背景に、PPPプロジェクトの履行状況がスローダウンしているもよう。マーケットは同社へのマイナス影響を警戒しているが、BOCIは親会社からの支援や市場シェアの拡大で、その影響を最小限に抑えることが可能とみている。本土の大手ゼネコンが全国の鉄道建設や地方のインフラ建設などを幅広く手掛けるのに対し、もともと香港・マカオを拠点としてきた中国建築国際は09年に本土の建設市場に参入したばかり。保障性住宅建設(09-12年)、インフラ建設(14年以降)を含め、本土で獲得したプロジェクトの大半を地方政府からの受注が占める。中央政府がPPPプロジェクトを奨励する中、地方政府はインフラ建設事業の大半をPPPとして扱っているが、その実、一部は従来型のBOT(建設・運営・移譲)、BT((建設・移譲)プロジェクト。中国建築国際が地方政府から獲得したプロジェクトの多くをBOT、BTが占める。こうした事情から、BOCIは同社のPPPへの依存度が実体以上に高く見えると指摘。これが市場の過剰反応の背景にあるとしている。

PPPプロジェクトのスローダウンによる同社への影響について、BOCIは本土の大手ゼネコンに比べ、限定的とみている。その理由の一つは、同社の売り上げ規模が、中国鉄建(01186)や中国交通建設(01800)の10分の1以下にとどまる点にある。一方、親会社の中国建築(上海A 601668)は建設最大手であり、売上高は9000億元規模。親会社によるプロジェクト1-2件の支援だけで、PPPの遅れによるマイナス影響をほぼカバーできるという。また、同社が工業基金をあてにせず、自前の投資を前提にPPPプロジェクトを獲得しているため、流動性引き締めによる影響が軽微であることも楽観見通しの理由の一つ。中央企業を親会社に持つ同社の場合、相対的に低金利で銀行融資を取り付けることも可能としている。

一方、17年6月中間決算について、BOCIは前年同期実績の低さによる経常増益率の底上げを予想。前年同期比18%の増収、同48%の経常増益を見込む。本土事業のウエート拡大により、粗利益率の改善が期待できるとしている(本土事業の粗利益率は20%、香港・マカオは6-7%)。

株価は現在、17年予想PERで10倍の水準。BOCIはPPPの減速を理由に利益見通しを下方修正し、17-19年の予想純利益伸び率を前年比15%、19%、19%とした。また、17年予想PER12倍に基づいて目標株価を引き上げ、強気見通しを継続している。

作成日: 2017年07月05日

 

本資料で提供されている情報について、BOCIインターナショナル(バンクオブチャイナインターナショナル)およびその関連会社・子会社(以下総称してBOCI)、T&Cフィナンシャルリサーチ社ならびに当社が情報の完全性、確実性を保証するものではありません。本資料は、掲載されているいかなる銘柄についても、その売買に関する申し出あるいは勧誘を意図するものではありません。銘柄の選択、売買、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本資料に掲載されているBOCIの見解は、各投資家の状況、目標、あるいはニーズを考慮したものではなく、また特定の投資家に対し特定の銘柄、投資戦略を勧めるものではありません。また掲載されている投資戦略は、すべての投資家に適合するとは限りません。

本資料でバリュエーション、レーティング、推奨の根拠、リスクなどが言及されている場合、それらについて十分ご検討ください。過去のパフォーマンスは、将来における結果を示唆するものではありません。見解や評価はBOCIの本資料発表時点での判断であり、予告なしに変更されることがあります。

BOCIは本資料で言及されている銘柄について自己勘定取引を行ったことがあるか、今後行う場合があり得ます。また、引受人、アドバイザー、貸し主等となる場合があり得ます。

本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますのであらかじめご了承ください。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

掲載されているレポート等は、アナリストや情報提供会社が、独自に銘柄等を選択し作成したものであり、楽天証券が銘柄を指定し対価を支払って特別に作成させたものではありません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国建築国際(チャイナ・ステート・コンストラクション)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国建築国際(チャイナ・ステート・コンストラクション)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。