お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
チャートは改善。日経平均2万2,000円超えのカギは日米首脳会談
出島 昇
柴田罫線実践教室
株式会社オルタナレッジ「柴田罫線」で分析した提供レポートです。 「柴田罫線」というテクニカル分析をベースに、株式相場の分析、また今後の見通しなど幅広い情報提供をおこなってまいりま…

チャートは改善。日経平均2万2,000円超えのカギは日米首脳会談

NEW 2018/4/17
・先週は、米中貿易摩擦懸念が後退し、2万1,500~2万2,000円の中でのもみあい
・今週は、チャート上は上向いており、日米首脳会談が注目。無事終われば2万2,000円突破も
・(指標)日経平均
・(指標)NYダウ
・(指標)ドル/円
facebook twitter 印刷する

先週は、米中貿易摩擦懸念が後退し、2万1,500~2万2,000円の中でのもみあい

先週の予測

 目先、米中貿易摩擦懸念が後退したことで、日経平均は2万1,500~2万2,000円の中でのもみあいを想定しました。それは、テクニカルや需給面では良好になっており、一方的に下げていく状況ではなく、また、上値は海外の不透明感多く2万2,000円を突破していく状況にないからです。

結果

 安値は9日(月)の2万1,517円、高値は10日(火)の2万1,933円と想定通り2万1,500~2万2,000円のレンジの中での上から下までのもみあいとなりました。トランプ大統領が交渉での解決をツイッターで述べ、習主席は演説で輸入関税の引き下げに言及したことで、米中貿易摩擦の激化が後退したことで下値は堅くなりました。

 9日(月)は、先週末の米国市場で、米中貿易摩擦が再燃し、3月雇用統計が予想を下回ったことで、NYダウは一時▲767ドルまで下げ、終値は▲572ドルの2万3,932ドルとなりました。3指標そろって大幅反落となったことで、朝方はいったん大幅下落が想定されましたが、時間外で米株価先物が大きく反発。▲33円で寄り付いた後、2万1,517円まで下げたあとは反発に転じ、後場には一段高となって+110円の2万1,678円と反発して引けました。 

 10日(火)は、朝方は円高が重しで一時▲135円の2万1,542円まで売られるものの、中国で習主席が演説で輸入関税の引き下げに言及したことで買い安心感が広がり、先物主導で買い戻して2万1,933円。しかし、後場になると上げ幅を縮小し、+116円の2万1,794円の続伸で引けました。

 11日(水)は、前日の米国市場は、習主席が自動車の輸入関税引き下げを含む市場開放策を発言したことで、米中貿易摩擦激化懸念が後退。3指標そろって大幅高となりましたが、日本市場は前日に出た材料で、すでに上昇していたため逆に利益確定売りとなり、さらにシリア情勢への警戒感も加わって▲107円の2万1,687円と3日ぶりの反落となりました。

 12日(木)は、前日の米国市場でトランプ大統領がツイッターでシリア攻撃の可能性を示唆したことで3指標そろって反落。これを受けて日経平均も軟調な動きとなり、▲26円の2万1,660円と小幅続落しました。 週末の13日(金)は、前日の米国でトランプ大統領がシリア攻撃の時間について明言をさけたことで地政学的リスクが後退し、3指標そろって反発。為替も円の弱含みとなったこと、さらにトランプ大統領が米国もTPP(環太平洋パートナーシップ協定)に参加する可能性を示したことで買い安心感が広がり、一時+257円の2万1,917円まで上昇しました。しかし、後場には利益確定売りで+86円の2万1,746円まで下げて、大引けは+118円の2万1,778円と3日ぶりの反発となりました。

 13日(金)の米国市場は、寄り前の金融機関の好業績発表を受けて上昇して始まるものの、シリア情勢への警戒感や週末の持ち高調整もあって3指標そろって下げました。米英仏の3カ国によるシリア攻撃が実行されましたが、化学兵器関連施設の3カ所に限定されたことで、相場には大きな影響は与えませんでした。シカゴの日経先物は▲45円の2万1,765円でした。

 

今週は、チャート上は上向いており、日米首脳会談が注目。無事終われば2万2,000円突破も

 今週のポイントは、17~18日(水)の日米首脳会談となります。トランプ大政権は中国、日本に対して貿易是正を迫っており、日本に対して2国間の貿易協定であるFTA(自由貿易協定)の交渉開始要求や為替・金融政策に対する具体的批判に言及された場合は、円高進行となって株価の下落要因となります。その場合は、内閣支持率にも影響を与えることになります。共同通信社が14~15日実施で16日(月)発表された結果は、5ポイント下落の37.0%となっており、さらに悪化することになると内閣の運命にかかってきます。

 首脳会談を無事に通過すれば目先はアク抜けの形となって2万2,000円を突破し、2万2,353円を試す動きとなる可能性もあります。日経平均のチャートをみると短期の下降トレンドを上に抜けて戻りを試す形となっています。需給面からも4月第1週の投資主体別売買動向では、海外投資家が13週間ぶりに買い越ししており、外国人買いが再開される期待も出てきています。今週の下げる場合は、日米首脳会談が不発に終わることと、米国がシリアへの再攻撃を行うこととなります。

 4月16日は、日本時間の14日(土)の午前に、米英仏の3カ国によるシリア攻撃が行われましたが、3カ所の限定攻撃だったことで、影響は限定的となり、米株価先物高が支えとなって+64円で寄り付き、一時+100円の2万1,879円まで上昇。その後は日米首脳会談を控えて様子見となり、後場は一時▲3円の2万1,775円とマイナスをつける場面もありましたが、大引けは+56円の2万1,835円と続伸しました。

 

(指標)日経平均

先週の予測

 米中貿易摩擦への警戒感の中で為替の動向に影響を受ける相場展開になるとしました。テクニカル面や需給面からは戻りを試す形になっていましたが、外部環境は不透明なため上値は重く2万2,000円を意識した動きで終わるとしました。

結果

 米中貿易摩擦の激化懸念が後退し、トランプ大統領がTPPへの参加の可能性を示したことで買い安心感から10日と13日に2万1,900円台をつけましたが、2万2,000円台回復はできず、シリア情勢への警戒感もあって週の終値は+118円の2万1,778円でした。前回の一言メッセージで想定した2万1,500~2万2,000円のレンジ内の動きとなりました。13日の引け後の米国は英仏とともにシリアへの空爆を実行しました。

 今週は、17~18日の日米首脳会談が注目となります。先週末の米英仏3カ国によるシリア攻撃は限定された(3カ所)攻撃だったことで相場にはあまり影響を与えていません。ただし、トランプ大統領は再攻撃も辞さないといっており注意が必要です。ただし、チャートからみると2016年11月9日の1万6,111円からの上昇トレンドを下に切ったあと再び回復しており、また、今年の1月23日の2万4,129円の高値からの短期の下降トレンド(B)も上に抜けて、3月30日に2万1,454円でチャート面で買い転換となっています。2万2,000円の心理的フシを抜けると2月7日の2万2,353円を試すことになりそうです。

 

(指標)NYダウ

先週の予測

 米中貿易摩擦の激化懸念をめぐり相場の不安定な動きや、トランプ大統領のアマゾン批判やフェイスブックなどの不透明要因も多く、不安定な相場展開を想定しました。

結果

 中国の習主席が演説で自動車の輸入関税引き下げを含む市場開放策を表明したことやトランプ大統領がツイッターでTPPへの参加の可能性を示唆したことで、米中貿易摩擦の後退や保護主義の後退が好感され戻りを試す動きとなって週末は2万4,646ドルと一時2万4,600ドル台に乗せました。しかしシリア情勢への警戒感から上値は重く、引け値は▲122ドルの2万4,360ドルでした。

今週の予測

 1~3月期の決算が本格化しますが、企業業績はハイテク株を中心に好調さが予定されており、株価の上昇要因になります。しかし、国内では大統領選でロシアの関与を捜査しているモラー特別捜査官の解任を検討する発言や、ライアン下院議員が引退表明したことで議会運営に対する懸念が強まり、不透明さが増しています。

 さらに先週末の13日にトランプ政権は英仏とともにシリアに対する空爆を実行したことで、ロシアとの関係が悪化すればリスク回避の円買いと株安となる可能性があります。まだ2万3,500~2万4,500ドルの中でのもみあいが続きそうです。

 

(指標)ドル/円

先週の予測

 米中貿易摩擦懸念が高まっている中で、インフレ関連指標の発表があり、強い数字が出ると利上げ加速の思惑もあってドルが買われるところですが、上値は重い展開となり1ドル=105.5~108円のレンジを想定しました。

結果

 週始めはトランプ大統領がシリアへの空爆の可能性を示唆したことでリスク回避の円買いとなるものの、公表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事録の内容がタカ派的なものだったことで円買いが一服。さらに習国家主席が自動車の輸入関税の引き下げを表明したことで米中貿易摩擦が後退し、トランプ大統領がTPPへの再考を命じたことでドルが買われ、一時、107.78円をつけましたが、シリアへの軍事介入の高まりで引け値は107.37円でした。

今週の予測

 先週末のシリアへの空爆実行で、ロシアとの関係が大幅に悪化するようだとリスク回避のドル売り・円買いとなります。一方で日米首脳会談が行われ、北朝鮮問題以外に貿易の不均衡の問題が繰り上げられて是正を要求されるとドル売り・円買いとなってきます。今週は日米首脳会談の内容が注目となります。106~180円のレンジを想定。

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいチャートは改善。日経平均2万2,000円超えのカギは日米首脳会談

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

チャートは改善。日経平均2万2,000円超えのカギは日米首脳会談

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。