facebook twitter
新社会人の皆さんへ:まず収支管理、次はリスク管理。最後にお金を増やすことを覚えよう
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

新社会人の皆さんへ:まず収支管理、次はリスク管理。最後にお金を増やすことを覚えよう

2018/4/3
・一番大切なのは、収支管理
・銀行が貸してくれる・・・と安易に大きな借金を負うべきでない
・簡単に儲かるうまい話はない
・資金運用で大切なのは、リスク管理
・年利回り5%が期待できる金融商品は、買いか?
・高リスク・高リターンの金融商品に投資する方法
facebook twitter メールで送る 印刷

 今日のコラムは、4月入社「新社会人」へのメッセージですが、「退職金を得て投資デビュー」を考える読者にも、ぜひ読んでいただきたい内容です。

 日本人には、子供に、お金について学ばせる習慣があまりありません。子供にお金の話をするのは、良くないこととする風潮すらあります。そのため、中高年になっても、お金について人生設計ができない方がたくさんいます。そこにつけ込んで、老後の不安をあおりつつ、高額な手数料を取るビジネスがはやります。

 新社会人へのメッセージを、いっしょに読んで考えていただきたいと思います。
 

一番大切なのは、収支管理

 社会人になると、収入が増えると同時に、学生のころには無かったいろいろな支出が発生します。行き当たりばったりで、お金を使うのではなく、収入と支出のバランスを考えながら使うことを覚えましょう。

 社会人1年目に、収支予定表を作るのは、経験がないだけに難しいと思います。最初は、「走りながら考える」ことになるでしょう。

 そこで、1つ、守っていただきたいことがあります。支出は、原則、収入の範囲内に抑えることです。そうは言っても、臨時に大切なイベントで、お金を使わなければならないことがあるかもしれません。また、自分にとって「ここぞ勝負」と思う機会に、自分を磨くための支出が必要になることも、あるかもしれません。

 生きたお金の使い方をした結果、一時的に、支出が収入を上回るのは、やむを得ないと思います。ただし、支出が収入を上回る状態を、いつまでも続けることはできません。

 恒常的に家計の収支が赤字になっている方に、その理由をお尋ねすると、返ってくる答えはほとんど、「臨時のやむをえない支出があった」です。

「友達の結婚式が多くてお祝いの出費が増えた」「お世話になった人に記念品を贈った」「虫歯ができて歯の治療費がかさんだ」――などなど。「臨時の支出」は常に発生するものと見込んで、支出をコントロールする必要があります。

 以下の2つのことを守れば、支出を収入の範囲にコントロールすることができます。
【1】 借金はしない
【2】 給与天引きで、毎月、積み立てで貯蓄する

 特に大切なのは、社会人1年目から借金はしないことです。
 

銀行が貸してくれる・・・と安易に大きな借金を負うべきでない

 銀行の融資審査能力が、いちじるしく低下しています。以前ならば、けっして貸さなかったような個人に、大きな金額を貸すようになりました。

 20代シングルマザー、貯金なし、健康に問題あって団体信用生命保険に入れない女性が、中古の一戸建てを買うために約4,000万円の住宅ローンを申し込んだら、簡単に認可が出てしまいました。「出てしまった」と言ったのは、無理して一戸建てを買うのが、その人にとっていいことか、疑問だからです。

「持ち家がないと不安」「いざというとき、家さえあれば何とかなる」と考えて家を買いたくなるのもわかります。ただし、その人は「借金がない」ことがどれだけ幸せか、それに気づいていないと思います。

 大きな借金を背負って生きていくのは、とても大変なことです。体調を崩して、一時的に収入が途絶えても、借金の返済は続きます。持ち家はなくても、借金なしで生きていくほうが、はるかに安心で堅実だと思います。

 さすがに、社会人1年目から、数千万円は借りられないと思いますが、それでも、カードローンで何十万円も借りられる場合があります。

 銀行が貸してくれるから「銀行のお墨付きをもらった」と、勘違いすべきではありません。日本銀行がマイナス金利を導入してから、国内商業銀行の基礎体力はいちじるしく低下しています。利ざや(預金利回りと貸金利回りの差)縮小に苦しむ国内銀行は、生き残りをかけて、必死に利ざやの取れる個人ローンを拡大しようとしています。

「溺れるものは、わらをもつかむ」勢いで、やみくもに個人ローンを増やそうとしています。住宅ローンだけでなく、無担保で借りられるカードローンやフリーローンでも、かつてないほど、融資基準がゆるんでいます。銀行は、無謀な借金を止める役割を果たさなくなってきています。

 かつて消費者ローン業界が競って過剰な貸付をあおり、個人破産が増えて社会問題となったことがあります。こうした問題を防ぐ目的から、2006年に貸金業法が改正され、2010年に完全施行となりました。これにより、年収の3分の1を超える貸付が禁止されました。

 ところが、銀行のカードローンは、その適用対象外となっています。規制の枠をすり抜ける形で、年収と同額に近い貸出まで実行されるようになっていることが、問題となっています。
「その借金は、返すことができるのか」、銀行の審査にゆだねるのではなく、自分自身で冷静に収支計画をたてて、判断する必要があります。
 

簡単に儲かるうまい話はない

 収支管理ができたら、積み立てで貯蓄をしていく習慣を身につけましょう。月々1万円貯蓄できればいいですが、それが無理ならば、月々5千円でも、2千円でもかまいません。貯蓄を習慣にすることが大切です。

 ボーナスなどで臨時に収入が増えるときは、少しがんばって貯蓄を増やしてみたいところです。「両親に感謝して贈り物する」と、両親はとても喜ぶでしょう。「がんばった自分にご褒美」もいいと思います。でも、少しでも貯蓄を増やして経済的に自立していくことが、将来の自分の経済的自由を広げることになることを、理解しましょう。

 間違っても一攫千金を狙って、過度なリスクを取る甘い投資話に乗ることのないよう、気をつけましょう。世の中には、「楽して大儲けしている人がいる」という話がたくさんあります。「あなたも、楽して儲けたいならば、こうすれば簡単に・・・」と、勧誘する広告もよく見かけます。ほとんどすべて、落とし穴と考えて間違いありません。高い手数料をとられ、大きなリスクを負って、損をする結末になることが多いと言えます。

 確かに、世の中には、運よく大儲けする人はいます。仮想通貨で大儲けした話は、よく聞きます。それで会社をやめて、ベンツを買ったと・・・。その話を聞いてから、あわてて仮想通貨を買いにいっても、同じように儲かるはずはありません。相場の世界では、大儲けした人の真似をして同じものを買うと、大損することもありますから、注意しましょう。
 

資金運用で大切なのは、リスク管理

 投資理論の世界に「無リスク利子率」という概念があります。通常、10年国債利回りが「無リスク利子率」とされます(国が破産するリスクは考えないものと前提)。私が20代の頃、10年国債利回りは6%近くありました。元本目減りリスクを負わず、年6%のリターンを得ることができたわけです。

 今は、10年国債利回りは、ほぼゼロ%に固定されています。つまり、無リスク利子率は、ゼロです。もし、「年利6%で回る有利な投資商品」が紹介されたとしたら、そこには必ずなんらかのリスクがあると、考えましょう。そのリスクが何であるかわからないまま、投資するべきではありません。

 2008年に米国の老舗証券会社リーマン・ブラザーズが破綻しました。このとき、リーマン・ブラザーズが発行していた高利回りの債券に投資していて、退職金のほとんどを失ってしまった人がいました。「欧米の歴史ある老舗証券が発行する高利回り債券だから安心」と勧誘されたようです。

 個人投資家は、「利回り」という言葉に弱いようです。「利回り」と聞くと、「確定利回り」と勘違いしてしまうようです。ゼロ%を大きく上回る利回りには、必ず、リスクがあると考えましょう。

 私は、けっしてリスクを負うべきでないと言いたいわけではありません。リスクをきちんと理解したうえで、取る価値のあるリスクを取りましょう。お金は、経済に役立つところで活用すれば、リターンを生みます。ただし、それには、相応のリスクが伴います。

 銀行預金に置いていても、今は、あまり経済の役に立ちません。多くの銀行が、使いきれない資金を、日銀の当座預金に預けっぱなしにしているからです。企業も、銀行からの借金に頼らず、金融市場で直接、お金を調達する時代になりました。

 私たちも、余裕資金の範囲で、株式や外貨建て金融商品など、リスクのある運用を行うことで、資金を増やす可能性が出ます。集中投資ではなく、なるべく分散投資して、長期的にコツコツと積み立てていくことが、望ましいと思います。
 

年利回り5%が期待できる金融商品は、買いか?

 ここで、クイズです。

<クイズ>以下の投資信託Aと投資信託B、どちらが良い投資信託でしょう?

出所:筆者作成

 未来のことはわからないのですが、わかってしまうとします。4年後に、投資信託Aは20%上昇しています。年平均5%と、魅力的なリターンです。投資信託Bは、4年後に5%上昇しています。年平均1.25%のリターンで、10年国債の利回りがゼロの時代に、これも、なかなかのリターンと言えます。

 未来のことがわかってしまうならば、投資信託Aのほうが、明らかに良い投信です。ところが、現実には、未来のことはわかりません。もし、未来のことがわからないまま「年率5%の利回りが期待される」と薦められて、投資信託Aを読者の皆さんが買ったとしたら、その後どうなるか、考えてみてください。

 1年後には、15%も値上がりしています。予想以上の値上がりに喜び、ここで、余裕資金を持っていれば、追加で買うかもしれません。ところが、2年目以降、値下がりが続きます。2年目はなんとか我慢したのですが、3年目になると、当初元本を10%も下回るところまで、下がってしまいました。これ以上の下げには耐えられないと、基準価額9,000円ですべて売却してしまうかもしれません。

 相場は意地悪なもので、あなたが損失確定の売りを出した直後に急騰し、4年後には、期待通りの年率5%のリターンを達成していますあなたは、この激変に耐えられますか?この激変に耐えることが、リスクを負うということです。

「年利回り5%が期待できる金融商品に投資すべきか」という問いの答えは、あなた自身の中にあります。リスクに耐えられるか否か、考えてみてください。

 サラリーマンの生涯年収は、1億~2億円と考えられています。最初に行う、月々1万円の投資では、思い切ったリスクをとってみても良いと思います。ただし、どういうリスクか、自分で 理解できるものにすべきです。

 理解したうえで、さまざまなリスクをとって、その結果を見て、学ぶことも大切です。将来、もっと貯蓄が増えたときに、きちんとリスクを管理しながら運用できるようになるために、若いうちは、いろいろトライしてみていいと思います。
 

高リスク・高リターンの金融商品に投資する方法

 リスクは高い(激変する)が、長期的なリターンが高いと期待するものに投資する際、激変に耐えられるようにする投資方法に、2つあります。

【1】積み立てで、毎月コツコツと投資
【2】 一定金額の投資を維持。大きく上昇したときは、少し売り、大きく下落したら少し買う

 これから貯蓄を始める、新社会人にオススメは、【1】の積み立てです。すでに、学生時代から貯めたお金がいくらかある方は、【2】をトライしてみてください。それでも、買うべきでないと考えるのは、以下2つのタイプの金融商品です。

●手数料が高すぎる金融商品
●短期的に儲けられると、みんなが熱狂的に投資している金融商品

 

▼今日のマーケット・キーワード今春卒業の『大学生の就職内定率』は? 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください新社会人の皆さんへ:まず収支管理、次はリスク管理。最後にお金を増やすことを覚えよう

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

新社会人の皆さんへ:まず収支管理、次はリスク管理。最後にお金を増やすことを覚えよう

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。