facebook twitter
はじめてのグローバル投資?世界まるごとハウマッチ!
香川 睦
資産形成入門!グローバル投資のトビラ
楽天証券経済研究所の香川 睦のレポートです。投機的な取引(短期売買)を繰り返して、資産を形成していくことは困難です。一般の投資家に求められるのは、長期の視野に立った資産形成です。…

はじめてのグローバル投資?世界まるごとハウマッチ!

2018/3/5
・銘柄やマーケットの選択に悩むなら「世界株式にまるごと投資」は?
・ローコストの外国(海外)株式ファンドを比較検討する
facebook twitter メールで送る 印刷

銘柄やマーケットの選択に悩むなら、「世界株式にまるごと投資」は?

 国内でデフレ脱却(物価の上昇)が着実に進む場合、家計資産で半分強を占める現預金は、利回りがほぼゼロであることで「実質的な価値」を減退させていくと考えられます。

 こうした中、税優遇措置が適用されるNISA(少額投資非課税制度)、つみたてNISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)が一般個人に徐々に普及しています。特に、2017年にスタートしたiDeCo、2018年にスタートしたつみたてNISAについては、毎月一定額の公募型投資信託を購入する「積み立て投資」(定時定額投資)が急拡大していると報道されています(2月25日付日本経済新聞)。

 ただ、一般個人や初心者が投資を始めるとき、銘柄選び、マーケット(市場)選び、投資商品選びで悩むことが多いと言われています。こうした場合、特定の銘柄やマーケットにかたよらず、長期投資を視野に「外国株式に分散投資するローコスト(販売手数料や運用経費率が低い)公募型投信」に注目することをおすすめしたいと思います。

 図表1が示すとおり、外国株式のパフォーマンスを象徴するMSCIコクサイ指数(日本を除く世界株価指数/円ベース)の長期パフォーマンスは、日本株式(TOPIX)のパフォーマンスを圧倒してきました。今後についても、日本と世界の潜在的な成長期待を冷静に比較すると、「日本株のみに投資するリスク」を否定できないからです。

 なお、つみたてNISAやiDeCoの活用にこだわらないなら、年間投資枠が120万円と比較的大きいNISAを活用し、ETF(上場投資信託)を資金に余裕が出てきたタイミングで適宜購入していくことで、銘柄分散、市場分散、時間分散の効果を期待していくことが可能と考えています。

図表1:外国株式の日本株式に対する優勢は鮮明

注:MSCI Kokusai指数(円)とTOPIXはそれぞれ配当込み総収益指数の推移を示す(1989年初=100)
出所:Bloombergのデータをもとに楽天証券経済研究所(2018年1月末時点)

 

ローコストの外国(海外)株式ファンドを比較検討する

 2月上旬の米国株式急落を契機とした世界株安は、長期の視野で見ると、外国株式への長期資産形成をスタートさせる好機となるかもしれません。もちろん、すでに外国株式への分散投資を実践させてきた投資家は、積み立て投資(ドルコスト平均法)の効果、すなわち「安く購入できる効果」を実感できるとも言えます。前提として、景気や金利のサイクルで株価が揺れても、長期では外国株式のリターンが預金や債券のリターンを大きく上回ってきた市場実績と期待があるからです。今回のような世界株安に直面しても、「資産形成で長期リターンを生み出すエンジン(原動力)は株式だろう」との考えに変わりはありません。

 とは言っても、株式には「ハイリスク・ハイリターン」と呼ばれる特徴があります。つまり、他の資産クラスと比較して期待リターンが高いぶん、潜在的なリスク(リターンのブレ)も高いと言うこと。株式投資にあたっては、「リスクはリターンの母である」(短期的な相場変動を乗り越えた先にこそリターンがある)との言葉を思い起こしたいと思います。
図表2では、外国(海外)株式に分散投資を展開するファンドの中で、楽天証券で比較的人気が高い(買い付けが多い)公募型インデックス投信や、内国(国内上場)ETFや外国(海外上場)ETFの一部を一覧にしました。

 ファンドの継続性を重視して「運用総額」が邦貨換算で10億円以上のファンドに絞り、長期的なコスト負担を意識してファンド種別ごとに運用経費率が低い順に並べたものです。「まるごと外国(海外)株式に分散投資するファンド」を活用し、「貯めながら増やしていく資産形成」に取り組むことをおすすめしたいと思います。

図表2:外国(海外)株式に分散投資できるファンドの一例

出所:Bloombergのデータをもとに楽天証券経済研究所作成(2018年2月27日)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいはじめてのグローバル投資?世界まるごとハウマッチ!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

はじめてのグローバル投資?世界まるごとハウマッチ!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。