お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
株価復活への狼煙は上がったか?
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

株価復活への狼煙は上がったか?

2018/2/19
・下落から上昇に転じた先週、明るいムードを引き継ぎ、戻りを試すことができるか
・まだ「次の相場展開」待ちから抜け切れていない
・中長期的なトレンドでは2万2,000円は単なる節目以上の意味を持っている
・2万2,000円台乗せが、株価復活への狼煙となり、スタート地点に立つことを意味する
facebook twitter メールで送る 印刷

 連休明けのため4日間の取引だった先週の国内株市場ですが、週末2月16日(金)の日経平均株価は2万1,720円で終値を迎え、前週末終値(2万1,382円)からの上昇幅は338円となりました。週足ベースでは4週ぶりの反発を見せたほか、値動きも週末にかけて下落から上昇に転じる展開だったことで、相場のムードに明るさが感じられつつあるような印象です。

 今週の日経平均はこうした明るいムードを引き継いで、株価の戻りを試すことができるのかが注目されますが、相場とは直接関係は無いものの、男子フィギュアスケートや女子500mスピードスケートで日本中が沸いた週末の熱気も追い風にしたいところです。

図1 日経平均(日足)の動き :2018年2月16日取引終了時点

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

まずは上の図1にある日足チャートで足元の状況を確認します。

 先週のローソク足の並びは、陰線2本から陽線2本となっていて、冒頭でも述べた通り下落から上昇に転じています。株価は200日移動平均線がサポートとして機能し、これまで上値を抑えてきた5日移動平均線を上抜けてきました。

 その一方で、前回も紹介した2月6日(火)の急落時のローソク足との比較では、あまり状況は変わっていません。

 揺らいだ気持ちを示す下ヒゲの範囲内での推移が続いた後、週末16日(金)になって、ようやく実体の範囲内に食い込んできたという段階です。実体は相場の勢いや強さを示すとされていますので、下方向への勢いを跳ね返し、本格的な戻り基調に戻すためには、この実体の水準を上抜けていくことが必要ですが、上方向への意識は強まりつつあるものの、まだ「次の相場展開」待ちから抜け切れていないことがわかります。

 とはいえ、前回、上値の目処として想定した(1)6日ローソク足の終値である2万1,610円、(2)節目の2万2,000円、(3)6日ローソク足の始値である2万2,267円、(4)「窓」埋め完了の2万2,659円辺りのうち、先週の値動きで(1)は超えてきています。

 次は(2)の2万2,000円超えが目標になるわけですが、週末の日経平均先物(大証とCME)がそれぞれ、2万1,900円、2万1,875円で終えているため、すぐにでも手が届きそうな距離感です。後でも触れますが、実は、中長期的なトレンドにとって2万2,000円は単なる節目以上の意味を持っている可能性があります。

 その前に、短期的なトレンドを平均足とMACDで見ていきます。

図2 日経平均(日足)の平均足とMACD:2018年2月16日取引終了時点

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 平均足とMACDの組み合わせはトレンド転換の判断材料としてよく使われます。そのサインは、平均足の陽転(陰転)とMACDとシグナルのクロスです。上の図2では、先週の値動きによって平均足が陽転し、あとはMACDのクロス待ちの状況です。

 ここで注目するのは平均足です。一見するとローソク足と似ていますが、あらためて平均足について説明します。

 平均足は、ヒゲが示す高値と安値はローソク足と同じですが、実体の描き方が異なります。平均足の始値は、前日の平均足の半分の値段にとなり、終値は当日の四本値(始値・高値・安値・終値)の平均値になります。つまり、前日の値動きの中心から当日の平均値段が上昇(下落)したのかを比べたものが平均足の特徴です。

 ここで、週足の平均足とMACDの組み合わせを見てみます(下の図3)

図3 日経平均(週足)の平均足とMACD:2018年2月16日取引終了時点

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 図2の日足バージョンとは違い、こちらは平均足の陰転とMACDのクロスが出現し、下落トレンドが意識され始めた格好になっています。ここから再び上昇基調に戻すには平均足が陽転することが必要です。

 先ほども述べた通り、平均足の始値は「前の平均足の実体の半値」です。となると、今週の平均足の始値は2万2,023円とほぼ2万2,000円水準になります。今週の値動き(四本値)の平均がこの2万2,023円よりも高くなることが陽転となる条件です(下の図4)。

図4 日経平均の平均足(週足)の状況

出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成

 つまり、2万2,000円台乗せを確実にすることが、株価復活への狼煙となり、スタート地点に立つことを意味することになります。
 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株価復活への狼煙は上がったか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株価復活への狼煙は上がったか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。